アルモニ・ブログ

2014年11月10日

もってのほか

yamazawa-title.jpg

食菊の季節になりました。
山形では"もってのほか"と呼ばれています。
語源は色々ありますが、有力な説は2つ。
<もってのほか美味しい>と、<天皇様の花を食べるとは、もってのほかだ!>
さてさて、どちらだと思いますか?
私は怒られるより美味しい方がいいな~と。。。

さてさて、このもってほか山形では広く食菊としてこの時期食べられています。
おひたしにして醤油をかけて食べたり、酢の物にしたりね。

栄養面では、ビタミンやミネラルが多く、特にβーカロテンやビタミンC、ビタミンB群などの多いらしい。
寒い冬に向かって、抗酸化作用の高い栄養素が多いのが特徴のようです。

以前バロンのしっぽさんが庄内に来たときJA直売所で"もってのほか"を、大量に買い込んで行ったけ。
"もってのほか食べると、体内がきれいになる気がするんだとか。。。
確かに食菊には解毒物質"グルタチオン"の生成を高める効果がある。

毎年食べる"もってのほか"も、
こうして改めて調べてみると新しい発見がありました。
松尾芭蕉さんも好んで食べた食菊"もってのほか"。
奥の細道、立石寺あたりでたべたんだべか~
と思いながらいつものおひたしを食べると、格別美味しく感じるものです。

山澤 清

20141110.jpg

このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク