クレートトレーニング日記 ステップ1

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料!15時までの注文で当日発送
GREEN DOG
T-POINT貯まる!使える!

通販のご注文&お問い合わせはこちら

0120-73-1238
10時~17時
(日除く)
クレートトレーニング日記 ステップ1
クレートトレーニング日記 ステップ1
チャレンジャー:
あんり ♀ 1歳8ヶ月(2005.6月現在)

オーナー様にインタビュー
クレートトレーニングを始めようと思ったきっかけは?
外泊や移動時にクレートに入ってくれると安全だと思い、始めてみようと思いました。

クレートトレーニングについて不安に思っていることは?
犬は狭いところの方が落ち着くとよく聞きますが、自宅でもハウスを使っておらず、ケージのような狭い区切られた空間に入るのも嫌がります。そのためあんりにとってクレートの中が安心できる場所になるのか心配です。

クレートトレーニングってどんなイメージをお持ちですか?
大変そうですが、飼い主のがんばり次第かなとも思います。頑張りますp(^^)q

それでは具体的にどのようにクレートが安全な場所であることを教えていけば良いのか?
段階を分けて考えてみましょう。

ステップ1

1日目

photo おやつをクレートの手前から少しずつ奥へ入れていき、あんりを食べに行かせました。

始めは前肢しかクレートの中に入れられなかったんですが、最後には中で一回転できるようになりました。でも、どちらかというと、おやつ欲しさに必死という感じです(^^; 終わってからも、おやつを探しに自分からクレートに入って行きました。

アドバイス

初日にしては上出来です!
ただ、長時間のトレーニングは犬を疲れさせるだけなので、短時間に分けて徐々に関わりましょう。


4日目

トラブル発生!

急にクレートを怖がるようになり、一度も入ることができませんでした。
初期に戻ってイチからやり直そうと思ったのですが、中に入るどころか、クレートに向かって吠えまくってしまいました(T_T)
今日は諦めてトレーニングは中止しました。


5日目

クレートを怖がらなくなるように、まずは簡単なこと(クレートの手前にあるおやつを拾う)ことから始めました。
今日はあまり怖がらず、おやつを拾っては中で一回転して外に出てくるのを繰り返していました。
昨日のような恐怖心はなく、おやつを必死で拾いに行っていました。昨日の出来事は何だったのでしょうか...。


1週間目

また急に怖がりだして、吠えまくりでした。

クレートの中におやつを入れ、私が部屋から出て行くと静かになります。しばらくして様子を見に行くと、クレートの中のおやつはありませんでした。その後もおやつを探しに入っていっていましたが、とにかく吠える吠える...。

おやつを取るとすぐにクレートから出てしまいます。
もう少し長い間、クレートに入れるように工夫したいのですが、どうしたんでしょうか。また恐怖心もなくしていきたいです。


アドバイス

クレートを怖がるようになり、おやつを取りにクレートに入ってもすぐ出てしまうとのことですね。恐怖心もある状態で長い間クレートに入るようにするのは難しいのですが、例えば、おやつをクレートに入れるのではなく、普段のお食事をクレートの中で食べさせてみてはどうでしょうか?
もちろん、初めから奥にフードボールを入れるのではなく、日にちをかけて手前から徐々に移動してあげてくださいね。


2週間目

クレートに向かって吠えまくることがおさまらず、恐怖心も持ったままなので、アドバイスどおりご飯をクレートの中に入れました。入り口付近からはじめましたが、怖がらずに食べてくれました!
日ごとに奥のほうに置いていきましたが、大丈夫みたいでした。少しずつ慣れてきたようなので、おやつを使ったトレーニングも再開したいと思います。

アドバイス

クレートに対して怖いという印象があるのであれば、それをすぐに改善することは難しいです。しかし、時間はかかりますが、徐々に慣らしていくことは可能なので、長い目でみてあげてください(^^)


3週間目

photoおやつを入れるとクレートの中に入るようになりましたが、後肢だけ出てしまいます(クレートが小さすぎたのかしら???)
クレートの一番奥におやつを入れても、後肢をクレートの外に出した状態で食べることができるので、改善することができません(T T)

また、ちょっとおかしな行動をするようになりました。
おやつをとりに行く前に、必ず一度自分でクレートの扉を閉め、再度自分でドアを開けておやつを取りに行きます。
何故なんでしょうか...?
クレートには慣れてきたのですが、全身を中に入れることができません...。


アドバイス

トレーニングの回数が増えていくにしたがって、恐怖心も徐々に低下しているようですね。焦らずこの調子でいきましょう!一度自分でクレートを締めてから再度自分であけ、おやつを取りに行くとのことですが、扉が気になるのかもしれませんね。取り外しができるのであれば、一度ドア部分をはずした状態で様子を見てはいかがでしょうか?


このページの先頭へ
HOME > ネットショップ > 特集一覧 > クレートトレーニング日記 ステップ1