2017.02.27その他の体のケア

獣医師が解説!犬のワクチン予防接種について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のワクチン予防接種

犬には感染力がとても強い病気、発症すると重症になり特効薬のない病気、後遺症が残る病気などがあります。病原体は尿や便に含まれていたり、空気中をただよっていたり、と身近に潜んでいます。そのため、あらかじめこれらの怖い病原体に対して免疫力をつけておく必要があるのです。

とくに生まれたばかりの動物はとても弱いもの。外界で初めて遭遇するウイルスや細菌などの病原体から自分を守るためには、母親からもらった免疫が不可欠です。しかし、その免疫もしばらくすると効力を失ってしまいます。

今回は、犬のワクチン予防接種について、ワクチンの種類や、メリット・デメリット、接種方法や接種回数、子犬のワクチンプログラムなどについてもGREEN DOGの獣医師伊東がくわしく解説します。

ワクチンってなに?

ワクチンってなに?自然条件のもとでは、母親からは胎盤を通して、もしくは初乳を飲むことで子に免疫が移行します。これを移行抗体といいます。

抗体とは、ウイルスや細菌などにくっつき、病原性を失わせる働きを持つタンパク質のことです。特に犬では移行抗体の95%以上を初乳からもらいます。

けれども、多くの子犬では、その移行抗体も8~12週齢頃にはかなり弱くなります。そのため、自分の力で抗体を作り出さなくてはならなくなります。

自分の力で抗体を作るためには、一度、その病気にかかる必要があります。とはいうものの、抗体を作るために、怖い感染症にかかるわけにはいきませんね。その代役をしてくれるのが、ワクチンです。

ワクチンは、病気が発現しない程度に毒性を弱めた病原体、あるいは死滅させた病原体やその一部分を含んでおり、それをわざと体に入れることによって病気への抗体を作らせます。すなわち、実際に病原体に感染しなくても、その病原体に対する免疫をつけることができるのです。そして、次に同じ病原体が体に入ってくると、抗体がすかさず攻撃を開始して、病気を発症させない、もしくは症状を軽くすることができます。

ワクチン接種前の注意点

ワクチンを接種することは、異物を体に入れることです。そのため、体調が良く、精神的にも安定している日を選び、接種させましょう。また、副作用などがでた場合に直ぐに対応してもらえるよう、できるだけ午前中に接種するようにします。

また次のような場合は、無理に行う必要はありません。場合によっては病状が悪化したり、免疫がしっかりつかなかったりすることがあります。かかりつけの獣医師とよく相談して、接種の日程や必要性を見極めましょう。

要注意 ワクチン接種を控えたほうが良い場合

  • 元気がない、具合が悪そう
  • 疲れている
  • 旅行やシャンプーが数日以内に入っている
  • 嘔吐・下痢をしている
  • 消化管内に寄生虫の感染がある
  • 他の病気の治療をしている(特に、がんや自己免疫疾患)
  • 発情、妊娠中である
  • 栄養状態が悪い
  • 4~6週齢に達していない子犬である
  • 高齢犬(シニア犬)である
  • ワクチン接種後にアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こした経験がある※

※アナフィラキシーショックを起こしたことがある場合、すべての個体についてワクチンを控えたほうがいいということではありません。アナフィラキシーショックを起こしたものと同じワクチンを打つのは危険ですが、それが必要なコアワクチンである場合には、抗体価を検査したり、別のメーカーのワクチンにしたり、含まれている血清アルブミンを変更するなどの対策も取ることができます。まずは動物病院の先生と相談して、方針を決めるのが良いでしょう。

またシニア犬も若い頃より慎重にワクチン接種する必要がありますので、体調を考慮し、かかりつけの先生と相談しながら接種しましょう。

ワクチンの種類

犬のワクチンには法律で接種が義務付けられているものと病気にさせないために任意で接種するものの2種類あります。

法律で接種が義務付けられているワクチン

狂犬病ワクチン
狂犬病は、犬や人を含むすべての哺乳類に感染し、有効な治療法はなく、発症した場合には100%死亡する病気です。狂犬病の主なまん延源は犬であり、人はほとんどの場合、犬から感染しています。日本では1957年以降狂犬病の発症はありません*が、海外では未だ猛威をふるっています。海外から狂犬病が入ってくる危険性は常にありますので、日本では3ヶ月齢以降の全ての犬に対して1年に1回の狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。ただし、重篤な心不全や腎不全を患っている、もしくは狂犬病ワクチンによる副作用の経験のある犬では接種は猶予されます。また重篤な感染症を患っている場合では回復を待ってから予防接種を受けることが認められています。


*輸入症例を除く(2006年11月 厚生労働省健康局結核感染症課 報道発表資料より)

病気にならないために任意で接種するワクチン

コアワクチン
コアワクチンは、生活環境にかかわらず、全ての犬が接種すべきと考えられているワクチンです。これらの対象となる感染症は世界中で発生が認められていて、重篤な症状を示すものです。コアワクチンの対象になる感染症には、次のものがあります。日本では狂犬病ワクチンもコアワクチンに入ります。

ジステンパーウイルス感染症

呼吸器症状(咳など)・消化器症状(下痢など)・神経症状をおこす致死率の高い病気です。

パルボウイルス感染症

特に子犬で激しい下痢・嘔吐、あるいは突然死を引き起こす、致死率の高い病気です。

アデノウイルス感染症 2種類

犬伝染性肝炎(アデノウイルス1型)

急性の肝炎を起こし、黄疸や嘔吐などがみられ、子犬で突然死を引き起こすことがあります。

犬伝染性喉頭気管炎(アデノウイルス2型)

咳が長く続くことが多く、ケンネルコフとも呼ばれ、犬かぜの病原体の一つと考えられています。

ノンコアワクチン
ノンコアワクチンは、住んでいる地域や生活スタイルによって感染リスクが高い場合に接種することが推奨されているワクチンです。次の感染症などを対象としています。

コロナウイルス感染症

下痢・嘔吐など胃腸炎の症状がみられます。パルボウイルスと混合感染すると重篤な症状となります。

レプトスピラ感染症

数種のタイプがあり、軽症なものから、腎障害、黄疸を起こす重症なものまで多彩な症状を示します。ドブネズミなどに保菌され、その尿に汚染された水や土壌から皮膚あるいは口から感染します。人にもうつる人畜共通感染症です。暖かい地域(四国・沖縄・九州)では多くみられます。

犬パラインフルエンザウイルス感染症

主に、咳・鼻水・発熱・食欲低下などの風邪のような症状がみられ、犬かぜとも呼ばれます。一般的にこの病気の単独感染では症状が軽いとされていますが、他のウイルスや細菌などと混合感染すると重症化します。

子犬のワクチンの接種時期と回数

子犬のワクチンの接種時期移行抗体の量が減ってくる、当然ながら病気に感染しやすくなります。そのため、ワクチン接種が必要なのですが、母犬からの移行抗体が体内に残っている子犬では、ワクチンを接種しても効果が得られないことが多くあります。

移行抗体の量が減りなり、ワクチンの効果が一番発揮できそうなタイミングで接種するのが良いのですが、その時期は個体差があり、特定することができません。

そのため、子犬には数回にわたってワクチン接種をする必要があります。

子犬のコアワクチンプログラム(接種法)は、多くの国で推奨されていますので紹介します。

子犬のコアワクチンのプログラム

1回目のワクチン・・・8~9週齢
最も早く移行抗体が切れていることを想定して、この時期にワクチン接種します。

2回目のワクチン・・・1回目の3~4週後
1回目のときに移行抗体の量が減っておらず、ワクチンによる抗体が充分できていない可能性があります。そのため、再度、ワクチン接種します。

3回目のワクチン・・・14~16週齢
大部分の子犬がワクチンによってしっかりと抗体を作り出せると考えられるこの時期に、最後のワクチン接種をします。

4回目のワクチン・・・3回目のワクチンから1年後
追加接種をして、免疫をより強化します。これを追加免疫(ブースター)効果といいます。これで、子犬のワクチンプログラムが完了します。

なお、16週齢を過ぎて初めてコアワクチンを接種する子犬では、3~4週間間隔で2回が推奨されます。そして、2回目のワクチンから1年後に追加接種をして、子犬のワクチンプログラムの完了です。


参考:WSAVA 犬と猫のワクチネーションガイドライン2010

ワクチンは毎年接種するの?

ではその後、生涯を通じてどのようにワクチン追加接種をしていけばいいのでしょうか。実は、追加接種に関しては、議論があるところです。世界的には、コアワクチンの接種は3年毎が推奨され始めています。しかしながら、日本では1年毎が現在の主流です。

各国と日本では、ウイルスのまん延状況や取り扱いのワクチンの種類などが異なっています。日本では、3年毎のワクチン接種で必ず抗体が継続するか否か、ということは実際には確かめられていません。ワクチン接種をした1年後に血液検査をして抗体を調べてみると、個体によって差があることが分かっています。日本でもこれから3年毎の接種が多く行われて有効性が証明されれば、そのプログラムが定着していくかもしれません。ワクチンによる副作用が心配な場合には、愛犬の抗体がどのくらい上がっているかを確認(抗体価検査)して、接種の必要性を判断することもできます。

一方、ノンコアワクチンについては、子犬ではコアワクチンのプログラムを終了した後、3~4週間隔で2回接種します。その後は、感染のリスクがなくなるまで、9ヶ月~1年毎で追加接種する方法が、日本を含め各国で推奨されています。

ワクチンによる利点は多いにありますが、副作用もあります。愛犬のワクチンプログラムについては、かかりつけの獣医師と相談して決めるのがベストでしょう。

ワクチンの副作用

ワクチンの副作用

ワクチンの副作用で顏が腫れたチワワの子犬

ワクチンは異物を身体に入れることですので、稀にですが、副作用としてアレルギー反応がでることがあります。主な副作用としては、次のようなものがあります。

     アナフィラキシーショック

  • 虚脱や呼吸困難など急性の激しいアレルギー
     皮膚症状

  • 目や口の周りがパンパンに腫れる、痒がる、赤くなる
     消化器症状

  • 嘔吐や下痢

日本では、小型犬種で副作用が多く、とくにミニチュア・ダックスフンドでの高い発生率が報告*されています。アナフィラキシーショックによる死亡例はありますが、発症しても迅速に適切な処置を行うことにより多くが回復します。また、その他の皮膚症状や消化器症状も通常は、時間の経過と共に治まります。

アナフィラキシーショックは、接種直後から1時間以内、皮膚症状や消化器症状は半日経ってあらわれることもあります。接種直後は動物病院にてしばらく安静にし、その日は飼い主が様子をみるようにしましょう。

ワクチン接種した日は、できるだけ静かにゆったりと過ごさせるようにします。散歩は短時間であれば問題ありませんが、激しい運動はさせないようにしましょう。また、シャンプーなどストレスのかかることは2~3日は避けたほうが良いでしょう。

ワクチンの接種によって、解毒に関わる身体の機能に負担をかけてしまうこともあります。ミルクシスル種、クリバーズ、ゴールデンロッド、リコリス根、ダンデライオン根、ネトル、バードックなど、身体の内側からサポートする働きが期待されるハーブなどを取り入れる のも良いでしょう。


*参照元:VIP 5号2017年 特集ワクチン接種後アレルギー 犬におけるワクチン接種後アレルギー反応/大森啓太郞

ワクチンの種類と価格

混合ワクチンには、2種や3種、5種、6種、7種、8種、9種、10種など、さまざまな種類が販売されています。一般的によく使われているワクチンは、5~8種のようです。これらのワクチンが対応している感染症は、パルボ、ジステンパー、アデノウイルスをメインとして、それにコロナウイルスや犬パラインフルエンザ、レプトスピラなどが追加されています。

ワクチンの価格の目安が分かると安心だと思いますが、動物病院によって異なります。事前に確認をしましょう。おおよその目安ですが、参考にしてください。

・ 5~6種混合ワクチン  5,000円~7,000円ほど
・ 7~8種混合ワクチン 6,000円~9,000円ほど
・ 狂犬病ワクチン 3,000円~4,000円ほど

基礎疾患の有無、居住地域などによって推奨されるワクチンの種類が異なります。近くのかかりつけの動物病院に相談して決めるようにしましょう。またワクチンの種類、接種時期などは手帳などに記録しておきましょう。フィラリア予防のお薬の記録を残せる手帳 も市販されています。母子手帳のように使えて、病院が変わった際にも重宝します。

まとめ

パルボやジステンパーウイルス感染症など犬が発症すると重篤な症状に陥る病気は、身近に潜んでいます。子犬の集団発生の話も、残念ながらしばしば耳にします。ワクチンを打つことで、愛犬を病気から守ることができます。そして、集団全体のワクチン接種率を上げることによって、環境からこれらの感染症をなくすことにもつながります。日本は60年間狂犬病の発生のない国です(2(輸入症例は除く。2017年現在)。いつまでもそうあり続けるために、狂犬病ワクチンを軽んじることなく、毎年必ず接種するようにしましょう。

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。

獣医師が解説!犬のワクチン予防接種について」への11件のコメント

  1. 鈴木みほ

    以前の飼っていた犬は毎年ワクチン接種をしていました。大型犬でしたし、外にいることも多かったので、必要と思っていましたが、チワワを飼ったのを機に、今は毎年血液検査をして、ワクチンが犬の体内に残っているかどうか検査をして、抗体がの値が低い(新たにワクチン接種が要とお医者様から判断された時)のみワクチンの注射をしています。

    1. 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー Post author

      鈴木みほ様

      GREEN DOGの獣医師、伊東です。このたびは、コメントいただきありがとうございます。

      鈴木様は、パートナーの抗体価を確認してワクチン接種していらっしゃるのですね。ワクチンの副作用は少ないといえども、その可能性は伴いますので、とても良いことだと思います。
      ただ、日本で流通している単体のワクチンはごく僅かですので、場合によっては1種類の抗体価しか下がっていないにもかかわらず、混合ワクチンを接種せざる得ないことがあります。今後、日本での3年毎のワクチン接種の有効性が証明され、また単体のワクチンが増えれば、より鈴木様とパートナーの選択肢が広がっていくかと思います。

      これからもどうぞ”犬のココカラ”をお楽しみください。

  2. りぃ

    犬二匹を飼っていますが最初の5種混合ワクチン以来1度もワクチン接種してません。犬は4歳になります。
    来月ワクチン接種をしに行こうと思ってるのですが大丈夫でしょうか?
    一匹はアレルギー体質です。

    1. 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー Post author

      コメントをいただきありがとうございます。GREEN DOGの獣医師、伊東です。

      混合ワクチンを接種する予定なのですね。
      暖かくなり愛犬とのレジャーが楽しい季節になりましたよね。ワンちゃん達がたくさんいる場所や山などお出かけする時には、病気の感染リスクが高まります。ワクチンを接種することによって、より安心してお出かけができるようになるかと思います。

      ワクチン接種の際には、アレルギーのあることをかかりつけの獣医師さんによくご相談なさってください。
      接種後は病院内もしくは直ぐに病院に行けるところに待機し、パートナーの様子を注意深く観察することをお勧めいたします。

      これからもどうぞ”犬のココカラ”をお楽しみください。

  3. 児玉

    うちの愛犬は 3月に脾臓が腫れ上がり いつ破裂してもおかしくないとのことで先進医療の獣医さんを紹介してもらい脾臓摘出手術しました。その時の検査で悪性腫瘍が見つかったと言われ、ショックにうちひしがれてた所に、活性化リンパ球療法と言うのを勧められて、それを6クールするのを了承しました。高額な治療ですが大切な家族だから何がなんでも助けたくて治療してもらってます。
    で、ふと狂犬病の予防接種や8種ワクチンを今年受けてないのに気付き、前のかかりつけの獣医さんに相談すると「治療中は予防接種はしなくていい」とのことでした。けど、先進医療の獣医さんは、「じゃあ次回活性化リンパ球療法と同時に接種しましょう」と、言われ、次回というのが近く迫って来てるので色々調べてワクチンの怖さも知りました。
    ちなみに、うちの愛犬は11歳の雌です。
    前回は、何も知らなかったので活性化リンパ球療法と同時に狂犬病の接種もしました。
    調べまくるうちに疑心暗鬼になって、このページを見つけて藁をもすがる思いで質問させて頂きました。

    1. 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー Post author

      GREEN DOGの獣医師、伊東です。このたびは、コメントいただきありがとうございます。

      ご愛犬の腫瘍の治療をなさっているとのこと、さぞかしご心配をされていることとお察し申し上げます。
      ワクチン接種を考えていらっしゃるとのことですが、実際のご様子を拝見していないため、一般的なお返事となりますことをご了承ください。

      こちらの記事にも記載しておりますが、狂犬病の予防注射を含む全ての予防注射は、副反応が発生する可能性があります。ご存知の通り、狂犬病のワクチンは法律で接種が義務付けられています。しかし、高齢であったり、心臓病や腎臓病、重篤の病気を患っていてワクチン接種により命が危険の晒される恐れがある状態であれば、狂犬病ワクチンの接種は猶予されます。
      また混合ワクチンは任意ですので、必ずしも接種しなくてはならないというわけではありません。

      前回の接種は問題ないということでしたが、ご愛犬の身体状態も日々変化していると思います。児玉さまのご不安なお気持ちをご担当の獣医師にお伝えし、よく相談してからご判断なさってはいかがでしょうか。

      ご愛犬におかれましては、くれぐれもお身体お大事になさってください。
      これからもどうぞ”犬のココカラ”を宜しくお願い致します。

  4. 児玉

    アドバイスありがとうございます!今日診察日で、ギリギリのタイミングでアドバイスを拝見させて頂いたので、ワクチンはお断りしました。なぜ受けないのかと聞かれましたけど、自分達を信用してないのかと言われそうだったので経済的な理由で、とお断りしました。前のかかりつけの医師も受けさなくていいとおっしゃってたけど、念押しで聞いたら
    医師同士の兼ね合いもあるのか、担当医師に相談してくれと言われてました。 相談といっても、受けさせる気まんまんだったし。
    ワクチンのリスクをまったく知らなかったので、このページに出会えて本当によかったと思ってます!
    高齢だしなるべくリスクを減らせたいです。
    アドバイスありがとうございます!

  5. 為実さゆり

    10歳ミニチュアダックスフントです。
    生まれた時から、ワクチンの度にとくに顔が腫れて痛々しい ワクチンの前に腫れないように注射をして受けています。ワクチンのメーカーを変えたり・・大丈夫かなと、6時間後くらい腫れきたり、主治医の診察時間が過ぎていて連絡が取れずに遠くまで、動物病院を探して行った事もあります。
    一晩中点滴治療したり・・
    最近は、動物病院も信頼出来るとこが見つかり
    ワクチン後の腫れは、無くなりましたが、水をガバガバのむ事は、変わりませんそれだけならいいんですけど
    去年くらいから心臓、腎臓、副腎などの薬を飲んでいます。月1でクッシングの検査をしています。
    GPTの数値がずうと1000を超えています
    ALKPは、2354
    ワクチンが原因ではないのか・・
    今度、ワクチンしたらもっと悪い状況になるのではと、心配しています。
    グリーンドックさんでは、親切丁寧に食事の事とか相談にのって頂けました。
    トリーミングも最高です。
    ありがとうございます

    1. 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー Post author

      為実さゆり様

      コメントをいただき、またいつもグリーンドッグをご利用いただきありがとうございます。
      GREEN DOGの獣医師、伊東です。

      ミニチュア・ダックスフントのパートナーにワクチンのたびに副反応がでていたのですね。
      それは、随分とご心配されたことと思います。
      信頼できる動物病院が見つかり、副反応もでなくなったとのこと、本当に良かったです。

      今は心臓や腎臓、副腎の治療をなさっているのですね。
      ワクチンの副反応としては、過敏な体質の子にアレルギー反応やアナフィラキシーショック、
      呼吸困難を生じることがありますが、心臓や腎臓、副腎に障害を与えるというものではありません。

      ただ、現在病気を患っている場合には、副反応のリスクが高まりますので、より一層、ワクチン接種
      は慎重にすべきです。パートナーの様子をみながら、かかりつけの先生とよくご相談し、
      判断なさるのが宜しいかと思います。

      パートナーの容態が少しでも良くなることを、私も心より願っております。
      どうぞお大事になさってください。

  6. ふじき

    初めまして
    1歳になる犬を飼ってみようと思っていますが
    ワクチンはしていないとのことですが健康に問題はないのでしょうか
    病気になりやすいとかなど、今後が心配です。
    ご回答よろしくお願いいたします。

    1. 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー Post author

      ふじき様

      GREEN DOGの獣医師、伊東です。このたびは、ご質問いただきありがとうございます。
      1歳になるワンちゃんをパートナーとしてご検討中なのですね。
      とても素敵なことと思います。
      実際にワンちゃんを拝見していないので、一般的なご回答になりますことご了承ください。

      ワンちゃんはワクチンはしていないとのことですが、今は元気な様子ですか?
      過去に伝染病による大病を患ったなどなく、元気に過ごしているのであれば、
      1歳までのワクチン未接種が原因で病気になりやすくなる、ということはありません。

      しかし、今後は重要な伝染病を予防するために、ワクチン接種をされることをおすすめします。併せて、動物病院でしっかりと健康チェックをしてもらうとご安心かと思います。

      ふじき様、このたびはご質問ありがとうございました。
      これからもどうぞ”犬のココカラ”を宜しくお願い致します。

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)