アルモニ・ブログ

2013年7月23日

夏には夏の食材

asanuma-title.jpg

旬の食材》といわれるのは最盛期に熟れたり獲れたりするものだと思う。
ところが最近は輸入食材の充実も手伝って、スーパーの店頭を見渡しただけでは
どれが旬なのか...食材に詳しいはずの私でも迷うところだ。

そういえば7月に入ったつい最近、撮影で使うため友人のケーキ屋さんに無理を言って
"生イチゴ"を調達してもらった。
初夏のあたりまで果物屋さんに並んでいたという勝手な思い込みで簡単に考えていたが
「この時期にイチゴなんて奇跡的だ!」と呆れられたばかりだ。

うちの近所に八百屋さん魚屋さん果物屋さんが集まった昭和の匂いがする市場がある。
たまに顔を出すと"旬食材の見本市"さながらな品ぞろえで、おまけにうんちくを教わることができる。
旬を知るプロがいなくなったら誰が農家や漁師の知識を継承するのだろうか。
食料品スーパーが代わりを務められるほど簡単ではない。

グルメの中には異論もあろうことを承知で、旬の食材は基本的に美味しい。
ただそれ以上に魅力的なのは特有の栄養素だろう。
夏場に不足しがちな栄養素は、夏の食材から摂取するのが理に適っている。
だからこそ私たちはもっと《旬の食材》を積極的に食べた方がいいと思う。

うちのもも(捨て猫出身)はマンション暮らしのため一歩も外に出ることが無い。
当然食べ物を自分で獲ることも。
少しでいい。ももにも季節感のある食材を与えるようにしている。

一回り小さいとはいえ、我が家では今年も恒例のウナギをありがたくいただいた。
少し洗ってひとかけらももに...ももよ。ウナギは貴重品なんだぞ!。

s-dsc_1014.jpg

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク