2017.10.03その他の体のケア

犬の胃拡張・胃捻転症候群とは?注意すべき犬種や予防方法を獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の胃拡張・胃捻転症候群は、胃が多量のガスで膨れ上がり(胃拡張)、胃がねじれること(胃捻転)によって発症する病気です。単純に胃拡張だけ起こしてねじれを生じないケースもありますが、圧倒的にねじれを起こすほうが多いです。ねじれが起こると、突然に症状が現れ急激に進行し、早急に治療しないとショックにより死に至ります。

特に大型犬で胸部の深い大型犬種において多くみられますが、小型犬や猫でも起こりえます明らかな原因は不明とされますが、リスクを高める要因などが検証されています。そこで今回は、胃拡張・胃捻転症候群の原因や症状、予防法などについてGREEN DOGの獣医師伊東が説明します。

胃拡張・胃捻転症候群の原因は?

発症のリスクを出来るだけ避けましょう

明らかな原因は解明されていませんが、水や食べ物を摂取した直後の胃の異常運動、胃内容物流出の障害、大量の空気嚥下などが考えられています。発症のリスクは次のような条件が言われています。

犬種、年齢や状態に関係するリスク

胸腔の深い大型・超大型犬種
グレート・デーン、ワイマラナー、セントバーナード、ジャーマン・シェパード・ドッグ、アイリッシュ・セター、ドーベルマン、秋田犬、チャウチャウなど

加齢(子犬で発生することもある)

ストレス

食事に関係するリスク

水や食べ物を摂取した直後の運動

1日1回の大量の食事

早食い

運動前後の水のガブ飲み

高い台の上の食事
以前は、高い台で食べさせたほうが予防になるといわれていましたが、最近の研究では逆にリスクが高まることが示されています。

30mm以下の大きさの食事の摂取
小粒フードや缶詰、フードプロセッサーで細かくした食事を与えた犬のほうのリスクが高かった、という報告があります。

ドライドッグフードの成分
ある食事の成分に焦点を当てた研究においては、穀類、大豆、動物性タンパク質のいずれも胃拡張のリスクは増加せず、油脂が多く含まれるドライフードは胃からの排出が遅れリスクが高まる、ということが報告されました。

その他、親が胃拡張・胃捻転症候群を発症した子での発生率は高い傾向にあります。性別における発生率については、未避妊の雌犬で多かったというものがあれば、性差はない、という研究もあり、明確にはなっていないようです。

どんな症状を示すの?予兆はある?

一般的には、食後数時間以内に発症します。

典型的な初期症状

お腹が膨れる(ただし、筋肉がしっかりついている大型犬ではみられないことがある)

元気がなくなる

不安げで落ち着きがない

気持ち悪そうによだれを垂らす

頻繁なげっぷ

嘔吐、もしくは嘔吐物を伴わない吐き気

腹痛、背中を丸めた姿勢(腹痛)

苦しそうな呼吸

最初は自力で歩いて、次第に立てなくなります。そして急激に症状が悪化し、ショック状態に陥り意識が混濁します。

胃拡張・胃捻転症候群の病態を説明すると、まず、何らかの理由により急速に胃の中でガスが多量に発生して胃拡張が生じます。胃が大きく風船のように膨らむと、くるんと回転して強いねじれが生じ、食道への道が塞がれ、胃からの排出も障害され、さらに拡張が進みます。

拡張した胃の圧迫により周囲の臓器や胃壁に壊死が起こり、門脈や後大静脈の血流障害が生じ循環不全に陥ります。そして、消化管から吸収された毒素や低血圧による重度のショックが生じ、多臓器不全により死に至ります。

予防のための食事や方法

早食い防止のために少量ずつ入れるのもおすすめです

胃拡張・胃捻転症候群の原因は明確になっていないため、完全に予防することは難しいのですが、発生防止の助けになると考えられます。

発酵しやすい食材や高脂肪食は避ける

大きめなフード粒を選択し、食材は小さくなりすぎないようにする。

食事の直前・直後に運動はさせない(食後4~5時間はあける)

一度に大量の食物を与えない

食事の量を1日2~3回に分ける

早食いをさせないよう工夫がされた食器を使用する

飲み込めない大きさの障害物(ボールなど)食器に入れて、早食いができないようする

運動前後に水をガブ飲みさせない

高い台の上で食事はさせない

食事中や食後はリラックスした状態を保つ

消化をサポートする消化酵素の商品についてはコチラ→健康の必需品 グリーンザイムを徹底レポート!

まとめ

愛犬の異常に気がつきしばらく様子をみていたところ、状態が急変して慌てて動物病院に駆け込んだけれども治療が間に合わなかった、というケースは残念ながらあります。胃拡張が急激に生じている時点で、胃からの排せつ障害やガスの発生などが起こっているので、自然に治ることは期待できません。特に、好発犬種である犬に関しては、食後は注意深く観察し、いつもと違う仕草がみられたら、すぐに動物病院に相談するようにしましょう。

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)