GREEN DOG 品質へのこだわり GREEN DOGがもっとも大切にしている品質。妥協を許さないのは、パートナー(愛犬)を粗悪なフードが原因で病気にしてしまった代表 佐久間の経験が私たちの原点だから。これから先も初心を忘れず、お客様とパートナーに安全な商品をお届けすることにこだわり続けています。

自分のパートナーにも与えられる商品だけをお届けします

合成酸化防止剤ゼロの
ペットフードのみを
取り扱います

BHA、BHT、エトキシキンなど安全性に心配がある合成酸化防止剤が基本ゼロのペットフードのみを取り扱っています。

詳しくはこちら

原材料そのものの
安全性まで
確認しています

ペットフード安全法には、原材料の内容に関する基準がありません。安価で粗悪なものが使われていないか、原材料そのものの品質と安全性を確認しています。

詳しくはこちら

第三者機関で
検査しています

フードが酸化していないかどうか、適宜、第三者機関で検査しています。

詳しくはこちら

伊東 希の人物写真

品質保証責任者

獣医師/ホリスティックケア・カウンセラー

伊東 希

長年ペットフードに関わり、獣医師でもあり、また二児の母親でもあり。その視点から不安な原材料は入っていないか、品質は高く保たれるか等々、商品を細かく検証しています。オーナー様にとってパートナーは子供。母親が子供に心から安心して与えることのできる商品を、GREEN DOGを通じてお届けできるように、全ての商品を厳しくチェックをしています。

お客様のお手元に届くまで商品の品質を守ります

26度以下の倉庫で
保管しています

商品を保管している在庫スペースは、商品が傷まないよう、常時26℃以下に保ちます。

詳しくはこちら

賞味期限を
ご確認ください

通販でも安心してご購入いただけるように、賞味期限のあるすべての商品はサイト上で賞味期限を公開しています。

詳しくはこちら

品質管理を
徹底しています

パートナーの健康に影響を与える可能性が発生した商品は、安全が確認されるまで販売を中止します。

詳しくはこちら

廣瀬 麻美子の人物写真

ロジスティクス担当

廣瀬 麻美子

フードの品質は、パートナーの口に入るまで管理されてこそ意味があります。
GREEN DOGが厳選した本当にいい商品をいい品質でみなさまにお届けすること、それが私の責任です。
そのため倉庫での温度管理や賞味期限管理を徹底しています。
皆様に良品をお届けできるように、日々、品質管理向上努めております。

商品導入の流れ

バイヤー、品質保証責任者、安心委員会の3者が安全性を判断し、すべての審査をクリアした商品だけをお届けします。

1バイヤー

お客様のお役に立つ商品を見つけるプロ。誰よりも詳しく商品を理解し、GREEN DOG独自の安全基準に適する商品の導入を提案します。

2品質保証責任者

メーカーでのフード開発経験を持つ獣医師が担当。専門的な視点とGREEN DOG独自の安全基準を元に商品の安全性を厳しく審査します。

3安心委員会

健康相談ルームのケア・アドバイザー複数名で構成。「いちオーナーとして安心できるか、パートナーに与えたいか」という視点で商品を判断し、2/3以上の賛成がなければ商品を導入できません。

すべては大切なパートナーの健康と笑顔のために。これからも安全な商品だけをお届けしていきます。