アルモニ・ブログ

2013年3月の記事リスト

2013年3月27日

冬の間に・・・

yamazawa-title.jpg


毎日忙しくしてました。
お陰で、東京のピカピカネオンも見られなかった。

ハーブ園の準備に追われながら、一冬かけて作った物があります。

これは彫っている途中。
中をくり抜いて、口には球を加えている形にしました。
材料は楠。 


s-木魚-1ブログ用.jpg

ようやく完成間近    
いやいや、もう少し手を加えたいけれど

s-木魚-4ブログ用JPG.jpg

忘れちゃいけない、看板も作らないと。

s-看板-1JPG.jpg


厚み8cm、長さ1m80cmの桜の木。
重たくて1人ではとても持てないよ。

ハーブ研究所の看板も木魚も
羽黒山麓の新しいハーブ園(ハウス)に使います。
ハウスの中には、珍しい在来種の植物やハーブを沢山栽培します。

木魚が鳴ったら、ハーブ教室の始まりだよ!
沢山の来訪者の笑顔がみえる様です。

山澤清

2013年3月11日

歳をとること


窓から世間を眺めるだけで、頭痛がするような感じだよ。
花粉でしょうか。いいえ、PM2.5もです、黄砂も?
くしゃみでぎっくり腰にもなりそうです。
車もホコリでうっすら白くなってる。

世界中で今一番住みやすい場所はいったいどこだろう?
すぐにでも移動したいと思う今日この頃です。

空気が汚染されてしまったら、本当に住めないですよね。
見えない空気の汚染にあえぐ関東以北、
中国からの黄砂や大気汚染にあえぐ関西。
そして、植林政策の結果日本全土を覆う杉花粉。
かなりキテますね、日本。

犬たちに花粉症が激増するのもそう遠い未来ではないかもしれません。
環境を変えられない場合は、自分の免疫力を高める他に
防御方法はありません。
適度な運動、安らかな睡眠、清潔な住居、
健康的な食事、心の平安と多幸感。
考えてみたらこれらは、自分を甘やかさないことと、
人間関係を円滑にする努力をすることで誰にでも達成できることですね。
お金持ちや貧乏、身分の高低、有名無名、
などとは全く関係のないところで達成できることばかり。


最近、高齢のため病院で寝たきりの知り合いのおじいちゃまのところに
よく遊びに伺います。
我が家のお隣にお住まいだったおじいちゃまで、
お元気な頃からそれはそれは素敵なおじいちゃまでした。
少し、アルツハイマーが進行しています。
犬が大好きな彼のベッドサイドには、娘さんが飼っていたシェパードの写真が一枚。
その他には、なにも物がありません。
お財布や、鍵や、ハンカチさえ。
人って、最後に寝たきりになると『物』は必要なくなるんですね。
その代わりに、おじいちゃまにお話を聞くと、
どんなに豊かな人生だったかがよくわかります。

アルツハイマーが進行しているこの時点で、奥様がどんなに素敵な女性だったか、
自分がどんなに仕事に打ち込んだかなどを、いつも話してくれます。

「あんなに素敵な女性が、よく僕のようなところにお嫁にきてくれたもんだよなー」

とか、

「ぼくは全然偉くなんかなかったよ。でも仕事は素晴らしくやりがいがあった。」

など、宝物は彼自身の中に、たくさんたくさん溢れています。

私はおじいちゃまの心の中にある宝物を見せてもらいたくて、
お見舞いに行くのが楽しみになっています。
あのように歳をとれるように、心を磨こうと思う毎日です。
なかなかできないんだけどねえ。。。

s-IMG_6458.jpg

2013年3月 4日

食材は余らない

以前取引先に伺った時に
「リンゴが大量に余っているので利用できないか」というお話をいただいた。
別の仕入先からは「梨が採れすぎて売れずに困っている」という。
漁港に寄れば「市場に卸せない雑魚が...」といった具合に
私の周りでは珍しいことではない。


産地に行くとこういった話がどこからでも舞い込んでくる。
「ジャムやジュースにすれば...」「すり身でつみれの材料なら...」という考えは、
大抵が素人の浅知恵であることが多い。
加工しても加工しても、消費されなければ結果"余る"というのが現実のようだ。


サイズや重量・色・形といった〈規格〉が日本には多すぎると思う。
農産物においては栽培・収穫・出荷の各段階で間引かれた食材のほとんどが
形状の不備やちょっとしたキズが原因で、味や安全性には関係ない場合が多い。
ひどいものになると出荷用の箱に入らないという理由も聞いたことがある。
「消費者はそんな無駄を求めていない」と言いたいところだが、
消費意識の高い有機食材専門店でも「最近は形のいい商品から
売れていく(店長さん曰く)」のだという。


「丹精込めて作った食材に差は無いんだけどなぁ...」生産者の叫びは、
食糧難を経験しないと伝わらないのかもしれない。
棚にある一番古い牛乳を買うようにしている私の行動はとてもささやかだが、
明確な意思を持っている。


s-IMG_7397s.jpg
ワンコの食事は"安全"を優先したい

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク