アルモニ・ブログ

2012年12月27日

昔の手仕事

asanuma-title.jpg

唐突ですが、私は捕鯨の歴史を紹介した博物館が好きである。
串本・平戸・室戸...海岸線をドライブしていると、「こんなところに!」
と言う険しい自然と対峙した場所に立っている。

そこには必ず明治から昭和初期にかけての捕鯨全盛期の写真や模型があり、
クジラにロープをかけてよじ登っている漁師は小人に見える。
力を合わせて大きなノコギリで切り分けていく場面は喜びに満ちた瞬間だろう。
そして解体した部位は食べるだけではなく、骨や皮やしっぽ、
髭にいたるまで一つの材料も余すことなくさまざまな道具や日用品に加工するのだ。
漁師が合間に作ったものだろうか、素人を疑うその緻密さには恐れ入る。

手漕ぎの使い古した船で沖合いに出る。
いつ現れるかもしれない獲物に、守る者のために命を賭けて立ち向かう。

「全てを余すところなく使い切る」

こんな大切な授かりモノに捨てるところなどなかっただろう。
大胆で繊細な"手仕事"に、命への慈しみと神々しさまで感じることができる。

日本の捕鯨文化は国際的にまだまだ理解されていない部分も多い。
施設は少し地味かもしれないが(関係者の皆様スイマセン)、
ものづくりの原点を知るには格好の教材だと思う。

全国の産地に赴き「手仕事人」とのお付き合いが多い私は、
酒の席でよくクジラの話をする。
この話をするときだけは、職人の輪に少し入れたような気がして嬉しい。
私にとって「手仕事人」の存在は尊敬と信頼の対象だから。

%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC.jpg

%E9%B0%B9_400x267.jpg
今でも命がけの遠洋カツオ漁。やはり骨まで食べ切る。

2012年12月17日

鳩CUBE


yamazawa-title.jpg


赤かぶを収穫した所に、雪が降り積もりました。
庄内もだいぶ寒くなってきました。
"ペンギンの住む世界なんて、オラやんだくって~!"
という事で、今は東京に来ています。極楽極楽!

それはさておき、このまるまる太った赤かぶ達は、
s-%E8%B5%A4%E3%82%AB%E3%83%96%EF%BC%91.jpg


きれ~いに洗って、みじん切りにして、
%E8%B5%A4%E3%81%8B%E3%81%B6%EF%BC%92.JPG


%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
乾燥します。


乾燥すると10%位の重さになります。
100kg乾燥して10kgしか残らないんだね。

こうして、赤かぶもごぼうも人参も乾燥した物を粉上にして、
混ぜ合わせたものがこれです。
s-%E4%B9%BE%E7%87%A5%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9.jpg

その手間ひまかけた庄内野菜の粉末を、この度は食用鳩に混ぜて新商品が出来ましたよ!
%E9%B3%A9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96jpg.jpeg
【鳩CUBE】

わ~、ラベルもかっこいいんじゃない?
あれやこれや試作を繰り返し、時間をかけて出来上がった商品。
農業も根気が必要だけど、
商品を送り出すまでには、
それぞれのポジションで、
ホント根気と忍耐を継続しなければ出来ないんだね。
グリーンドッグさん、バロンのしっぽさんご苦労様です。

犬に必要な栄養分が沢山入っているから、
もうすぐやってくるクリスマスには、
皆さんの愛犬にプレゼントしてあげて下さいね。
*鳩肉は体を温めるお肉だから、寒がりの愛犬にはとっても良いです。

2012年12月10日

エネルギーの輪

minamimura-title.jpg


日本列島を、シベリアからの強烈な寒気団が覆っています。

今年の冬はすごく寒くなりそうですね、
各地から大雪のニュースが聞こえてきます。
皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?


人間も、動物も、『冷え』は万病のもとです。
寒い時期に、いかに身体を温めて過ごすかということに、是非心を砕いてください。

身体を温めるということ=腸内の温度を温める、ということでもあります。
犬に飲ませる水でさえ、あまり冷えたものではなく、
室温くらいかぬるま湯などを与えるのがいいのじゃないかと私は考えています。

こんな厳しい寒さも、野菜にとっては甘みを蓄える絶好のチャンスです。

農家のHさんは、こうおっしゃっています。

  『露地野菜の本番は何と言ってもがっつり霜が降りてから。
  冬の入り口までにがっちり育て、じっくり寒さに当てて
  味を深めて行くのが冬野菜です。
  寒さと乾燥で傷みは出てきますが、
  滋味のある野菜をお届けできると思います。』

美味しい野菜が出てくる楽しみな季節ですね。
寒さに耐えて熟した野菜を、身体を温めるように調理するのがとてもいいんです。
ゆっくり、グツグツ、気持ちに余裕をもって調理をするのです。
手のひらをたくさん使って、宇宙からもらったエネルギーを、
自分の身体を通して手から食事に注ぎ込むのです。

それを食べた家族も、友達も、犬たちも、同じエネルギーを共有して、
似たような価値観を共有するようになるんです。

お互いに料理をして、お互いのエネルギーを食べて、
どんどん輪がひろがるのが楽しいね。
素晴らしいね。

2012年11月27日

~品質が良い食材とは~

asanuma-title.jpg

弊社と取引のある和牛業者を始めて訪れた時、
現場の方がこんなことを言っていたのを思い出す。
「牛肉は熟して変色したくらいのほうが旨いが、
お客様は"いい(美味しい)お肉は赤いもの"と決めつけている...」といいながら、
熟れて美味しい部分を分厚く剥ぎ捨て、
赤い部分をさらしに巻いてラップで幾重にも包んでいた。
さも高級そうな霜降り牛だが、
さっき熟成室から出てきたときよりも随分小さくなっている。

「もったいないですね...」
その言葉が生産者にとっていろいろな意味を持つことは知っているが、
自然と口から出た。
衛生管理も兼ねているとはいえ"もったいない"。

食材には各々特徴や性質がある。
栄養成分だけではなく、菌が繁殖しやすいもの、酸化が早いものなど。
熱の通し方や定温管理が必要など、食材の特徴を理解できていなければ、
ベストな状態で調理・流通させるのは意外と手間取るものだ。
だからこそ食材の良さは衛生や品質と言った
"管理技術"によるところが大きいと考えている。

そう考えると〈アルモニ〉を食べているワンコは羨ましい。
例えば「焼津カツオシリーズ」は家業としてカツオと向き合い、
どの部位をどう加工調理したら美味しいかを知っている職人自身が手作りしている...
不味いはずがないからだ。

そんな違いの分かるワンコ&飼い主さんに〈アルモニ〉を届けたい。

s-buta.jpg
クックレト「トキワの豚※」の特徴は赤身が多いこと
※実際に使用している原料を撮影しました。

2012年10月16日

実りの秋 収穫

yamazawa-title.jpg

蕎麦の実、もちキビ、ヒエ、。。。。えごま、桑の葉、ハーブ。。。
数えきれない程の、実りがありました。
庄内の畑では、穀類やらなんやら、収穫の秋を迎えています。
今年も、いわゆる、畑の土の力、good job でやんした!

s-%E3%81%9D%E3%81%B0.jpg


s-%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%AD%E3%83%93.jpg


s-%E3%82%A2%E3%83%AF.jpg


s-%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4.jpg

土の力について/
私の畑では、連作障害を防ぐ事にとっても気を遣っています。
土地が痩せると、言いますが、土地の栄養分をぐんぐん吸って、
植物は成長しますね。
同じ場所で、同じ作物を作り続けると、土地に栄養が乏しくなり、
良い作物が出来なくなります。
力のある作物を収穫するには、先ずは力のある健康な土地を作る事!

母なる大地を労りましょ!
そして、実り多き日本の秋に感謝感謝!

すこ~し一息つきたい所ですが、庄内はすぐ雪の季節になります。
冬囲いの作業も近いので、残念、のんびりはしていられませんね。
畑に行ってきます!

2012年10月 4日

食の力 <秋編>

minamimura-title.jpg


台風が来て、あっという間にというか、やっとというか、秋の気配に変わりましたね。

秋になると、人も動物も、身体は変化します。

食欲が増し、これから来る冬に向けて体温を消耗しないように身体は閉じてくる。
そして、皮下脂肪を貯蔵し始めるのです。

秋は雨が少ない季節で、空気が乾燥してきます。

五行では「金」に属し、臓腑では「肺」との関係が深いこの時期は、
体内の水分蒸発が多く、身体の潤いが不足し、乾燥症状が
起きやすくなるとされていますから、
肺を潤すものを中心に食べるとよいそうですよ。

肺を潤す、身体に潤いを与える、といわれる食材を調べてみました。

落花生、杏仁、ダイコン、山芋、黒きクラゲ、ユリネ、梨、銀杏、
いちぢく、ツバメの巣、はちみつ、どじょう、白魚、豚肉、ウズラ卵、
豆乳、豆腐、黒豆、杏、クコの実、白きくらげ、牛乳、湯葉、
レンコン、黒ごま、牡蠣、鴨肉などだそうです。

この中で犬に積極的に食べさせたいのを選ぶとすると、
山芋、ユリネ、梨、白魚、豚肉、ウズラ卵、レンコン、牡蠣といったところでしょうか。

これらの食材を思い浮かべてみると、どれも白い色をしているのに
お気づきでしょうか?

これは私の推測ですが、肺というのは五臓の中で唯一白っぽい臓器なので、
白いものがマッチしているのかなーーーー? 
なんて思いますが本当はどうなんでしょう?

ともあれ、そんな偶然のようなことを推測したり考えたりすることが、
とても楽しい時間です。
頭の中のこのヒマさが、私の人生に愉しみをもたらしてくれています。

そういうのがいいじゃん?


ちなみに、オマケ情報ですが、激辛料理、酒、コーヒーなどは、
とりすぎると肺や皮膚の乾燥がすすむそうですよ。

そんなときには、甘酸っぱいものを一緒にとると良いそうです。

2012年9月21日

「〈いただきマス〉と〈ごちそうサマ〉」

asanuma-title.jpg


食べ物を扱う仕事をしていると、関係者の苦労に触れる機会も多く、
おのずと感謝の心がわいてくる。

そんな私は、犬の食事品質を向上したいと同じ位、
子ども達に〈いただきマス〉と〈ごちそうサマ〉を
もっと広められないかと常日頃から考えている。


〈いただきマス〉は「あなたの命をいただいて、私の命を繋ぎます」
〈ごちそうサマ〉は「食事を届けてくれた全ての人に感謝します」


生きるためには、この2つが大切なんだと子ども達に教えたい。

特に〈ごちそうさま〉については、
命がけで漁をし、雨風雪日照りを言い訳にせず作物を作り、
私たちが寝ている夜明け前から作業を始める人たちの存在。
普段意識することの少ない皆さんにお礼を言う習慣が根付かないものだろうか。

どこにいっても食品があふれている豊かな国に生まれ、
「残さず食べる」ことを躾として教えようとしてもなかなか現実味がないかもしれない。

そう考えれば、奪われるわけもない食事に全神経を集中し
「ありったけ食べてやるっ!」
という勢いで完食したあとお皿を嘗め回す我が愛犬たちの姿。

そんなイヌを引き合いに
「ジョン(仮名)は偉いね!食べ物の大切さがよく分かってるんだね」
っていうのもありかもしれない。

そこで子どもたちに教えるいい方法を思いついた。
食事前の愛犬が待てをしている間に、“いただきます”と言ってからヨシ!
と言ってみてはどうか。


“いただきます”の時に偶然お辞儀でもしてくれればさらに説得力がある。
「ねっ、マロン(仮名)だって食べる時は“いただきます”するんだよ!…」
って言えば子どもは負けじとマネをしないだろうか。


それにしても人間にとってイヌは万能である。

s-IMG_1330.jpg
残す気配すらない

2012年9月14日

鳩のこと

yamazawa-title.jpg

ま~、なんと、暑い夏でありました。
いつもの年だったら、一息つける庄内も、まだまだ暑いです。
ハーブ研究所スパールの畑。今年も花盛り、実り多きでしたよ。

さて、今日は、鳩の事。
2~3年前に新築した、鳩小屋です。
壁は2重です。

s-%E6%96%B0%E9%B3%A9%E8%88%8E%20059%EF%BC%8D%EF%BC%92.jpg

私の大切な鳩です。改めてみると、きれいなもんです。美人ぞろいです!
箱入り娘と箱入り息子達です。

s-%E6%96%B0%E9%B3%A9%E8%88%8E%20%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97%E7%94%A8.jpg

常に1000羽以上の鳩がいます。
血の近い交配にならない様に、良質なご飯(ぽっぽ1号*私が配合したご飯です)で、
化学物質をとらせず、細心の注意をして育てた、自慢の鳩です。
この鳩の糞を発酵させて、ハーブの肥料として使っています。
農業は作物を育てるのではなく、
土地を育て、労る考えがないと、力のある作物は作れないんだね。
これが、山澤スパール有機循環農法の汚れない農業の核になっています。
国内のフランスやら中華やらのレストランに、貴重品として流通している物を。。。。


あら~、なんと!びっくり!

s-%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A1%E3%82%87%E3%82%93%E5%89%B2%E3%82%8C%E3%82%92%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%82%8B%EF%BC%9D%EF%BC%91.jpg
ワンコが食べる。

s-%E7%8C%AB%E3%82%82%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%81%9E%E9%B3%A9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC.jpg

更には、ニャンコもモリモリ食べる。*試食は低温乾燥したものね。

おいおい!
グリーンドッグとバロンのしっぽは、ワンニャンの為には、何でもするんだにゃ~!
確かに必要な野生を呼び起こすような、何かが、鳩肉にはあるんだね。

仕方ない。ハーブ研究所スパールの箱入り娘&息子の鳩たちだけど、
ワンニャンの美味しい顔にはかなわない。少しだけ分けてあげる事としましょうか!

じきに、グリーンドッグ&バロンのしっぽから、最良の形でお届けできるみたいです!
。。。私は、畑に戻ります(笑)

山澤清

2012年8月31日

健康な土はどこにある

asanuma-title.jpg

皆さんは幼稚園や児童公園の砂場が消毒されているって知ってますか。
私はこの話をはじめて聞いた時
「じゃあわざわざ砂場なんて作らなくてもいいのに」と思いました。

“砂場で遊ばせる意味”ってなんでしょう。
もし「子どもの空想力を養いたいから…」ならば、
清潔なLEGOブロック部屋を建てたほうが理想に近いんじゃないかと。
ただ私が知っている“子供を砂場で遊ばせる意味”とは、
《雑菌だらけの場所で雑菌にまみれる》こと。すなわち雑菌に対する抵抗力を
つけるために土遊びや泥遊びを意図的にさせることだと思っていました。


土や泥っていつからそんなに悪者になったんでしょうか。
私が泥だらけで遊んでいた30数年前にも、親に怒られた記憶はあります。
それは泥んこ遊びに対してではなく、玄関にくっきりと泥の足形が
残っており、犯人が私に違いなかったから。
さすがに洋服はおでかけ仕様ではなく「泥んこOK仕様」だったと思います。


最近はアトピーやアレルギーで辛い思いをしているワンコが多いのは
可哀想でなりません。
アスファルトやコンクリートの上を散歩し、公園や広場の土も草が
生えないように土壌を改良してある環境。
それは都会だけじゃなく、地方都市なんかでも同じで、私の住む岡山でも
健康な土に触れることは簡単じゃないのが現状です、
(幸いわが社は田んぼに囲まれた立地なのでその点恵まれてますが…)
全てではないですが、腸内細菌のバランスが保てていないことが
トラブル原因の一つなのは間違いない!
ワンコにも健康な土を触らせて、雑菌を取り入れる環境を
作ってあげたいと切に思います。

s-%E5%86%99%E7%9C%9F1.jpg
お乳に影響する牧草地帯は農薬を撒かれていない〈健康な土〉

s-%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg
雑草が生えっ放しの〈健康な土〉のある風景
余談ですが山澤さんの畑の土はもちろん〈健康な土〉

2012年8月22日

都会の犬たちへの贈り物

yamazawa-title.jpg


庄内も暑くなっています。
逃れるように東京に来ていますが、
いやいや、東京は更に暑いですね。
コンクリートだらけだから、
どれほど涼を求めて歩いても、木陰が全然ないんだから。。。一息つけない。
都会の人ご苦労様。
都会のワンちゃんお疲れさま。

さて、今回は、バロンシリーズ肉球クリームで使っている、
素材についてちょっとお耳拝借。
これ、ミツバチの蓋の所です。
海藻じゃ~ない。ハニカムかすかにみえるでしょ?

s-%E8%9C%9C%E8%9D%8B%EF%BC%8D%EF%BC%92.jpg


これを、温めた白樺樹液に溶かして、放置。
下方に沈んだ不純物を取り除き、冷ますと。。。
バロンシリーズ肉球クリームの主役、蜜蝋が出来上がります。

s-%E8%9C%9C%E8%9D%8B.jpg


滅菌の化学的処理も一切していないんですよ!
この、蜜蝋をホホバオイルと合わせ、ハーブを足したり。。。さまざま工夫します。
で、肉球クリームを作っています。

蜜蝋と言うと、キャンドルに使用するイメージが強いですが、
肉球クリームに使っている蜜蝋は、
自然の恵みを閉じ込めたもの。違うんだな~!

東京に来ていると感じますが、
熱せられたアスファルトの上を歩くワンちゃん達、大変だな~!

足の裏をチェックして、あれッて、感じたら、
バロンシリーズ肉球クリームを試してみて。ゆっくり、擦込んでね。

必ず、ワンちゃんに惚れ直される筈!(笑)

1  2  3
このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク