GREEN DOG バイヤーブログ

GREEN DOGのバイヤーたちが、商品のこと、パートナーのこと…
さまざまなことを発信していきます

ホーム > パートナーと共に生き続ける

2016年1月18日

パートナーと共に生き続ける

みなさまこんにちは。バイヤーのとうはるです。

21年前の1月17日、私は神戸で阪神淡路大震災を経験しました。

いつものようにお弁当を作るため、お米を研ぎ、炊飯器にセットし、
炊けるまで少し寝ようと布団に入った直後でした。

あの日の事は今でも鮮明に覚えています。

当時我が家には犬はおらず、人間だけでの被災生活でしたが、
不便とストレスで、厳しい毎日を過ごしました。

そんな私も今は2頭の犬との生活。今もし、あの日と同じ事が起きたら。。。。

当時の記憶と照らし合わせて、パートナーと共に、生き続けるためにしておくべきことを
私なりに考えました。


1.助け合う仲間を持っておく。
  本当に大切です。21年前、我が家にも別に住む家族や友人がたくさん集まり、
  数日共に暮らしましたが、逆に支え合い助け合い、生きることが出来ました。

2.水、食事の確保。
  私の住むところでも電気が通ったのが数日後、水は1週間、ガスが1か月以上かかりました。
  また、近くで食事の販売が再開されたのも1週間以上後です。
  人間はなんとかなっても犬はそうはいきません。【備蓄】絶対重要です。

3.非難する場所の確保
  当時の我が家は幸いにも無事で、自宅で生活を続けることが出来ましたが、 
  もしだめだったら。。。と思うとぞっとします。
  非難場所がどこなのか?犬はOKなのか?どのように犬を連れていけばいいのか?
  を確認しておくのが必要だと思います。

4.覚悟
  犬と共に生き続けるという覚悟が必要だと思います。
  人間でもあのような場面では冷静な判断などできるはずはなく、
  それが動物である犬や猫なら尚の事パニックになると思います。
  そんな中彼らを守り、共に生き続けるという覚悟をもることから全ては始まるのかと。

私も心のどこかで、「小型犬だし、なんとかなる・・・」という気持ちが無いわけではありません。
でもなんとかならないのが、自然災害。
飼い主として責任を持って、自分と自分の家族を守りたいと、思いました。
1月17日。震災で亡くなられた方々の命を無駄にしないよう、
これからも生きていきたいと思います。

画像は、美しい神戸です。
daikanayam.jpg

とうはる





関連記事

  1. パートナーとのゆったりした時間

    みなさま、こんにちは!バイヤーの中嶋です。明けましておめでとうございます。本年も...

  2. あけましておめでとうございます。

    あけましておめでとうございます!バイヤーの榊田です。2016年GREEN DOG...

  3. 生のお肉を食べる!

    皆さん、こんにちは!バイヤーの榊田です。今日はごはんの話を~!我が家のパートナー...

  4. ナチュフレ通信④ 古代穀物を使っているワケ

    みなさん、こんにちは!バイヤーの中嶋です。 今日はナチュフレ通信第4弾!というこ...

  5. ~商品裏話~
    ターキーアキレス:大人気の秘密

    皆さんこんにちは~。ちばです。最近は、超小型ちゃんもさることながら、噛む力の弱い...

  6. ナチュフレ通信③ ドライフード工場へ潜入!

    みなさん、こんにちは。バイヤーの中嶋です!ナチュフレ通信第3弾は、いよいよドライ...

  7. ナチュフレ通信② 原材料への強いこだわり

    みなさん、こんにちは!バイヤーの中嶋です。本日はナチュラリー・フレッシュ通信 第...

  8. ナチュフレ通信① 生みの親ニュトリコさんのお話

    みなさん、こんにちは!バイヤーの中嶋です。すっかり秋らしい涼しさになってきました...

  9. フリーズドライ療法食!

    みなさん、こんにちは~!バイヤーの中嶋です。昨年からGREEN DOGでも取扱い...

  10. とことんコダワリ 鶏まるごと

    皆さんこんにちは~。ちばです。WITH GREEN DOGにはこだわり商品がいー...



ページトップへ