食事の変更体験記3.ドライフードから生食(ローフード)へ

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料!15時までの注文で当日発送
GREEN DOG
T-POINT貯まる!使える!

通販のご注文&お問い合わせはこちら

0120-73-1238
10時~17時
(日除く)
  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. 食事の変更体験記3.ドライフードから生食(ローフード)へ


ドライフードから生食(ローフード)へ

パートナーのプロフィール

名前:オスカー
犬種:コリー
性別:♂
年齢:1歳
現在のフード:ネイチャーズバラエティ ドライフード
チャレンジするフード:ネイチャーズバラエティ フローズンフード

悩み・トラブル

消化器官が弱い
精神的にもろく、ストレスを感じやすい
体重が増えず、痩せすぎ

チャレンジしようと思ったきっかけ

もともとの消化機能が低くよくお腹を壊してしまっていたので、1番影響の高いフードを替えることによって、何かが少しでも良くなってくれればと思い探していた中、消化酵素やプロバイオティクスなどが生食には豊富に含まれていると聞き、興味を持っていました。しかし、やはり時間的な問題や栄養バランスの心配で始められなかった中、生食を発見し、手軽に試せる生食に惹かれて始めました。

オスカーくんの体験レポート

1日目

いよいよ今日からスタート!
初めての生食で、どうなるかちょっと不安&心配。切り替えは少しずつと思いながら作った初の生食。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

お腹が弱い子には、初めての量が多過ぎるかもしれません。お腹も弱いようですので、新しいものに慣れるまでに時間がかかる場合が多く、もっと少なめから始めたよほうが良かったかもしれません。

2日目

昨日の夜から寝れないほど続く下痢の嵐・・・
食べて数時間後から2、3時間間隔で外に出たがり、毎回水便。しんどそうで、外に出ようとする姿を見る度に切なくなりました。生食は合わないのでしょうか。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

寝れないほど続くのは、オーナー様もパートナーも辛いですね。フードが合わない可能性も考えられますが、量が多過ぎたのかもしれないですよ。

3日目

治らない、止まらない下痢...
昨日の夜から断食中。水分はガブガブと飲んでくれるので安心だけど、ご飯が食べれないし、しんどそう。ちょっと治り始めたら、ドライに戻そう...。

4日目

少しづつ治り始めて、食事ができるように。
やっと便の調子も落ち着いてきて、食事を少しづつ再開。ドライと缶に戻してみましたが、今日はまだ相変わらずでした。

7日目

フードの割合0:10

やっと体調も復活。生食はやめ、完全ドライフードに戻す。
やっぱり慣れたドライフードの方が体調も良いのかもしれないなと悩み始め、食事の影響の大きさを改めて実感。

そして3ヶ月の月日が経ってまた...

周りの話や情報につられ、またしても生食の道を考えなおす。
やっぱり、消化のことを考えると気になる生食。でも、前回のことを考えると、また同じことが起きるといやだし...悩む。

再開後7日目

そして再チャレンジの時!!
いろいろなサイトを見ている中で、"量"がすごく関係していることを発見。
多すぎたのかもしれないと思い始め、もう一度チャレンジすることに決定。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

同じことが起こるかもしれないという不安は誰しもが抱いているもの。
生食は、今まで食べてきたドライフードとお腹が対応しなければいけないことが全然違うので、切り替えの時にトラブルは起こりやすいですが、その分、消化酵素やプロバイオティクスを豊富に含んだ生食は、消化器官への負担がとても少ないと言われています。切り替えさえ、しっかりできれば、後はパートナーの身体にとっても、満足感も十分あるはずです。

再開後8日目

おやつ感覚

まずは、おやつ感覚で間食に試してみることに。
ご飯に混ぜるとどうしても多く混ぜてしまうので、間食にちょっとおやつとしてあげてみました。とっても美味しそうに食べて、もっとほしそうでした。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

確かに、切り替え初めの量は難しいところですね。混ぜて与えるのは、ほんとうに"ちょっぴり"からが安全。なので、おやつとして使うのはとっても良いアイディアですね。美味しそうに食べてくれるとすごく嬉しいですよね。

再開後14日目

様子見

与える回数を増やしてみて、様子を観察中。
おやつとして少しづつ与える量を増やしてみていますが、今のところ体調に大きな変化もなく、相変わらずとっても美味しそうに食べてくれます。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

確かに、切り替え初めの量は難しいところですね。混ぜて与えるのは、ほんとうに"ちょっぴり"からが安全。なので、おやつとして使うのはとっても良いアイディアですね。美味しそうに食べてくれるとすごく嬉しいですよね。

再開後21日目

フードの割合1:9

いざチャレンジ!フードにトッピングを開始。
間食として、食べていた量よりも少しすくないくらいの量を今のご飯に混ぜて与えてみました。いつものドライフードだけの時より、すごくおいしそう!

再開後24日目

以前よりも体調が整ってきたみたい!
ドライフードだけの時よりも、全然おいしそうに食べてくれるオスカー。便の調子もよくて、とっても順調です。

再開後21日目

切替

無事、完全に新しいフードに切り替えることができました。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

ドライフードを食べつづけていたパートナーにとって食べ慣れていない生食は、対応しなければいけないことがたくさん。ただ、一旦切り替えてしまった後は、自然の消化酵素やプロバイオティクス、その他ビタミン・ミネラルが身体に負担をかけずに、パートナーが持っている自然治癒力を引き出すお手伝いをしてくれます。
おいしそうに食べてくれるみたいで、良かったです。

オーナー様のコメント

完全に切り替えてから、お腹を壊すことも減りました。何よりも、毎日とってもおいしそうに食べてくれるのが嬉しいです。また、あまり体重は増えないものの、以前よりガッシリとした体格になり、被毛はとても艶がでてきました。そして、後ろ足の骨のつき方も見た目にはあまり分からないほどです。

途中で躊躇してしまった時期もありましたが、今では、ドライフードよりも生食(ローフード)の方がオスカーに合っているのかなと思います。これからも続けていきたいです。

このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. 食事の変更体験記3.ドライフードから生食(ローフード)へ