2017.07.07その他の体のケア

獣医師が解説!熱中症の予防と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は暑さに弱いと認識されていますので、多くの飼い主、外出時ではもちろん、室内の温度・湿度管理にも注意を払っています。しかしながら、熱中症に陥る犬は、いまだ後を絶ちません。熱中症に対するリスクは、犬種や持病、年齢などによって変わりますが、環境の整備や水分摂取を意識することで予防ができる病気です。そして、それは誰よりも飼い主の肩にかかっています。熱中症の危険とその対策をよく知ることによって、愛犬を熱中症から守りましょう。今回は、熱中症の予防と対策についてGREEN DOGの獣医師・伊東が解説します。

熱中症とは?

高温の環境にさらされる、あるいは運動などによって体の中でたくさんの熱を作るような状況下で、体の熱を外に放出する働きが充分でなくなっておこる不調を総称して、熱中症といいます。

熱中症の症状

熱中症はあっという間に起こります。下に行くほど、重篤な症状を現しています。

急激な体温の上昇(犬の平熱は、37~39度。40度以上になる)
元気がなく落ち着きをなくす
舌を出して荒い息遣いをする
大量のヨダレを垂らす
目や口腔粘膜の充血
嘔吐は下痢をする
ぐったりして、起き上がれない
意識を失う
身体を痙攣させる

熱中症は急激に進行し、愛犬の命を危険にさらすことさえあります。

熱中症の原因

人では体温が上がると、汗をかいて熱を逃がし体温を下げるように身体は働きますが、犬では汗腺は足裏のパッドにしかついておらず発汗による体温調整は殆どできません。犬では主に唾液を蒸散させ気化熱を利用する方法(パンティング)と、身体に冷たいものを直接あてる方法で体温調節を行います。

しかし、高温多湿の場所では、体温調整の要である唾液の蒸散が上手くできません。さまざまな状況において、犬は体温調整を呼吸に頼らざるを得ず、また厚い被毛で全身を覆われていることから、人よりも高温の環境に弱い動物と考えられます。

熱中症は、環境と行動、それと犬種や体調による要因が重なった場合に起こりやすくなります。

環境による要因
・気温が高い
・湿度が高い
・強い直射日光に当たる
・換気が悪い
・風が弱い
・衣服などを着込んでいる

行動による要因
・激しい運動
・長時間の炎天下での遊びや散歩
・水分補給の不足

熱中症になりやすい条件とは?

少しの時間なら大丈夫だと思っていませんか

熱中症を起こしやすい状況

     車内での留守番

  • 夏場の車内は50度近く上がります。窓を開けていたとしても、室温は殆ど下がりませんので、換気や温度管理としては不十分です。また、エアコンをつけたままにしていたとしても、バッテリーが上がってしまう可能性もあります。愛犬を車内に置き去りをするのは絶対にやめましょう。
     閉め切った暑い室内での留守番

  • 留守番中に室内にエアコンを入れていたとしても、効きが十分でないことがあります。また、直射日光が差し込む場所に設置したケージに愛犬を入れていた場合にも、熱中症のリスクは高まります。
     炎天下での散歩

  • 四足歩行の犬は人より地面に近い場所にいますので、アスファルトの照り返し(放射熱)によって、体感温度が想像以上に高まります。足の短い犬では、特に注意が必要です。夏場の散歩は、早朝の5時~6時頃、もしくは夜間が適しています。
     蒸し暑い日の屋外での運動

  • 運動することによって体温は上がります。水分補給を十分にさせて、長時間の運動は避けるようにします。
     日向での係留(綱で繋いでおくこと)

  • 係留する場合には、日陰で涼しい場所を選び、太陽の移動によって直射日光にさらされないよう十分に注意することが大切です。また、常に十分な水を飲めるようにしましょう。

犬種や体調によるリスク

暑さに弱い犬種なら特に注意しましょう

パグ、シーズー、ペキニーズ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサーなど短頭犬種は、解剖学的に他の犬種よりも鼻の穴が狭く、また軟口蓋*が通常より大きくなっていることがあります。そのため、短頭犬種は鼻呼吸がしづらく、パンティングによる体温調整がしにくいことにより、熱中症にかかりやすいとされています。

また、上部気道が閉塞する病気(短頭種気道症候群)を持っている場合、さらに呼吸がしにくくなりますので、特に注意が必要です。大きないびきや普段からのスーピー、ズービーというような呼吸音、また興奮時や暑い環境で直ぐにガーガーブヒブヒとガチョウのような鳴き声を出すなどの症状が特徴です。

*軟口蓋・・口の中の奥の天井部分から続く喉の奥にある柔らかい部分で、飲み込む時に鼻孔をふさいで食物が鼻腔に入るのを防ぐ働きがある

特に、肥満をしているとより呼吸がしづらくなりますので、適正な体重に維持でくるようにしてあげることが大切です。熱中症のリスクが高い犬種としては、シベリアンハスキーやグレートピレニーズ、サモエドなど寒冷地(北方)原産の犬も挙げられます。毛が厚いため熱がこもりやすく、一層の注意が必要です。

また犬種に限らず、子犬や高齢犬および、心臓や呼吸器、腎臓病、糖尿病など持病がある犬においても熱中症のリスクが高まります。

適切な処置と病院に行くタイミング

     身体を冷やす

  • 意識があり比較的軽度な場合には、水で濡らした冷たいタオルや保冷パック、缶ジュースなどで首もとや脇、内股の部分を冷やします。

    意識が朦朧(もうろう)としているような重症な場合には、愛犬を水場や浴室に連れて行き、全身に水をかけます。もしくは冷たい水が張っている桶に首から下をつけます。氷水 のような冷たすぎる水は血管を収縮させてしまい逆効果になるので、水道水を使用します。外出先で、一刻を争う場合には、手持ちのお茶やジュースをかけるのもやむを得ません。

     水を飲ませる

  • パートナーに意識があって自力で飲める場合は冷たい水を少しずつ与えます。スポーツ飲料を水で半分に割ると吸収がよくなります。犬用のハイポトニック飲料 なども市販されていますので、外出時には常備すると安心です。なお、意識がない場合には気管に誤って入ってしまう可能性があるため、無理やり飲ませないようにしましょう。
     身体を冷やしながら動物病院に連れて行く

  • できるだけ早く病院に連れて行きます。病院には、あらかじめ電話連絡をしておき、直ぐに対応してもらえるようにしてもらいましょう。また、前述のように身体を冷やしながら移動します。症状が軽度に見えても後から悪化することもありますので、必ず動物病院を受診しましょう。

おわりに

熱中症は、猛暑はもちろん、春や梅雨の時期の室内でも多く発生します。春は突然に夏日のような気温になることもありますし、梅雨は気温がさほど高くなくても湿度が高いため犬の体温調整が難しい時期でもあります。春先から気温・湿度には十分に注意をする必要があります。また、愛犬が常に新鮮な水を飲むことができるようにし、ウェットフードやスープなどで積極的な水分補給も心がけましょう。

特に留守中は、クーラーをつけるのはもちろんのこと、扇風機を併用して室内の空気を循環させます。エコではありませんが、愛犬の命を守るほうが重要です。冷却機能があるマット なども市販されていますので、こういったグッズも利用しながら、2手3手を打って熱中症対策を行うことをお勧めします。

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

最新記事 by 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)