アルモニ・ブログ

2013年7月 8日

食育

minamimura-title.jpg
ヒトの考えというのはさまざまだ。
家庭ごとに、その親の元で育つ子供たちやペットたちは親の数だけさまざまな教育を受ける。
そして、ゴハンもそれぞれだ。
親の、飼い主の、考え方ひとつでその家庭の健康状態は左右されることになる。
だからおとうさん、おかあさん、できるだけ家族の健康について情報を集め、
正しく判断し、家族に反映してあげてほしいです。
たとえば飼い主が無類の甘いもの好きだとすると、ある程度の甘いものは
子供にもペットにも与えてしまうことがあるし、
ベジタリアンだったりすると子供にも同じ考えをおしつけることになる。
その甘さやタンパク質の量と質は、その家庭ではたいしたことではなくても、
身体に悪影響を与える『加減』かもしれない。

先日出会った飼い主さんは、
「犬を肥らせたくないから肉なんて美味しいものは一切あげないの、おからしかあげない」
とおっしゃった。
わたしたちの仕事は、実にさまざまな考えの人たちに、できるだけ栄養学について
興味を持ってもらい、話を聞いてもらうチャンスを作り、
健康を提供することで幸福を味わってもらうことだとつくづく感じるのですが、
その始まりから結果が出るまでに時間がかかることや、
因果関係を感じてもらえないことなどの問題が山積みで、
それをひとつひとつ紐解いていく毎日です。

それでも、美味しくちゃんとしたゴハンは、健康な身体を作り、
結果的にシアワセになるとわたしは信じているのですが。

s-1013188_651497064895887_997565290_n.jpg

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク