BARF DIET(バーフダイエット)の推奨ドッグフード給与量

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料!15時までの注文で当日発送
GREEN DOG
T-POINT貯まる!使える!

通販のご注文&お問い合わせはこちら

0120-73-1238
10時~17時
(日除く)
  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 取り扱いブランド一覧
  4. BARF DIET(バーフダイエット)の推奨ドッグフード給与量

BARFダイエット

BARFダイエット 給与量

【バーフ・ダイエットが届いたら】

バーフ・ダイエットが届いたら冷凍庫(-18℃以下)で保存し、賞味期限内にご使用ください。
そのため、ご購入の際はあらかじめバーフ・ダイエットが入るスペースを冷凍庫内に確保しておいてください。

バーフダイエットは冷凍庫で保存してください

【バーフ・ダイエットの解凍方法】

解凍する枚数を冷蔵庫で解凍してください。解凍して余った分は密封容器に入れると、(季節や温度にもよりますが)冷蔵庫のチルドルームで2日ほど保存できます。なるべく早いうちにご使用ください。

【給与方法】

1日の給与量目安

バーフダイエットの給与量

■パートナーが現在ドライフードを食べている場合

ドライフードを減らし、その分バーフ・ダイエットを加えることでドライフードでは補いきれない新鮮な栄養素を摂ることができます。※缶フードの場合も同様にお考えください。

■生食を食べたことのないパートナーのフードを完全にバーフダイエットに切り替える場合

急に切り替えると、胃腸が生の食材に慣れていないため軟便や下痢になることがあります。それを未然に防ぐためにも、加熱食を食べてきたパートナーには、これまでの食事にバーフ・ダイエットを少しずつ混ぜて与え、2~3週間かけてその割合を増やしていく方法をおすすめします。

バーフダイエットへの切り替え方

■パートナーが現在生肉主体の手作り食をたべている場合

お肉の替わりにバーフ・ダイエットを使用したり、バーフ・ダイエットに生肉を加えたりすることも可能です。生肉を加える場合は、新鮮な骨付き生肉を未加熱の状態で与えることをおすすめします。特にやわらかい豚の骨や鶏の首、手羽、ラム耳、牛の胸肉などがおすすめです。

【注意事項】

  • ・加熱することで骨が硬くなります。危険ですので絶対に加熱しないでください。
  • ・バーフ・ダイエットは必ず解凍し、ご自宅で生肉を取り扱う時と同様に食器やまな板などを清潔に保つよう心がけてください。
  • ・常に新鮮な飲み水を絶やさないようにしましょう。
  • ・生のペットフードは、一定時間常温で放置すると品質が損なわれます。犬が食べ残した物はすぐに廃棄してください。一度解凍したものは絶対に再冷凍しないでください。
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 取り扱いブランド一覧
  4. BARF DIET(バーフダイエット)の推奨ドッグフード給与量