アルモニ・ブログ

2013年11月の記事リスト

2013年11月29日

カツオくんの事情

asanuma-title.jpg


わたしたち日本人が大好きな〈カツオ〉。
冷蔵庫のない大昔から保存食として工夫され、鰹節やタタキ・ふりかけなどさまざまな形に姿を変える優等生だ。
サザエさんの弟として主役級の存在感を張れるのも人気者が故。
そんな〈カツオ〉のイメージからほど遠い話がある。

実はカツオの漁獲量世界1位2位はインドネシアとフィリピン。日本は3位なのだ。
魚の漁獲量は船の所属港などによって一概にいえないが、
インドネシアに関しては市場で流通している量自体が日本の2倍に迫るらしい。

最近までカツオをしっかり食べていたのは日本人だけだった。
数年前、某アメリカのペットフード大手の会長が来日した際、
「人間が食べないbonito(カツオの英語名)をドッグフードに使うなんて考えたなぁ!」と感心されたこともある。
それが今ではカツオも世界シェアの食材になった。

「最近は海外の方が市場のセリ値が高く、日本の船でも国内の市場に魚を降ろさない...」と諦めたように言う。
昨年焼津港のセリに立ち会った際、鰹節の原料としては高すぎる魚を皆で見送るという不思議な光景を見た。

日本食の普及もあるが遂にカツオの美味しさが世界中にバレてしまったという感じ。
とうとうカツオも高級魚の仲間に?なんとか旬のタタキぐらいは懐を気にせず豪快に食べたいものだ。

201311292.jpg
効率化がすすんだ処理場に鰹が入らない日もあるそう

2013年11月25日

続*月山麓のハウス

yamazawa-title.jpg


月山麓のハウス、いよいよ整ってきました。

全て硬質のプラスティック板に張り替え、
土も30cm以上の深さで入れ替えました。
ここに沢山のハーブや、在来種の野菜を植えて育てます。

植物の成長とともに、ハウスの中もにぎやかになって行くでしょう。

house1.jpg

house2.jpg

2013年11月18日

最近版、わたしの密かなる遊び。

minamimura-title.jpg

犬のゴハンはもとより、最近はヒトのゴハンを作るのがとても楽しい遊びになっています。

若いときはよく自宅にさまざまな知り合いを呼んで食事を作り、飲んで食べたものですが、
ここ数年はお店があったことなどもあり、なかなかそんな機会がなかったのでした。

このごろは、自宅ではなくてあちこちに出張してゴハンを作ってみなさんに食べてもらっています。
そういうのは大好きなので、結構お声がかかります。
あるいは、自分で企画してお客様を招待し、食べていただく会をしたりもします。
知り合いのアーティストの個展のオープニング・レセプションのフィンガーフードとか、
パーティーのお食事、それも完璧なヴィーガンで!とか、
肉、肉、肉大好きパーティーとか、BBQとか、お弁当とか。

お題をいただくこともあります。
『花』とか、『夏』とか!
どんな食卓にするか、どこで材料を揃えるかなど、
こういうのは準備が楽しいし食べてる人たちの笑顔を見るのも本当に楽しいハッピーな遊びです。

でも、いつもあとから「写真を撮っておけばよかったよー!」と、思うありさま。
作るのに夢中になっているということでしょうが、これがいいのよね!

何かに没頭する、夢中になって寝食を忘れる、という感覚、ものすごく好きです。
自分を内観する精神状態と同じです。

ちゃんとした食材を触って思い描くものを創造する喜びは、
大自然の一部を自己流にアレンジしているみたいでとても楽しい。

できたものを一番美味しいタイミングで食べてもらう、という時間との対話もある。

ときどき誰かが手伝ってくれると、それもまた「自分一人で地球上に立っているのではない」
というありがたさも感じる。
なんといっても美味しいというのが良い!

だれか、わたしをお料理人に呼んでね!

ワンコの分も作るよ。


2013年11月 8日

季節を食べる~その3~

asanuma-title.jpg


11月に入り、我が家の「ブドウ祭り」が終了した。
台所のこじんまりしたカウンターには常にピオーネ・瀬戸ジャイアンツ・桃太郎といった高級ぶどうが
房ごと置いてあり、通りすがりに粒をとって食べるという、果物王国ならではの優雅な生活が過ぎ去っていく。
10月の間は岡山各所の生産直売所では大量のぶどうが出回っていたのに、さすがの王国でも寂しいかな。

贈答品だと普通に3~4千円するものが、直売所では安いものだとひと房500円程度。
しかも生育不良やキズありばかりではなく、出荷しきれないほど大量に収穫されるというのが"安さ"の正体だった。
ぶどう農家さんの苦労を知りながら、申し訳ない気持ちで大量に箱買いする我が家。
その分たくさん食べて、口コミするので来年もよろしくお願いします。

それにしても最近は皮ごと食べる〈種無しブドウ〉が多い。
「食べるのめんどくさい!」が唯一の弱点だったぶどうだけに、この品種改良は今後の果物番付を変えるインパクトがある。
そのくせ種無しの代名詞デラウェアはどこに行ってしまったのだろう。
王者マスカットに引けを取らない桃太郎ぶどうの存在感は、種無しブドウ界を席巻してしまったようだ。

※あまりにも早く食べてしまった為、写真がありません。
まだまだ旬で売られているようですので、岡山の「桃太郎ぶどう」一度ご賞味ください。

2013年11月 5日

冬の遊び

yamazawa-title.jpg


ずいぶん前の写真が出てきました。
私の<冬の遊び>は、ハウスでの、ハーブ作りだけではありません。
殆ど今はしていないけれど、能面作り。
たいそう集中できる楽しい<冬の遊び>のひとつです。

「もう少し微笑んでよ。」「もう少し怒ってよ。」なんて、
心の中で念じながら掘り進める。。。

ハーブ(植物)も同じ。
「きれいに咲けよ」「大きくなれよ」と、思いを込め植える。手入れをする。

庄内もそろそろ冬支度。
11月マタタビ等の収穫を終えたら、すっかり雪景色になるでしょう。

能面作り、今年の冬は久しぶりにやろうかと思っています。

nou.jpg

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク