アルモニ・ブログ

2014年11月20日

生の乳の話

asanuma-title.jpg

〈搾りたて牛乳〉は美味しいのか!...岡山と鳥取の県境にある避暑地「蒜山高原」には
ジャージー乳牛が1000頭飼育されている。
一般的なホルスタイン種が乳脂率3.6%なのに比べ5%以上と濃厚なので、
一度飲むと好き嫌いがはっきりするぐらい個性的。
ただ全国で1万頭ほどしかいないジャージー種のうち3600頭、
実に1/3が岡山県内で飼育されているため、岡山っ子にとっては慣れ親しんだ味でもある。
もちろんそれは熱を加えてパックされた乳飲料の話だ。

さて〈搾りたて牛乳〉は美味しいのか!の話。ハイジの世界では憧れの飲み物ではあるが、
菌が増殖しやすくデリケートなため実のところ飲んだことは無かった。ところが、
たまたま訪れた牧場で「乳搾り体験!搾りたて乳プレゼント」というほんわかイベントに出くわしたことで、人生"初体験"となる。

感想...思ったよりさっぱりしているなぁ(どちらかというと水っぽい)。
ただ乳臭くないのは意外。っん?ほんのちょっとだけ苦みを感じるのは気のせいか。

蒜山牧場のジャージーは干し草や飼料ではなく自生している野生草を一日中食べている。
畜産農家の方に伺うと、「草の養分が出てるんじゃろー。
搾りたてなんじゃからマズイわなぁ」とイベント関係者が凍りつく本音を教えてくれた。

取引先の牛乳会社の方から「コクだと感じるのは、熱を加えた時のたんぱく質の焦げ」と教わったことがある。
たしかに「やっぱ牛乳は搾りたてが一番だなぁ!」とはならない。だよねー。
《栄養価が高い食べ物はマズイ!》という私の仮説が、また一つ証明された。

IMG_2135.jpg
岡山・蒜山高原には1000頭のジャージー牛が

IMG_2138.jpg
反芻動物の牛は何度も胃から食べ物を出して咀嚼する


このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク