アルモニ・ブログ

2014年8月13日

どぜう

asanuma-title.jpg


東京出張の際には浅草に泊まることが多い。
この界隈は江戸風情が漂う"食べ歩き天国"だと思う。
なかでも僕の中で浅草といえば「どぜう鍋」。

いつも伺う駒形どぜうの「どぜう鍋」は、良型のドジョウを小さな鉄鍋に敷き詰め、
しょうゆ出汁で煮込んだただけのシンプルな料理。それが小さな七輪にのって、
数えたらドジョウ14匹が素敵な感じで並んでいる。
そんな「どぜう鍋」をネギ山盛りで絡め食べるのが楽しくて仕方ない。

鉄鍋を1枚2枚と数え、おかわりをする。ドジョウ好きの取引先と行くときは、
3~4人で12~3枚は食べてしまう。
「昔は地元の人も多く一人で何枚も食べたもんだけど、
最近は珍しい食べ物という感じで数人で突っつく程度」。
十数枚も食べるとお店の人と"ドジョウ愛"が取り持つ不思議な親近感が芽生え、
これも楽しい。

どんどん食べても不思議と胃もたれなし。夏場のスタミナ食としてもお勧めしたい。
ただドジョウがお腹の中に40匹以上...という迫力ある食事にはなる。



20140813.jpg
見た目に反して箸がとまらない。

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク