アルモニ・ブログ

2014年6月 4日

食べ物は生きている

minamimura-title.jpg

ブログやFACE BOOKなどが一般的な情報の
手っ取り早い拡散方法になって以来、急速に、
牛の搾乳の現実や各種『産業動物』の屠畜の現実などが
世間に露見されています。

だいたい、産業動物ってなんでしょう?

食料とするために作り出した不自然な『いのち』。
仏教では蚊も殺していはいけないと説いているのに。
生きている、命がある、感情もある、子を産み、
育てる能力もある動物たちに、
人間は自分たちの飽食のために
とてつもなく残酷でえげつないことを強要していますよね。
戦争で人間同士さえ殺し合ってしまうのだから、
平和な日本でのほほんと幸福に育った戦後のわたしたち日本人には
大変ショッキングなニュースがばんばん流れてきます。
植物だって生きているんですよね。
自分の力で移動できないから、あらゆる外的から
自分を守るための手段として、毒やトゲやフィトケミカルなどの
武器を駆使して頑張っています。
感情がないと思われているかもしれませんが、
特殊な感情のように定義づけられる能力を持っていると
研究対象になっているシンピジウムのような植物もあるんですよ!

植物も、抜いたり苅ったりもいだりしたら、数十分以内に死んでしまいます。
スーパーや八百屋さんに並んでいる野菜は
ほとんどが『死体』のようなものかもしれませんね。
もいですぐの熟したフルーツや、採った直後のまだ生きているトマトやきゅうりは、
命が枯れたものとは比べ物にならないほどの味です。
要するに、鮫やクマのように、人間は
尊い他の動物や植物の命を奪って食べて、
命を存続している動物です。

そんなわたしたちが、大好きな犬のために、
彼らの代わりに狩りをしてきて食べさせてやっている、というのが犬のごはん。
つい先ほどまで命があった温かい肉や植物を、
必要なだけ頑張って手に入れて、自分の血とし、肉とする。
生きた、ありがたいエネルギーを頂き、
自分が生きていかなくてはいけないんだよねぇ。。。
それなら本当に、シンプルで最低限の『命の感じられる』食べ物を、
用意してあげるべきなのではないかしら?
熱で乾燥させ、こなごなに粉砕し、再度水で練って固めた
保存料たっぷりの材料をまたまた加熱して乾かすなんていう工程で作ったドライフード。
半年も、一年たってもカビひとつ生えないものを食べさせようだなんて、
わたしには考えられないなぁ。。。
たまには人間の便利が、どれほど命をぞんざいに扱っているか、考えてみましょう。

必要最低限の有り難い『いのち』を、ありがとうございますと言って、
自分のいのちにつなげさせていただこう。
動物を愛するというのは、そういうことだと私は思う。

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク