アルモニ・ブログ

2014年7月28日

きゅうり

minamimura-title.jpg

きゅうりが美味しい季節ですね。
旬のきゅうりには、他の季節のハウスものに比べて倍以上のビタミンCが含まれていて、
ほとんどが水分なので水を飲むよりきゅうりを齧るほうが身体に優しい水分補給になりそうです。
先日、いつも行く海で、地元の方にたくさんのきゅうりをいただきました。
自分の庭で作った自家用のきゅうりを、目の前でもいで袋に詰めてくれたので、
都会っ子はちょっと興奮してしまいます。
一面にイボがついていて、ブルームが豊富!
きゅうりのブルームは、乾燥や雨などから自身を守るためにきゅうりが自然に生成する成分です。
それが農薬のように見えるからといって、消費者がいやがったために、
ブルームがつかない品種改良されたきゅうりが普及してしまいました。
でも、乾燥や雨から守ってくれていたブルームがなくなったために、
その代わりに皮が厚くなって実が柔らかくなってしまったのです。
イボも嫌だそうで、イボもないように品種改良されてしまいました。
これではまるで、工業製品みたいですね。
今回いただいたのは、四川きゅうりという品種で、イボもブルームもたくさんついています。
皮が薄くてイボによる傷がつきやすいため、日持ちも悪いので、流通していないそうですが、
皮が柔らかくて味も香りもよく、歯ごたえもとても良いので、
自分で植えて楽しむには最高のきゅうりだそうです。
きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素が備わっているので、
酢と一緒に食べるとよいとか、加熱するとよいなどとずっと言われてきた現代栄養学ですが、
最近になって、この酵素は食べたあとの体内では活性を失うというのが発見されたそうです。
栄養学は、どんどん更新されていきますからついていくのも大変ですが、
良い方向に変わる分にはウェルカムですよね。

kyuuri.jpg

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク