アルモニ・ブログ

2016年2月12日

大切なお客様へ

いつもGREEN DOGをご利用頂き、誠にありがとうございます。


さて、この度、GREEN DOGのオリジナルブランドである「Hermoni~アルモニ」の
販売を終了させて頂くこととなりました。

これまでご愛顧頂いたみなさまには、心よりの御礼とお詫びを申し上げます。


「Hermoni~アルモニ」というブランドは、GREEN DOGが2011年に代官山にお店を
オープンすることを機に誕生したブランドです。

新しいお店のコンセプトと同様に、商品においても、どこにもない価値、
そして、最高のこだわりを持ったものをお届けしたいという思いでスタートしました。

そのコンセプト・想いに共感頂いた「匠」のみなさまが、それぞれの個性とこだ
わりと想いをのせて、本当にユニークですばらしい商品を開発して下さいました。


図1.jpg


あれから4年・・・今、私たちはこの「Hermoni~アルモニ」に込めた思い、そし
て、「Hermoni~アルモニ」の開発・販売で得た経験を受け継ぎながら、次なる
ステージに進むことを決意いたしました。


それはGREEN DOGとパートナー企業、そして、お客様が一緒に
パートナーのための商品を開発していくというステージです。

「Hermoni~アルモニ」は新しいブランド「WITH  GREEN DOG」として生まれ変わり、
その想いをより一層形にしていきます。


これからもGREEN DOGならびに新ブランド「WITH GREEN DOG」を
何卒よろしくお願い申し上げます。



2016年2月吉日
GREEN DOG代表 佐久間 敏雅

2016年2月 8日

HARMONIE アルモニ

minamimura-title.jpg


アルモニ Harmonie というフランス語は、調和という意味です。

調和という言葉を辞書でひくと、
『全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっている』
『ものごととものごとが互いに和合していること』です。

古くは『ととのいやわらぐこと』の意味でしたが、英語 harmony の訳語となり、現在の意味になりました。


ととのい、やわらぐ。


わたしたちは、自分たちの身体や精神も、もちろん家族の一員である犬たちの身体や精神も、
美しくととのい、やわらいだ状態にあるようにキープするために、
毎日ごはんを食べ、仕事をし、家族のもとに帰り、パック(群れ)で生活をしています。
一人暮らしの人も、大切な時間を一緒に過ごすパックをどこかに持っていることでしょう。
一人では生きていけないし、犬はもっと一匹では生きていけませんね。


「いま、地球上で一番尊重すべきものはなんだと思う?」
の問いに、アメリカン・インディアン オジブエ族の長老、デニス・バンクス氏は言いました。

「Hermony」

アメリカン・インディアンの秘儀とされているサンダンスでは、
大人になるための若者たちの禊のようなチャレンジのひとつに、
自分の身体の皮膚に鹿の角の先をピアスのように通し、
御神木からぶら下がったり、重いバッファローの頭蓋骨を引きずって皮膚をちぎるというものがあります。

しかしそれは、人知れず行われ、部外者に見せるためのものではありません。
地球の片隅の隔離された草むらの中で、ひっそりと行われるこの儀式で、
彼らは世界中の平和を祈り、その対償に自分の身体を傷つけています。
それで世界が平和でいられるなら、傷は誇りでさえあります。


一方、地球の反対側の片隅では、犯罪を犯し、人の道にはずれたことをする人もいます。
世界はこうやって、陰と陽の調和がとれているのでしょうか?
どこかで対償を払っているのでしょうか?


心の平和も、身体の健康も、基本はきちんとした食べ物を食べることから始まる、とわたしは考えています。

そこにはパックがあり、誰かが命をかけて食料を調達し、
誰かが心を込めて食事を作り、感謝しながら一緒に食べるのです。
対償を払うとしたら、自分たちの持つ知恵と勇気とチカラを真剣に出し合う、というくらいにしたいものですね!


そうして、ととのえ、やわらげていきましょうよ。
犬たちにも、猫たちにも、そしてキリンやゾウやイルカや鳥たちにも!
生きとし生けるものがすべて、きちんとした食べ物を食べることができるように、
環境をととのえ、やわらげていきましょうよ。


今回で、アルモニというブランドは終わりです。
そして、わたしたちのブログも終わりです。
楽しんで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょうね!


2016年2月 5日

すべての《解》は自然から学ぶ

asanuma-title.jpg


グーグルやヤフーで検索しても
《応答》はあるが《解答》が出るとは限らない...

「確かに!」

頷ける人は多いはずだ。

本が貴重だったむかし人の知識は現代人より乏しいかわりに、
限られた情報を駆使して考え、
知恵に変える能力は圧倒的に優れている。


理想的な犬の食事作りに執着し、事業を構想してから3年もかけて
「食事は"食材品質"で決まる」という
当たり前のことにたどり着いた。


科学や化学で人工的に作り出されるものには限界があり、
自然がつくり出す食材の複雑な栄養バランスに頼らなければ
安心できる食事(商品)が生みだせない。

そう考えてるようになってから日々、
食材を手に入れるために全国の生産者を口説きまわっている。



ドッグフードでも「栄養バランスをとる」という言葉が頻繁に使われるが、
そう考えると本来は非常に難易度の高い取り組みだとわかる。

自然界は常に新種を生みだし、法則を示し、組み合わせを変え、
人間が到底及ばないスケール(時間・範囲・連鎖)と量で
環境に順応しようとする。


私たちは謙虚に自然から学び、
その《解》を受入れて正しく考えていくことだと思う。



食事は科学や化学だろうか...
であればSF映画の世界に出てくる万能食は
とっくに出来ているはずだ。


自然界にあるいろいろなものを少しずつ食べて、
消化・吸収・代謝・排泄機能をフル稼働。

その時に必要な栄養素を
動物のもつ「生きる力」で摂りいれることが
未だ食品栄養学の常識なのだから。


私が考える理想的な犬の食事はまだ、自然の領域だと考えている。


IMG_4041 (350x263).jpg
発酵は自然のいたずら、納豆は奇跡

1
このページの先頭へ
プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク