アルモニ・ブログ

2012年10月 4日

食の力 <秋編>

minamimura-title.jpg


台風が来て、あっという間にというか、やっとというか、秋の気配に変わりましたね。

秋になると、人も動物も、身体は変化します。

食欲が増し、これから来る冬に向けて体温を消耗しないように身体は閉じてくる。
そして、皮下脂肪を貯蔵し始めるのです。

秋は雨が少ない季節で、空気が乾燥してきます。

五行では「金」に属し、臓腑では「肺」との関係が深いこの時期は、
体内の水分蒸発が多く、身体の潤いが不足し、乾燥症状が
起きやすくなるとされていますから、
肺を潤すものを中心に食べるとよいそうですよ。

肺を潤す、身体に潤いを与える、といわれる食材を調べてみました。

落花生、杏仁、ダイコン、山芋、黒きクラゲ、ユリネ、梨、銀杏、
いちぢく、ツバメの巣、はちみつ、どじょう、白魚、豚肉、ウズラ卵、
豆乳、豆腐、黒豆、杏、クコの実、白きくらげ、牛乳、湯葉、
レンコン、黒ごま、牡蠣、鴨肉などだそうです。

この中で犬に積極的に食べさせたいのを選ぶとすると、
山芋、ユリネ、梨、白魚、豚肉、ウズラ卵、レンコン、牡蠣といったところでしょうか。

これらの食材を思い浮かべてみると、どれも白い色をしているのに
お気づきでしょうか?

これは私の推測ですが、肺というのは五臓の中で唯一白っぽい臓器なので、
白いものがマッチしているのかなーーーー? 
なんて思いますが本当はどうなんでしょう?

ともあれ、そんな偶然のようなことを推測したり考えたりすることが、
とても楽しい時間です。
頭の中のこのヒマさが、私の人生に愉しみをもたらしてくれています。

そういうのがいいじゃん?


ちなみに、オマケ情報ですが、激辛料理、酒、コーヒーなどは、
とりすぎると肺や皮膚の乾燥がすすむそうですよ。

そんなときには、甘酸っぱいものを一緒にとると良いそうです。

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク