GREEN DOG バイヤーブログ

GREEN DOGのバイヤーたちが、商品のこと、パートナーのこと…
さまざまなことを発信していきます

ホーム > 新ブランド・ヘルマンの魅力 Vol.1~ヘルマンってこんな商品~

2016年7月13日

新ブランド・ヘルマンの魅力 Vol.1~ヘルマンってこんな商品~

タイトル1.jpg

当店に新しいフードブランド「ヘルマン(Herrmann)」が登場しました!

このフード、ドイツ生まれなんですが、一言ではお伝えしきれない魅力がいっぱい。
ということで、こちらのブログで新フード「ヘルマン」について、
私たちが込めた思いや耳よりな情報をお届けします。


商品画像.jpg



◆ヘルマンが提案する有機「ビオ」って何だ?◆

こんにちは。GREEN DOGバイヤーの國谷(くにや)です。
実は、ヘルマンは、私が2年前に海外でフードを探し回っている際に偶然出会い、
そのコンセプトに衝撃を受けてすぐに当店での販売を決めた、とっても思い入れの強い商品なんです。

さて、その衝撃とは?ここでみなさんに質問です。

「オーガニック」「有機」。この言葉を聞いて、みなさんはどんなことを思い浮かべますか?
有機に対するイメージといえば.jpg


私も、みなさんと同じでした。ヘルマンに出会うまでは...!


ヘルマンは、まぎれもなく「オーガニック基準」をクリアしたフード。
けれど、無農薬・添加物といった点は全くといっていいほど消費者にアピールされていませんでした。
なぜなら、それよりももっと大切なことを伝えているフードだったからです。


ヘルマンが提案するビオとは.jpg
(*ビオとはドイツ語で有機・オーガニックを意味します)



猫+中身.jpg

ヘルマンは、パートナー(愛 犬・愛猫)の食事を通して、
そんな状態で育てられた動物を選択できる社会が、そうでない社会よりはるかに豊かで充実しているということを伝え、
またその実現を目指しているすごいフードだったのでした。


新しい有機(ビオ)を提案する「ヘルマン(Hermann)」の ラインナップ一覧はこちら





◆ヘルマンの農場を訪ねてわかった、ビオ(有機)の本当の価値◆

2014年冬、私はヘルマンが提案する有機「ビオ」についてより詳しく知るために、
ヘルマンのふるさとであるドイツ・アースリングの街を訪れました。

ヘルマンのオーナーが案内してくれたのは、商品の原料調達地であるビオ・ファーム(農場)。
そこは、牧草地で動植物を育て、農場の中央の建物内で採れた食物を加工し、配送・調理・販売までを一貫して行う想像以上に大きな施設でした。
夏は草地に多くの植物が生い茂り、牛、ブタ、ひつじなど、たくさんの動物たちが自由に牧草を食べ、
冬は広い小屋の中で実にのびのびと暮らすんだそう。

動物飼育イメージ.jpg

次に案内されたのは、施設内に併設された屠殺(とさつ)場。
「本当はちょっと離れたポーランドやハンガリーで畜肉を加工したり、調達したほうが安く上がる。
でも、動物たちを長距離・長時間移動させることは、精神の健康を無視した行為になるからしない」とオーナーは言います。
だから、動物たちを屠殺(とさつ)場へ送る時も、追い立てず彼らのペースでゆっくり進むに任せているとのことでした。

最後は、ここで採れた作物や加工品を販売している直売所に立ち寄りました。
店内には、採れたての野菜・くだもの・生肉や、ジャム・ビール・ワインなどの加工品が並びます。
すべてがビオのコンセプトのもと栽培されたもので、加工品にももちろん添加物は使用されていません。

これらは、私たち日本人の目には、スーパーに並ぶごく普通の食材と変わらないように映るかもしれません。
けれど、ドイツの人たちは、これらが育った環境とその価値を理解して、
ごく自然にここでの食材購入を選択しているように見えたのです。






◆日本でも、ビオ(有機)を広めたい!◆

以前、日本で有機・オーガニックに興味のある人を対象に実施したアンケートでは、
オーガニック商品を選ぶ理由の1位は「安心・安全」でした。

一方、これがドイツになると、90%近くの人たちが、「環境保全のため」「家畜が正当な扱いを受けているから」と答えるそうです。
ドイツの人たちにとっての「有機」は、「社会やその他の人・動物・環境にとって何がいいのか」がまず大切である、ということがとても新鮮でした。

ビオ(有機)の考え方や価値は、ドイツの人たちや社会にとても浸透しているように見えます。
実際ドイツでは、普通のスーパーマーケットの棚にも、ビオ商品がラインナップのひとつとして当たり前のように並んでいるし、小さな街でもビオ専門のスーパーがあるほど身近な存在。

ビオスーパーとコーヒーショップ.jpg
ドイツのビオ専門スーパー・ビオコーヒーショップの様子


パートナーや自分のためだけでなく、もっと大きな視点でビオ(有機)の価値を考えているドイツの社会、
とてもステキだと思いませんか?
私たちGREEN DOGは、ヘルマンを通して、日本をちょっと変えることができればいいな、と考えています。


犬が走っているところ.jpg


関連記事

  1. フリーズドライ療法食!

    みなさん、こんにちは~!バイヤーの中嶋です。昨年からGREEN DOGでも取扱い...

  2. とことんコダワリ 鶏まるごと

    皆さんこんにちは~。ちばです。WITH GREEN DOGにはこだわり商品がいー...

  3. ハロウィンたまごちゃん

    みなさん、こんにちは~!バイヤーの中嶋です。ハロウィンネタが続いておりますが、私...

  4. ハロウィンごはんで盛り上がろう!

    皆さま こんにちは、バイヤーの榊田です。もうすぐ9月も終わり・・・10月に入ると...

  5. 年間200万リットルを節水!

    みなさん、こんにちは!バイヤーの中嶋です。ドイツからやってきた、当店いち押しのビ...

  6. ~商品裏話~本邦初公開!
    人気No.1馬アキレスの製造レポート

    皆さんこんにちは~。ちばです。皆さんは、GREEN DOGで長年にわたって不動の...

  7. 正しい食事とは?

    みなさん、こんにちは~!バイヤーの中嶋です。このバイヤーブログでも毎週紹介してい...

  8. まだまだダニの季節・・・

    みなさん、こんにちは!バイヤーの中嶋です。朝や夜は涼しくなり、少しずつ秋が近づい...

  9. 目の行き届く食材を、新鮮なままおいしく調理

    みなさん、こんにちは。バイヤーの中嶋です。7月に登場して以来、たびたび情報をお届...

  10. 今年はひと工夫!かんたんレシピで楽しむハロウィン

    こんにちは、バイヤーの榊田です。9月に入って、街はどんどんハロウィンカラーになっ...



ページトップへ