2017.01.19心のケア

退屈?ストレス?犬がため息をつく意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がため息をつく意味

愛犬がため息をつく姿を見て、犬もため息をつくのかとびっくりする飼い主さんもいますね。犬のため息には、どんな意味があるのでしょう。今回は、代官山動物病院の獣医師で、獣医行動診療科認定医の藤井仁美先生に「犬がため息をつくときの心理について」教えていただきました。

犬のため息の意味とは?

犬がため息をつくのには、ひと呼吸をおく、気持ちを切り替えるといった意味があります。ポジティブなため息とネガティブなため息と両方の意味があります。どちらのため息なのか、それは状況によって意味が変わります。どういう気持ちのため息なのか理由を考えることは、愛犬がどんな心理でいるのかを理解する助けにもなりますね。犬の視点から見て、意味を理解してあげましょう。

犬がため息をつくときの心理3つ

犬のため息の心理

それでは、どのような状況がポジティブな意味やネガティブな意味を持つのでしょうか。

ため息の意味を理解してあげることは愛犬の心理を知ろうとすることにもなりますね。いまどんな気持ちでいるのかな、と観察してみましょう。

    

犬がため息をつくときの心理は主に次の3つです。

  1. リラックス、満足感からでるため息
    ポジティブな状況で、無意識でつくため息です。たとえば外出から帰り、自分のベッドに潜り込んだときに「はぁ、リラックスできた」、美味しいものを食べて満腹になり「さあ、寝るぞ!」という気持ちなど、眠いときや眠りに入る前に、ため息をついて気持ちを切り替えたりもします。そういうときは犬が安心できる周囲の環境やタイミングが整っていて、犬の筋肉も緩んで緊張がとけている状態です。そういう状態ででるため息は、リラックスして、満足感に満ちているという意味があります。

  2. 疲れ、ストレスのため息
    人間のため息と同じく、犬も疲れたり、ガッカリしたり、嫌なこと(嫌悪刺激)があったり、諦めるときに、ため息をつきます。たとえば、ボールを持って散歩に行けると思ってワクワクしたのに、そうじゃなかったというときなどに、ガッカリしてネガティブなため息がでたりします。これは、意識的なときと無意識なときと両方ありますが、いずれも犬はため息をついて、自分の気持ちを切り替えようとしています。ネガティブなときにでるため息ですが、このため息によってネガティブな気持ちを切り替える、犬自身が自分の気持ちをコントロールする意味があります。

    ネガティブなため息のときは、ボディランゲージに緊張感が漂っています。リラックスしているときのため息とは違い、ため息をついても緊張は続いています。また、不快な気持ちを和らげるために、ため息をつくこともあります。その不快さとは、精神的ストレス(寒い、暑い、うるさい、怖いなど)、肉体的ストレス(痛い、苦しい、気持ち悪いなど)と多岐にわたります。調子が悪いから、ため息をついて、ひと呼吸おき、なんとか不快を回避できるよう気持ちを切り替えようとすることがあります。

    犬のストレスについてはコチラを読む→そのしぐさ、ストレスのサインかも。ストレスを感じている犬の行動とは

  3. 学習されたため息(要求など)
    たまたまため息をついたときに、飼い主がそれに反応して、何か犬にとって報酬となるようなことをしてくれた場合、犬がそれを学習し、次からため息をつく行動をとるときがあります。たとえば、ため息をついたら飼い主が心配してかまってくれた、とか、うるさい音楽の音を消してくれた、などの経験をすると、犬はそれを学習し、かまってほしいとき、静かにしてほしいときなどに、要求の一環の行動としてため息を利用することがあるでしょう。この場合は、無意識ではなく、犬は意識的にため息をついています。

注意すべきため息はある?

注意すべきため息

不快を和らげようとするため息の場合は、そのストレスの原因が何なのかをつきとめ、取り除く必要があります。体調が悪そうなときは獣医師に相談するなど、ため息だけでなくパートナーの全身状態を良く観察してあげましょう。

ため息なのか、呼吸音、イビキまたは寝言なのかの違いがよくわからず、心配になるかもしれませんね。とくにパグやフレンチ・ブルドッグ、ボクサーなどの短頭種は、長いマズルの犬とは違う特徴的な呼吸音をすることがあります。

ため息なのかどうかは、普段から観察しておくともできるようになり安心です。

おわりに

ふとしたときに出る犬のため息。ため息をつく犬の心理は状況によってさまざまです。普段から愛犬を観察しているとため息からも今どんな気持ちでいるのか理解するきっかけになるかもしれませんね。

短頭種や循環器、消化器などの持病の有無に限らず、ため息なのか、息が荒いのか、嘔吐しそうで気持ちが悪いのかなど、判断がつかない場合は、動物病院に相談しましょう。その際は、おうちで動画を撮って、動物病院に行き、獣医師に見せるのがおすすめです。

食欲がない、なんとなく元気がないなどの全身症状がでている場合は、何か気になるなと思った段階で、動画を撮ってすぐに獣医師に診てもらいましょう。それがただのため息だとわかれば安心ですし、もしかしたら体調不良のサインかもしれません。早期発見、早期治療のきっかけになります。

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
監修: 藤井 仁美(ふじい ひとみ)  獣医師 代官山動物病院 行動診療科担当

監修: 藤井 仁美(ふじい ひとみ)  獣医師 代官山動物病院 行動診療科担当

英国ロンドンで10年間暮らし、伴侶動物の行動学を学び、その知識を生かして動物病院やドッグトレーニングスクールで幅広く活動してきました。GREEN DOG代官山内にある代官山動物病院でも行動問題の治療、しつけ方指導、病気のパートナーのメンタル面(精神面)のケアを専門に行っています。犬や猫が抱える多様なストレスは病気に大きな影響を与えています。病気のパートナーに心のケアを行うと治療効果も上がり、再発予防にもつながることを実感しています。心と体の両方から、パートナーの健康な暮らしをサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 1990年 東京農工大学卒 2001年 英国応用ペット行動学センターにて研修、公認インストラクター資格を取得 2007年 英国サザンプトン大学院にて動物行動学を専攻 2009年 伴侶動物行動カウンセラーのディプロマを取得 2013年 獣医行動診療科認定医の資格を取得
監修: 藤井 仁美(ふじい ひとみ)  獣医師 代官山動物病院 行動診療科担当

最新記事 by 監修: 藤井 仁美(ふじい ひとみ)  獣医師 代官山動物病院 行動診療科担当 (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)