シニア犬と元気に暮らす秘訣【第3回】おすすめするには理由があります『NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント』

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料!15時までの注文で当日発送
GREEN DOG
T-POINT貯まる!使える!

通販のご注文&お問い合わせはこちら

0120-73-1238
10時~17時
(日除く)
  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. シニア犬と元気に暮らす秘訣【第3回】おすすめするには理由があります『NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント』

シニア犬と元気に暮らす秘訣 第3回

7歳からのごはんはこれに決まり!おすすめするには理由があります。
『NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント』

7歳を前後に気になりはじめるのが、パートナー(愛 犬)の老化。 たとえ、同じ犬種・同じ年齢であっても個体差はあり、パートナーによって気になることはいろいろ。 黒かった被毛に白い毛が混じったり、前は好きだったごはんを残すようになったり...。 「今のごはんに満足はしているけど、年や身体のことを考えてフードを見直した方がいいのかな?」と 不安に思われているオーナー様も多いのではないでしょうか。


◆ 7歳からのごはんは、量より"質"に気をつけて。

一般的に犬は、7歳前後から内臓機能や代謝が衰え、消化機能にも負担がかりやすくなるといわれています。またシニアだからこそなるべく摂取したい栄養素も出てきます。 「うちの子は、まだまだ若い!」と、パートナーの日々の変化を見逃さないように。7歳からの食事は、"消化"と"栄養素"と"おいしさ"に注目して選びましょう。

「じゃあ、どんなごはんをあげたらいいの?」

パートナーの老化いついて考えはじめたオーナー様にオススメ!

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント


「NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント」がシニア犬にオススメなワケ

  1. 1 善玉菌と消化酵素配合だからお腹にやさしい!

    消化とともに消化機能が衰え、胃液の分泌能力が低下してきてしまいます。

    NOW FRESHは、健康に欠かせないプロバイオティクス(腸内善玉菌)とその増殖をうながすプレバイオティクス、そして加工品には不足しがちな消化酵素をしっかりと配合。 一般的なドライフードでは補いにくい消化酵素が手軽に補えます。

  2. 2 穀物不使用で犬の食性にぴったり!

    元々肉食傾向の犬は、穀物の消化が苦手。

    NOW FRESHは、犬にとって消化しづらく、胃腸への負担と栄養吸収の低下が懸念されている穀物を一切使用していません。 お肉が主原料の穀物不使用(グレインフリー)ドッグフードです。

  3. 3 シニア犬に欠かせない良質なタンパク質がたっぷり!

    最近ではシニア犬にとっても、タンパク質がとても大切ということが分かってきています。

    NOW FRESHの主なタンパク源は、新鮮なターキー、ダック、サーモンの種類。しかも生肉だけを使用しているので、シニア犬に必要なタンパク質がしっかり摂れます。

  4. 4 4種類のベリーでサビにくい身体をつくる!

    いつまでも若々しくいるために、欠かせない食材を積極的に摂りましょう。

    NOW FRESHは、フィトケミカルを豊富に含んでいるといわれる4種類のベリー(ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー)を使用。 ドライフードで使用されているのはまだ珍しく、フィトケミカルの力で元気な身体をサポートします。

  5. 5 香りと風味で食欲アップ!

    若い頃は食欲のあったパートナーでも、高齢になると徐々に食欲が減ってくる場合も。

    NOW FRESHは、生肉以外にも新鮮な野菜やフルーツ、オイルを使用。さらに新製法を採用し、できるだけ栄養を壊さず、素材のチカラを最大限活かす工夫がされています。 素材の風味が活きているので、パートナーもおいしく完食してしまいます。

パートナーに合った食事のカタチを見つけましょう

食欲のないパートナーには、1回に与える量を減らして食事の回数を増やすことで弱った胃腸への負担も減らすことができます。 また、カリカリのドライフードのままだと食べにくそうというときは、ぬるま湯でドライフードをふやかすのがオススメです。
NOW FRESHは他のドライフードに比べてふやけやすく、お湯でふやかすことで香りが立つのでパートナーの食欲をさらにそそります。

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント

たくさんのシニア犬オーナー様から「NOW FRESHと出会ってよかった!」という嬉しいお声をいただいています!

喜んで食べてくれます!

だんだんシニアな領域に入ってきたうちのコ。消化も良くて、新鮮な食材のフードという事で試してみました。ローカロリーな所も気に入っています。袋を開けた時のにおいはじゃがいものようなにおいが強いかな。でもおいしそうなにおいです。うちのコは喜んで食べてくれます。 (ラブラドールレトリバー 7歳)


早くにシニア用のフードにすれば良かった!

13年間某ナチュラルフードを食べさせていましたが、たまに嘔吐する事があり、何か合うフードがないかと色々試しました。結果、このフードが便の調子が良いです。早くシニア用のフードにすれば良かったと思いました。 (シェッドランド・シープドッグ 14歳)


ようやく出会った感じです!

ここ最近、食欲がなくていろんなフードに切り替えてようやく出会った感じです。とにかく一粒も残さず気持ちいい食べっぷりでウンチも朝晩しっかりしているので今ではなくてはならないフードになりました。 (柴犬 10歳)


おなかの調子がよくなりました!

まだ食べ始めて間もないですが、このご飯はなんか良い気がします。去年、手術してから下痢が多くなっていたので心配していましたがコレに切り替えてから便通がよくなってます。ちゃんと形がある感じの便です、やはり、消化酵素やプロバイオが効いているのでしょうか!?これからもっと様子を見たいと思います。 (M・シュナウザー 10歳)



シニア期を迎えたパートナーのためにできること
~オーナー様の愛情はパートナーにとって最高の贈り物~

心掛けておきたい、シニア期を迎えるパートナーとの生活のコツとは?

ホリスティックケア・カウンセラー日笠克枝

【Vol.3】いつまでも若々しく

以前、シニア犬の食事を考える際に体重や体格のコントロールをすることがポイントになるお話をしましたが、今回は少し視点を変えてお話ししましょう。

活性酸素」って聞いたことはありませんか?活性酸素は酸素を体内に取り込むことで生成され、有害物質から身体を守る役割を果たしています。ただ、その一方で過剰に摂取すると身体の細胞や組織を攻撃するという性質も持ち合わせているものです。しかも現代のパートナーのまわりには活性酸素を増やす要因(※後述)があふれています。身体の細胞や組織が壊されると、ガン細胞が発生したり、細胞の動きを止めたりすることにつながります。

そのため、健康に長生きするには

・活性酸素を過剰摂取しないこと
・摂取した活性酸素の攻撃を阻止すること

この2点がポイントになります。

■活性酸素を過剰摂取しないこと
活性酸素を増やす要因は多岐にわたります。排気ガス、紫外線、殺虫剤、電磁波、喫煙(タバコの煙)食品添加物、薬物、ストレス、激しい運動など挙げるとキリがありません。 しかし現代社会においてすべてを避けることは不可能ですので、例えばお散歩コースは交通量の多い道路を少し避ける、パートナーの側でタバコを吸わないなど、まずはできそうなことからはじめましょう。

■摂取した活性酸素の攻撃を阻止すること
活性酸素の攻撃を阻止する物質として今注目されているのが「抗酸化物質」です。抗酸化物質はもともと体内で作られているものですが、年齢とともに生産量は減少していきます。 そのため外部つまり食事から取り入れることがポイントになります。抗酸化物質を豊富に含む食材は緑黄色野菜(ブロッコリー、人参、かぼちゃなど)、 果物(ブルーベリー、キウィ、いちごなど)、ハーブ(フラックス、ボリジ、ガーリックなど)、またコエンザイムQ10などがあります。

これらの知識を活用する上で大切なことは、いくら身体に良いからといってひとつのものをあげ続けたり、抗酸化物質が豊富な食材だけにこだわって食事の内容を考えたりしないことです。 抗酸化物質以外にも身体が必要としている栄養素はたくさんあります。視野を広く持ち、まんべんなく栄養を摂取していつまでに長生きできるパートナーでいてもらいましょう。

目指せ、ご長寿犬!皆の元気の秘訣とは?

「カラダに良いモノ」で「おいしく完食」!


ホリスティックケア・カウンセラー遠藤和義

ホリスティックケア・カウンセラー 遠藤 和義
[パートナー:MIX ダイアナ 13歳]

ダイアナ

昔はどんなフードでもおいしそうに食べてくれていましたが、数年前からドライフードがあまり好きではなくなりました。 何かトッピングをしないとドライフードだけでは食べてくれなくなったのです。 単なる好みの変化? しつけの問題? 体調の変化? 本当のところは本人にしか分かりません。

しかし、一般的にはシニアと呼ばれる年齢ですし、腫瘍の手術をしたこともあるので、食事についてはとても気がかりでした。 当たり前のことですが、しっかり食べてきちんと栄養を摂ってほしいと思っています。そんな事情もあって、ダイアナの食事で私が普段から心がけていることは、「カラダに良いモノ」で「おいしく完食」してもらうこと!

いろいろ試行錯誤しましたが、彼女がいちばん満足してくれた食事は冷凍の生食フード。ダイアナは、元々おしとやかでお嬢様のような性格ですが、今ではすっかりおばあちゃん。 でも、肉食動物だけあってやっぱりお肉が大好き。あまり好きでないドライフードでも、冷凍の生食フードを混ぜてあげると喜んで食べてくれます。もちろん毎日完食です。

ダイアナの健康のために、最近は必須脂肪酸のオメガ3が豊富な魚油を積極的に取り入れています。 そのおかげなのか、初めてダイアナに会った人に年齢のことをお話しすると「そんな年には全然見えないですね」とよく驚かれます。

昨年には2回目の腫瘍の手術を行いました。いつまでもダイアナと楽しく暮らすために、まずはおいしくってカラダに良い食事から彼女の健康をサポートしていきたいと思います。

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. シニア犬と元気に暮らす秘訣【第3回】おすすめするには理由があります『NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント』