アルモニ・ブログ

2013年12月の記事リスト

2013年12月30日

大切な人に、力のあるレイを贈る。または贈られる。

minamimura-title.jpg



ray.jpeg


ハワイのネタをもう一つ。

ハワイからの帰りに、空港に送りに来てくれた叔母が、わたしにピカケのレイをかけてくれました。
10年ぶりくらいに会った遠いところに暮らす叔母だということもあるし、
歳をとるにつれて子供の頃にかわいがってくれた親戚が少なくなってきたことなどで、
『お互いが元気でいて会えるということがどんなにありがたく温かいことなのか』
ということが以前にも増して感じられるようになったこともあって、
叔母がサプライズで空港まで駆けつけてくれたのは私にはとても嬉しいできごとでした。

レイは、ウィキペディアによると「12世紀頃にやってきたポリネシア人たちによってもたらされたと考えられており、
古来より魔除や供物、社会的地位の象徴として用いられた。(中略)
さまざまなシーンにおいて、感謝の気持ちや敬愛の念を籠めて、さまざまな種類のレイが贈られる。
これは自然を通してマナを得るという、ハワイ古来の自然崇拝信仰から来ている」
(マナは、太平洋の島嶼で見られる原始的な宗教において、神秘的な力の源とされる概念である。
魔法や超能力といった尋常ならざる特別な力の源とも言われている。)
ということです。

わたしはハワイが好きで、キッチンドッグ!を始める前は、年に二度も三度も訪れていたので
かれこれ30回くらいは行っており、その度にレイをかけてもらったりしていましたが、
このとき叔母に贈られたものほどきちんとした高価そうなレイを、大事な人にかけてもらったことはありませんでした。
ホテルのチェックイン時やディナーショウでランやククイのレイなどをたくさんかけていただきましたが、
これまでレイについてこんなに衝撃的だったことはなかったと思います。

叔母から贈られたこのレイは、かけてもらってビックリ、目からウロコでした。

まず、かけてもらうためには相手に向かって頭を下げることになり、自然に軽く目を閉じることになります。
その頭の上を、分厚くしっかりと束ねられたレイが通過するとき、同時に額、頭頂、首の後ろという順にチャクラが開いていくような感じを覚えます。
首の後ろに重みを感じながら頭を上げると、今度は垂れたレイが胸にそっと触れ、一瞬のうちに胸のチャクラが開きます。
胸から立ち上る目の覚めるような芳香で大きく深呼吸をせずにはいられません。
その瞬間、身体の中をレイの発する氣がものすごい速さで巡るのを感じます。
「なんなのこれ!!」という驚き。
身体中の開いた入口からピカケの花が発する生命力のようなものが入り込み、
恍惚とした気分になり、脳からセロトニンがドバーっと放出されるような感じ!
『レイをかける』ということは『浄化する』ということだったのかと、初めて理解しました。
これが『マナ』なのか、とね。

力のあるレイをいただいたことに、感謝しています。
形式だけのレイでは持ち得ない『マナ』の力を始めて感じました。
これは言葉では説明できないもので、感じなければ知ることができないものなのね。

どうか、皆様いつかハワイに行かれたなら、是非そんな経験もしてみてくださいね。
大切な人に、力のあるレイを贈る。または贈られる。
これは素晴らしいことだし、未開の地の原始的な呪術と言ってしまうにはあまりにも勿体ない真実のほんのひとかけらなのだと思うのです。

『マナとは、人や物に宿る「何か」であって、人や物そのものではなく、
 社会関係のなかで働き、社会関係をも作り出すということである(ウィキペディア)。』




2013年12月19日

生産者を口説く理由

asanuma-title.jpg


一流ホテルや百貨店に連鎖した"食品偽装発覚!"というニュース。
常連には食通も多くすぐにバレそうだが、凄腕の料理人にかかれば
「旨い料理、食材を選ばず」なのかとそれはそれで驚いた。

それにしても連日の"偽装の棚卸"。当社にも数社から産地確認があり、
説明や書類作成をしながら考えていたこと...それは「"どこから仕入れた"かより、
"誰から仕入れた"かが大切なんだけどなぁ」という私の本音だった。

会社を立ち上げたすぐの頃。

「上質なドッグフードに使ういい食材を仕入れたい」と取引先を探したが、
ドッグフード質向上の価値が理解されずにことごとく相手にされなかった経験がある。
中にはサンプルと違う物をあからさまに納品しておいて、
「ペットだからいいじゃないか」と返品を渋ったひどい会社もあった。
《いい商品づくりはいい食材の安定調達》が信条の私はそんな状況を変えるため、
いつしか"生産者を口説く"ようになっていた。

さまざまな産地で生産者と直接話すと、ほとんどの人が「今よりもいいモノを作りたい」と言っている。
自身の仕事に誇りをもつ彼らが"偽装"に加担するメリットはないように思う。
私は信頼できる彼らから直接仕入れができる今の状況を心の底から感謝し、ワンコに届られることを誇りにしている。

清水寺の筆による一字が「偽」でなくてホッとした。

tori.jpg
同じ「平飼い鶏」でも広く飼育するほうが高コスト


2013年12月16日

石垣島

yamazawa-title.jpg

12月初め、石垣島に行ってきました。
小雪舞う庄内から、青空に大きな太陽の石垣島。
今更ながら、日本列島は長いもんだ!と実感。
石垣島に来た理由はですね~
なんと、この度ハーブ研究所スパールは、石垣島に畑を作る事にしました!
もう、ワクワクですよ!
石垣島で作るのは、里芋、柑橘系果物、南国のハーブなどなど。。。
サトウキビで土地に力がなくなっているので、
暫くは土地を育てる事から始めないとなりませんが、
南国は良いですよ。
何たって、1年中農業ができる!収穫ができる!
雪国の自分たちからすると、何とも贅沢な環境なわけです。
今回は、あんまり夢中になってしまって、写真を撮るのも忘れちゃいました。
月山のハウスが動き出したら、次は石垣島計画ってわけです。
在来種の種も300~400集めて、苗まで育てなければならないし。。。
お~、忙し!
山澤清


2013年12月10日

Ho'okahewai ho'oulu aina  一番大切なことは、水の流れ。

minamimura-title.jpg


ハワイに行っていて、原稿が遅れました!

オアフ島のワイキキはあまりにも有名な観光地ですが、ワイ(Wai)は元々、『水』という意味です。
キキ(Kiki)は、水が湧いてくる『キッキッキッキッキッ・・・』という音です。
ワイキキは、遠い昔にサモアか、タヒチか、どこか遠いところから初めて人が
双胴船でやってきて上陸し、喉をうるおすための清流を探しあてたところだということです。
新鮮な湧き水、という意味なのですって。
そこに、持ち込んだ Kalo(タロ芋)を植えたのだそうです。

ハワイ大学が位置するマノア地区には、7つの滝がありますが、
その水が集まって流れている水脈が1984年に発見され、そこから分水してたくさんの品種の
 Kalo(タロ芋)を実験的に育てているところに、レクチャーを受けに行きました。

実に70種もの品種があるそうですが、この地下茎を蒸し焼きにして発酵させた Poi という伝統食は栄養に富み、
離乳食にも利用され、長い航海に出ても壊血病から逃れられたということです。

川の流れを分水し、棚田のように作った畑に水を誘導し、一番上流の美味しいKaloができる畑は王族のための畑です。
これは、まったく日本のお米を作る田んぼと一緒!

周囲に植わったククイの木の落葉が畑に落ち、素足で泥に混ぜ込むと、格好の栄養素になります。
地下茎はPoiやルアウ(豚肉などと一緒に葉で包んで蒸し焼きにする)として主食になり、
葉はタコと一緒にココナッツで煮込んで食べると美味しく、残った茎(ha) は、
畑に植えるとまた新しいKaloができるという、サスティナブルな植物=食物。

茎がなぜ ha というかというと、息を吐く音「ハァー」なのだそうです。『次につなぐ命』という意味なのです。
「どんなに科学が発達して理論的に解明しても、その知識は先人の深い深い知恵にはかなわない」のだそうです。

Ho'okahewai ho'oulu aina
これはポリネシア語ですが、英語で言うと
Let the water flow so that the land can flourish. 
私は、今回の旅でこの言葉がとても印象に残り、何度も何度も心の中で繰り返しつぶやきました。
Let the water flow so that the land can flourish. 
"土地が繁栄するために、水を流しましょう"

なんか、『水』という日本語から感じるものよりも、『Water』という英単語から得る印象の方が、
色々なミネラルが含まれている感じがするのは私だけかしら?
『空気』という日本語の単語より、『Air』という英単語から得る印象の方が、
単なる酸素だけではなくてもっといろいろな『氣』やなんかが含まれている感じがするのは私だけ?

白人がやってきて、シュガープランテーションを開発しました。
彼らは、滝からの水の流れを分けたのではなく、全てをシュガープランテーションに向くように作り替えたのです。
そのために、固有種が破滅し、昔から続いて来た多くのものが死に絶えたそうです。

ハワイは豊富な日射量や降雨と、一年を通じて栽培ができる気候のため
GMO(遺伝子組み換え)植物の実験場となりつつあり、オアフやカウアイ、特にモロカイ島に住む多くの人は
モンサントの従業員として7000円もの時給をもらって働いているそうです。

Kalo(タロ芋)は、ハワイの人々にとって命です。
そのKalo(タロ芋)も、GMO(遺伝子組み換え)の対象になるのかどうかということで、議論の渦中だったのですが、
まさに今日のニュースで「ハワイ島におけるバイオテクノロジー企業による農場運営、
および新しい遺伝子組み換え作物の栽培をすべて禁止する法案」が6対3で可決したということを知りました。

IMG_0854.jpg

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク