アルモニ・ブログ

2012年8月の記事リスト

2012年8月31日

健康な土はどこにある

asanuma-title.jpg

皆さんは幼稚園や児童公園の砂場が消毒されているって知ってますか。
私はこの話をはじめて聞いた時
「じゃあわざわざ砂場なんて作らなくてもいいのに」と思いました。

“砂場で遊ばせる意味”ってなんでしょう。
もし「子どもの空想力を養いたいから…」ならば、
清潔なLEGOブロック部屋を建てたほうが理想に近いんじゃないかと。
ただ私が知っている“子供を砂場で遊ばせる意味”とは、
《雑菌だらけの場所で雑菌にまみれる》こと。すなわち雑菌に対する抵抗力を
つけるために土遊びや泥遊びを意図的にさせることだと思っていました。


土や泥っていつからそんなに悪者になったんでしょうか。
私が泥だらけで遊んでいた30数年前にも、親に怒られた記憶はあります。
それは泥んこ遊びに対してではなく、玄関にくっきりと泥の足形が
残っており、犯人が私に違いなかったから。
さすがに洋服はおでかけ仕様ではなく「泥んこOK仕様」だったと思います。


最近はアトピーやアレルギーで辛い思いをしているワンコが多いのは
可哀想でなりません。
アスファルトやコンクリートの上を散歩し、公園や広場の土も草が
生えないように土壌を改良してある環境。
それは都会だけじゃなく、地方都市なんかでも同じで、私の住む岡山でも
健康な土に触れることは簡単じゃないのが現状です、
(幸いわが社は田んぼに囲まれた立地なのでその点恵まれてますが…)
全てではないですが、腸内細菌のバランスが保てていないことが
トラブル原因の一つなのは間違いない!
ワンコにも健康な土を触らせて、雑菌を取り入れる環境を
作ってあげたいと切に思います。

s-%E5%86%99%E7%9C%9F1.jpg
お乳に影響する牧草地帯は農薬を撒かれていない〈健康な土〉

s-%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg
雑草が生えっ放しの〈健康な土〉のある風景
余談ですが山澤さんの畑の土はもちろん〈健康な土〉

2012年8月22日

都会の犬たちへの贈り物

yamazawa-title.jpg


庄内も暑くなっています。
逃れるように東京に来ていますが、
いやいや、東京は更に暑いですね。
コンクリートだらけだから、
どれほど涼を求めて歩いても、木陰が全然ないんだから。。。一息つけない。
都会の人ご苦労様。
都会のワンちゃんお疲れさま。

さて、今回は、バロンシリーズ肉球クリームで使っている、
素材についてちょっとお耳拝借。
これ、ミツバチの蓋の所です。
海藻じゃ~ない。ハニカムかすかにみえるでしょ?

s-%E8%9C%9C%E8%9D%8B%EF%BC%8D%EF%BC%92.jpg


これを、温めた白樺樹液に溶かして、放置。
下方に沈んだ不純物を取り除き、冷ますと。。。
バロンシリーズ肉球クリームの主役、蜜蝋が出来上がります。

s-%E8%9C%9C%E8%9D%8B.jpg


滅菌の化学的処理も一切していないんですよ!
この、蜜蝋をホホバオイルと合わせ、ハーブを足したり。。。さまざま工夫します。
で、肉球クリームを作っています。

蜜蝋と言うと、キャンドルに使用するイメージが強いですが、
肉球クリームに使っている蜜蝋は、
自然の恵みを閉じ込めたもの。違うんだな~!

東京に来ていると感じますが、
熱せられたアスファルトの上を歩くワンちゃん達、大変だな~!

足の裏をチェックして、あれッて、感じたら、
バロンシリーズ肉球クリームを試してみて。ゆっくり、擦込んでね。

必ず、ワンちゃんに惚れ直される筈!(笑)

2012年8月14日

”まずい”食べ物のわけ・・続き。

minamimura-title.jpg

浅沼さんの話しにでてきた青汁、実は
白内障などの目の病気にとてもいいんです。

銀座にある遠藤青汁研究所に、わたしもいつも青汁を買いにいってます。
白内障は歳をとってきたら自然になるもの、と思っていませんか?

実は放っておくと結構危険な場合もあるんですよ。
ルテインという眼によい成分を青汁ほど
たくさん含んでいる野菜はないくらい。
まあ、苦くて犬が好む味ではないですから、
子供のハンバーグにみじん切りのにんじんを内緒で混ぜるように、
ゴハンに内緒で少量ずつ、毎日混ぜてあげると予防になりそうですね。


そんなときはやっぱり青汁のにおいに負けないくらい、
いいにおいの材料を用意してあげましょう。
ごま油、少量のガーリックで焼いた肉、スクランブルエッグ、
イワシや鮭のソテーなど。
タンパク質が焼かれて少し焦げた香りがとてもいい匂いみたい。
肉や魚をかるく焼いたあと、それらは熱がはいりすぎないように
取り出しておき、焼いたフライパンに少しの水を入れてデグラッセをします。
そのスープに炊いたゴハンを入れたら少し弱火で煮ると、
ゴハンにスープをしみ込ませることができます。

あら熱がとれるまでおいたら、その後青汁も入れて、
ゴハンに吸わせましょう。

このゴハンと先の肉や魚、さらになにか野菜を超みじん切りにしたものを
合わせれば、カンタンに手作りごはんができますよ。


青汁も難なく食べさせられるでしょう。

2012年8月 8日

“まずい” 食べ物のわけ

asanuma-title.jpg

一昔前の青汁はただただ“まずい”飲み物だった。

倉敷中央病院名誉院長・故遠藤仁郎博士が70年前に始めた青汁普及運動は
全国に広がり、私たちの野菜不足解消に大きく貢献してきた。

地元に住んでいた私は子供の頃、まだ「飲みにくい」時の青汁を母親に
言われるがままに鼻をつまんで飲んでいた。
ただの「草」でしかなく、幼い私には食べ物の概念から外れていた青汁だが、
それでもけっこう続けていた記憶がある。

河川などに茂る草を堆肥として発酵させる有機農業があり、
それを実践している人と話をする機会があった。
「本当に生命力が強い食材なら、それは“まずい”はずだ」彼は私と同じ考えだった。

子孫を後に残す。そのためにはやすやすと食べられないのが自然の摂理である。
動物も植物も理屈は同じ。食べられてもいい動植物は産卵数が多い。
人間は基本1人。

「まずい…もう一杯。」岡山出身の俳優・八名信夫さんが
青汁のCM(地域ローカルCMかも)で言ったキャッチフレーズは、説得力があった。
何も加えていない命の通った青汁は、健康と引き換えに“まずい”のかもしれない。
ただ最近の青汁が“美味しい”ので罰ゲームにも使われなくなったのは
寂しいかぎりだ。

2012年8月 3日

遊び相手です

yamazawa-title.jpg

これ、なんだか判りますか?

s-%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%93.jpg

答えはマタタビです。
道端とか、森の端の方に生える事が多いんだね。
マタタビは蔓で伸びて行くので、他の大木があってこその植物です。
マタタビの名前の由来は旅人が旅の疲れをとり活力を得る為に、
これを利用した事に由来するらしい。
「またたびができる」昔の人の知恵を感じますね。


さてさて、我がハーブ研究所では、
収穫真っ盛りです。一年で一番キラキラした日々です。
s-%E7%95%91%E3%81%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%92%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B.jpg


今年はハーブだけでなく、野菜や穀物も植えました。
ごぼうの花、見た事ありますか?
涼しそうで良いもんでしょう!

s-%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E7%A8%AE%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E8%8A%B1.jpg

掘ってみると。。

s-%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E7%A8%AE%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86%E6%8E%98%E3%82%8B.jpg

これが、珍しい在来種のごぼうです。
意外に細いもんです。日本の在来種は、メダカもザリガニもタニシ、シジミも、
植物も、島国に呑気にしてたもんだから、繊細で奥ゆかしい感じがしますね。
このごぼうは1000年もの昔から、日本にあったごぼうです。

s-%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E7%A8%AE%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86%E5%85%A8%E6%99%AF.jpg

土を洗うと、こんな感じ。

s-%E5%9C%9F%E3%82%92%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E7%A8%AE%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86.jpg

採れたてのごぼう。
癖がない素直な味で食べやすいです。
繊細にして奥が深い味わいですよ。

収穫した野菜の行く先は、次回御紹介させて下さい。
今年はだだ茶豆も豊作です。
まだ暫く畑と自然に遊んでもらいます!

s-%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

2012年8月 1日

手作りのススメ

minamimura-title.jpg

夏になると、犬たちを泳がせに、海へ連れていきます。

真夏の東京は暑くて、なかなか運動ができないのですが、
海へ行くと水の中で犬たちも大喜びでボールの回収に精を出し、
たくさん運動することができるから、水が好きな犬にはもってこいです。
夜明け前にはビーチに到着し、まだ人が出てこないうちに1、2時間遊び、
さっさと撤収すると夕方までぐっすり休んでくれますよ!

ところで、海でボールをとってきて遊んだりしているうちに、
我が家の犬たちは海水を結構飲んでしまうようです。
(もちろん、海水を飲ませるべきではありませんが、
ボールをくわえた口の隙間から海水が容赦なく入ってくるのです。)

ほぼ全身を被毛で覆われた犬たちは汗腺がヒトに比べてはるかに少ないので、
夏になると犬たちは汗をかくことがヘタで、体内の熱を涎で調節しますが、
ナトリウムとカリウムの調節はどのようになっているのでしょうか?

人間には、水中毒というのがあるのですが、犬にもあるのでしょうか?

疑問に思い、獣医さんにきいてみましたら、安心なことに犬の水中毒は、
幼児期には要注意ですが、成犬の場合は特定の病気の時だけだそうです。
理屈の上では、電解質や糖分が必要かもしれませんが、基本は水で大丈夫。
汗腺が局所にしかないから、塩も糖分も加えない方がよいそうです。

そうとはいえ、我が家のミカミくんの身体には海水が入ってしまっているから、
海からあがったあとはものすごい勢いで心配なほど水を飲みます。
自分でよけいなナトリウムを排出しているのです。
そこで出番はスイカ! カリウムをたっぷりと含むスイカを食べさせ、
大量の水よりも、ナトリウムとの浸透圧を手早くとる。
食事にも、当然カリウムの多い野菜を多様するのです。
小松菜、かんぴょう、小豆、湯葉、きなこ、パセリ、サツマイモなどです。

こうやって、手作りのゴハンというのはそのときの身体の状態にあわせて
調節することができるので、とても理にかなったものなのです。

%E6%B5%B7.jpeg

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク