食事の変更体験記1.ドライフードから別のドライフードへ

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料!15時までの注文で当日発送
GREEN DOG
T-POINT貯まる!使える!

通販のご注文&お問い合わせはこちら

0120-73-1238
10時~17時
(日除く)
  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. 食事の変更体験記1.ドライフードから別のドライフードへ


ドライフードから別種類のドライフードへ

クー

パートナーのプロフィール

名前:クー
犬種:Mix
性別:♂
年齢:8歳
現在のフード:ナチュラルバランス ウルトラプレミアム
チャレンジするフード:ネイチャーズバラエティ ドライフードチキン

悩み・トラブル

もともと消化器官が弱いが、加齢と共に最近よく軟便をする
毛艶をよくしたい
自然治癒力を高め、健康な生活を送って欲しい

チャレンジしようと思ったきっかけ

小さい時からよく下痢をし、お腹が弱いようです。シニア期に入り、最近、便がゆるくなることが増えてきました。毛艶も落ちてきており、同じフードを食べていても毛がパサパサしてきたため、今のクーにとって、もっと合うフードを探そうと思いました。

クーちゃんの体験レポート

1日目

フードの割合5:5

今日から新しいフードを加え始めることにしました。
「新しいフードに替える時は、前のフードに混ぜていく」と本に書いてあったので、5:5の割合で混ぜてみました。
少し新しいフードを残してしまいました。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

前のフードと混ぜ合わせてあげることはとても大切ですが、混ぜる割合が多い可能性が考えられます。特にシニアのパートナーの場合、今まで食べていた物に親しみを持っているため、お腹だけでなく、嗜好性の面を踏まえても、もっとゆっくり移行してみてはいかがでしょう。

2日目

翌日は元気も変わらないものの、軟便になりました。
なのでまず、昨日より混ぜる割合を変えてみることにしました。

まずは(新しいフード:以前のフード)⇒1:9からスタート

3日目

元気や食欲はあるものの、まだ軟便は変わらず・・・。
やっぱりこのフードは合っていないのでしょうか?とりあえず、今日も1:9の割合で様子を見てみることにしました。

ホリスティックケア・カウンセラーのひと言アドバイス

シニアのパートナーは加齢と共に消化能力が低下しています。また、クーちゃんはもともとお腹が弱いとのことなので、新しい食事に慣れるまで時間がかかる可能性が考えられます。
このような場合、消化を助けるサプリメントを一緒に混ぜてあげることで、改善を早めてあげるのも1つの方法です。

4日目

軟便は少し改善されましたが、まだ心配なので消化を助けるサプリメントとしてグリーンザイムを加えることにしました。

5日目

普通の便に戻りました!
今日から少しずつ、新しいフードの混ぜる割合を増やしていきます。
フードの割合(新しいフード:以前のフード)⇒2:8

6日目

フードの割合3:7

特に問題ないようなので、新しいフードの割合を増やしてみました。
フードの割合(新しいフード:以前のフード)⇒3:7

7日目

最近調子が良いので、フードを混ぜる割合もペースを上げることにしました。
フードの割合(新しいフード:以前のフード)⇒5:5

10日目

無事、完全に新しいフードに切り替えることができました。

オーナー様のコメント

若い時と元気は変わらなくても、内臓は確実に年をとっているんですね。焦らず、その子のペースを見つけてあげ、時間をかけたりサプリメントを活用したりすることで、クーの身体への負担を減らすことができるということに気づきました。初めは新しいフードを警戒して残しましたが、徐々に「おいしい」と認識してきたようで、今では以前以上に食事の時間が楽しみのようです。気のせいかもしれませんが、少し毛艶もよくなったような・・・。これからも長生きしてね!

このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. 食事の変更体験記1.ドライフードから別のドライフードへ