災害時、パートナーと一緒に避難するために オーナー様が知っておくべきこと

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. 災害時、パートナーと一緒に避難するために オーナー様が知っておくべきこと

災害時、パートナーと一緒に避難するために オーナー様が知っておくべきこと

政府により「オーナー様とパートナー(愛 犬・愛 猫)の同行避難」は推奨されています。ただ、現状は...

現状はまだまだ同行避難をスムーズにできない状態

大きな災害があるたび、パートナーと暮らす被災者が自宅にパートナーを置いたまま避難してしまうことで、動物たちの保護が必要になるという問題が発生したり、オーナー様とパートナーが車内などの不快な環境で避難生活を送り、オーナー様がエコノミー症候群を発症してしまったり、といった悲しい話題がニュースとなります。

実は東日本大震災後、環境省のガイドラインでは、このようなことを防ぐため「オーナー様とパートナーは同行避難すること」を推奨しています。ただ、受け入れ条件や対応は自治体によって異なっており、受け入れ拒否される場合や、受け入れ態勢ができていない場合もあるのが実情です。

そんな時、すぐにあきらめたりオーナー様の想いを一方的に押し付けたりするのではなく、その時その場の状況に応じて、パートナーと一緒に避難できる手段を考え、行動することが必要です。そのために、日頃から知っておくべきことをご紹介します。

勘違いに注意!「同行避難」の意味をしっかり理解しよう

政府が推奨している「同行避難」は、「パートナーとオーナー様が"避難所まで"一緒に安全に避難する」という意味。同行したパートナーは、人と同じ避難スペース(居住スペース)に入る事はできず、基本、屋外もしくは居住スペースとは別の場所で過ごします。 一方、避難所の居住スペースでオーナー様とパートナーが一緒に過ごすことができるのは「同伴避難」です。同伴避難は、「ペット同伴可」が明示されている避難所で実施されていますが、そのような避難所はごく一部に限られます。 災害時、「同行避難」を「同伴避難」と同じ意味だと勘違いしたオーナー様により、トラブルが多数発生したといいます。ここはしっかり理解しておきたいポイントです。

避難所で、パートナーの受け入れや同じスペースでの生活を断られた場合、どうする?

避難所のようす

人と同じスペースで生活することが難しくても、人とパートナーの居住スペースや出入り口を別々にすることで、同じ避難所で過ごすことが認めてもらえる場合がありますので、提案してみましょう。

また、不慮の事故を防ぐ提案として、パートナーの飼育スペースには「オーナー様以外の人が触ったり、食べ物を与えたりしない」といったルールを掲示することを伝えてみましょう。

避難所では、周りの人への配慮を忘れずに。そのために行うべきこととは?

避難所で多いトラブルは?

環境庁の調査によると、パートナーとの同行避難が行われている避難所でのトラブルとして最も多いものに 「鳴き声や臭いなどの苦情」があげられています。

その他、

  • ・避難所でパートナーが放し飼いにされ、寝ている避難者の周りを動き回っていた
  • ・ノミが発生したなど、オーナー様による適正な飼育が行われていないことによるトラブル
  • ・アレルギー体質の方に配慮し、人と同じスペースで飼育することが難しい状況があった

という健康上への懸念が報告された事例も各地であったようです。

避難所ではパートナーの身体と心のケアを

吠える犬

避難所ではさまざまな人が集団生活を送っており、中には、犬や猫が嫌いな人も必ずいます。嫌いな人は、臭いや抜け毛、吠える、噛む、唸る、飛びかかるなどの行為を不快に感じることが多いので、避難所では最低限、ブラッシングなどのケアで抜け毛や臭いを軽減したり、排泄物や飼育スペースの掃除をして清潔を保つようにしましょう。 また、パートナーが吠える場合は、飼育スペースで何か異常が起こっていないか確認に行ったり、周りに配慮して場所を移動したりすることも必要です。

また避難所での生活は、人だけでなくパートナーにもストレスがかかります。どんなにしつけができている場合でも、被災のショックやいつもとは異なる環境のため「むやみに吠えない」「決められた場所で排泄する」といった、普段ならできることもできなくなる場合があります。そんな時は平常時と同じように叱ったりせずに、なだめたり落ち着かせたりするなど、心のケアも必要です。

普段から意識してほしい、オーナー様の社会的責任

パートナーを家族に迎えた瞬間から、オーナー様には終生飼養をはじめとしたさまざまな責任が生じますが、災害時には平常時以上に、オーナー様に多くの社会的責任が求められます。

「自分がすべきことをしていく」という心の持ち方をして、自分のしたことに対する見返りを求めず、少しでも穏やかに過ごせるようにしましょう。

そのためには、周りの人たち・避難所内外でのオーナー様同士の助け合いが欠かせません。普段から身近なオーナー様や近隣住民とよいコミュニケーションが取れている状態をつくって、非常時に備えておくことが大切なのです。

さいごに

いかがでしたか?まだまだ社会的な体制が十分でない「パートナーとの同行避難」は、オーナー様のみなさん一人ひとりの心がけと行動によって、よりよく実現していくことができるのです。今一度、以下の内容をチェックしておき、もしもの時に備えておきましょう。

同行避難をスムーズに行うために知っておきたいこと チェックシート

パートナーとの同行避難をスムーズに実現するため、避難所に提案すべきこと
  • 人と動物の居住スペースを棲み分ける
  • 人と動物の出入り口・動線を分ける
  • 「オーナー様以外動物を触らない」など、飼育スペースにルールを掲示する

心のケアを行う

周りへの配慮をふまえ、避難所で行うべきパートナーの心と身体のケア
  • 清潔を保つため、ブラッシングなど身体のケアを行う
  • パートナーができるだけストレスなく過ごせるよう、一緒にいる時間を増やしたり散歩をするなど、心のケアを行う
  • 排泄物、飼育スペースの掃除をきちんと行う
同行避難時のアクシデントを防ぐため、日頃から心がけるべきこと
  • 避妊・去勢手術をしておく(万が一パートナーが放浪しても繁殖を防げる)
  • ワクチン接種やノミダニ予防などの健康管理を行う
  • 避難所ではパートナーが人の生命、身体、財産へ害を及ぼす可能性があり、防ぐ必要があることを知っておく
  • 避難所では周りへの配慮と迷惑の防止が必要であることを知っておく
  • 身近なオーナー様や近隣住民とよい関係を保ち、協力し合える状態を作っておく

こちらもチェック 明日かもしれない災害に。非常食・グッズ・心構えなど、もう一度確認!

災害特集

このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. 災害時、パートナーと一緒に避難するために オーナー様が知っておくべきこと

ショッピングガイド

通販のご注文&お問い合わせはこちらTEL:0120-73-1238

営業時間:10:00~17:00
営業日:営業カレンダーをご参照ください。

お問合わせ

お届けについて

午後3時までの注文で当日発送(土日祝含む)
最短地域は翌日午前~受け取り日時指定可

※一部商品を除く
詳しくはこちら

送料・手数料について

新規登録時は送料・手数料0
2回目以降は>2,500円(税込)以上お買い上げで送料・手数料0円

※上記条件を満たさない場合は以下となります。
送料:全国一律648円、手数料:0円~324円(支払方法による)
送料・手数料について詳しくはこちら

支払方法について

豊富な決済方法をご用意
代金引換・クレジット・後払い(コンビニ、郵便局、銀行)・前払い(コンビニ・ペイジー・ジャパンネット銀行・楽天銀行)
詳しくはこちら

クレジットで利用可能なブランド
MasterCard、VISA、ダイナースクラブ、JCB、AmericanExpress、NICOS
後払いで利用可能な支払い方法
商品が届いてからコンビニでお支払い後払いでショッピングができます
前払いで利用可能な支払い方法
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルケーサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ペイジー

GREEN DOG STANDARD 安全基準 パートナーのフードに人間の食と同レベルの基準を。

人間の食品と同じレベルの安全基準を私たちは目指しています。
そのために、商品の選択基準を設けることはもちろん、24時間365日温度管理が可能な倉庫での保管や、不具合時の販売ポリシーを設け、皆さんのパートナーに届ける商品を管理しています。

無料相談

年間5,000件以上の相談実績

専門カウンセラーが、商品や
愛犬の健康の悩みにお答えします。
ちょっとした不安でも私たちにご相談ください。
詳しくはこちら
賞味期限公開

賞味期限公開

フードやおやつの賞味期限を公開。
通販でのお買い物の不安を解消します。
詳しくはこちら

営業日カレンダー

印の日:発送および電話注文のみ、電話でのお問い合わせ・健康相談はお休み
印の日:発送のみ、電話注文・お問い合わせ・健康相談はお休み
印の日:全てお休み

モバイルサイト

QRコード