2016.12.12皮膚・被毛のケア

お肌の曲がり角?犬の皮膚にできるシミの原因とケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の皮膚にできるシミの原因とケア方法

愛犬のお腹や毛の薄い部分に、ふと見慣れないシミができていることがあります。私たちヒトで一番気になるのは、日焼けによるシミ。犬は毛で全身を覆われているので、私たちほどは問題にはなりません。

犬のシミの中には、病気ではないもの、ある種の病気によって二次的に起こるもの、そして皮膚がんによるものなどがあります。今回は犬のシミの原因とケア方法についてお届けします。

原因は不明でも病気ではないもの

病気ではないシミ

シミは刺激でメラニン色素が過剰に産生されてしまったもので、周りのとの境界線は不明瞭で色にムラがあります。殆どの犬は全身を毛で覆われていますが、鼻の先など毛の薄い部分やサマーカットで皮膚があらわになっている部分、何らかの影響で脱毛している部分などに長期的に強い紫外線が当たるとシミができることがあります。

日焼けによるシミに関しては、それ自体が問題にはならないのですが、強い直射日光に犬の皮膚をさらしすぎると、皮膚の乾燥や炎症を引き起こすこともありますし、皮膚がんの原因になる可能性もあります。人と同じように紫外線に対するケアは必要でしょう。

犬にも黒子、いわゆるほくろは発生します。ほくろは、メラニン細胞が部分的に多く存在し、メラニン色素が過剰に皮膚に沈着したものです。一般的には歳をとると茶色~黒現れやすくなってきます。特に、ほくろができやすい犬種や性差などはなく、原因は明らかにはなってはいません。

お腹、鼻、唇などの皮膚に茶~黒色にまだら状にシミができて、それが大きくなったり、部分的に広がったりします。ほくろは色が均一であり、周りとの境界がはっきりしているのが特徴です。

犬では、ほくろそのものががんに発展することはなく、見た目は気になるかもしれませんが、治療の必要性はありません。しかし、皮膚の色が濃くなり、周りとの境目がはっきりしていなかったり、盛り上がっていたりする場合は、楽観視はできません。特に急に大きく広がったものは、ただのほくろやシミでない可能性がありますので、動物病院にすぐに相談したほうがいいでしょう。

病気によって二次的にできるシミ

病気によるシミ

炎症後や内分泌疾患に伴って色素沈着がみられることがあります。この場合、ケア方法はおもにシミの要因となっている病気の治療となります。

細菌や真菌感染によるもの
引き続く炎症の刺激によって皮膚の色素(メラニン)を作る細胞(メラノサイト)が異常反応して、一時的にメラニンを量産し色素沈着するものです。完治すると皮膚の状態が良くなっていくため、メラノサイトの異常反応はすぐに治まり、いつもの状態に戻ります。

アレルギー性皮膚炎の痒みに伴ったもの
アトピーや食物アレルギーなどは強い痒みが特徴です。皮膚を掻く刺激によって、メラノサイトが色素を作りだすことによって色素沈着し、皮膚が黒ずみます。

内分泌疾患によるもの
副腎皮質機能亢進症(クッシング)や甲状腺機能低下症に伴って、まだら状のシミが全身に広がったり、広く黒ずみのようなシミがみられたりします。

皮膚がんかもしれないシミ

皮膚にシミのようにみえるがんの可能性がある腫瘍性のものはいくつかありますが、代表的なものにメラノーマ(黒色腫)があります。メラノーマは、皮膚の色素(メラニン)を作る細胞(メラノサイト)が腫瘍化したもので、良性と悪性があります。

メラノーマは、皮膚に茶色~黒緑色のシミを発生させます。ごくまれに、腫瘍細胞がメラニン色素を産生せず、色素沈着をともなわない病変として現れることもあります。日本での悪性のメラノーマの発症は、ヒトの場合、1年間で10万人に1~2人とされ、発生率は高くありません。

一方、犬では、ヒトよりかなり高い確率で発生します。発症の原因ははっきりわかっていませんが、刺激や黒い毛色の犬と高齢犬に多く発症します。メラノーマは全身のあらゆるところにできますが、被毛のある皮膚にできるメラノーマのうち、85%は良性という報告があります。

しかしながら、唇やまぶたなどの皮膚と粘膜の境界や、口腔粘膜や爪下にできるメラノーマには悪性のものが多い傾向があります。特に、口腔内や爪下にできるメラノーマは増殖が早く、リンパ節や肺へ高頻度に転移を起こします。口腔内にできたものは、発生場所の特性から取り切ることが難しく、また爪下にできたものでは、断脚を余儀なくされることもあります。

良性と悪性の区別は、肉眼でできるものではありませんので、確定診断のためには、問題のある皮膚を切り取って診断する必要があります。

おわりに

皮膚にできるシミは、放っておいても良いものと、一刻も早く動物病院で検査が必要なものがあります。

突然に現れて急激に広がるシミは要注意です。また隆起し、周りとの境界線がはっきりしないものも直ぐに対応が必要です。残念ながら、犬においてはヒトよりも悪性のメラノーマが多いので「歳だから…」「日焼けしたのかな?」などと簡単に片付けずに、シミの大きさや形、広がり方を観察して、少しでもおかしいと思ったら、かかりつけの動物病院や皮膚の専門医に相談するようにしましょう。

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。
伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

最新記事 by 伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)