アルモニ・ブログ

2013年4月12日

ミカミくんの苦悩

minamimura-title.jpg


Kitchen Dog! は、南青山での店舗営業を3月で終了し、現在新しい潮流に乗り、
今までより少しだけ進化したブランディングを始めています。
(というか、始める準備段階かな?)

店舗も、世田谷にあった事務所も荷物をまとめ、世田谷区の桜並木の
美しい場所にある新しい事務所に合体して製造と販売を始めました。
新しい店舗を探している途中ですが、
『こここそ、まさにKitchen Dog! っぽい!!!』と思えるような物件に巡り会うまでは、
絶対に妥協しないでおこうと誓い合いました!

新 しい事務所では、企画、仕入れ、製造、販売、アフターケアの全てが
すぐにチェックできるので、とても仕事がやりやすくなり、
まず私たちスタッフにとっては かなり問題解決ができましたので、
今後はこれをお客様にいかに使っていただきやすくするかに
専念していける段階といってもいいかな?
新しいことを始めるのは、とてもわくわくするものですね。

ところで、会社内で製造をしているということは、我が家のミカミくんにとってはたまらない
美味しいニオイが会社中のどこにいても漂ってくるということです。
食べ物に目がない彼にとって、我が社の厨房は魅惑の国。
わたしがわがまま放題に育てただけあって、閉じられた厨房の扉をガリガリ、ガリガリと
引っ掻いて「開けてくれろー!中を見せてくれろー」と叫びます。

それでは扉が傷だらけになってしまうので、厨房のスタッフは扉を開け、
中が見れるようにしてあげました。
でも、彼が入れないように赤ちゃんガードを置いて。
すると、中の様子が見えるようになってしばらくはゴキゲンで観察していたものの、
少しでも食べ物に近づいて匂いをかいだり盗み食いをしたい彼にとっては、
赤ちゃんガードが気に入らない存在に。。。
こんどは、ガード越しに「このガードは邪魔ろ!中に入れてくれろ!」と、叫ぶようになりました。
そこで、厨房のスタッフは思い切ってガードを撤去しました。

ここからが面白いんです。
なにも遮るものがなくなったミカミくんが、さも当たり前のように厨房に足を踏み入れたとたん、
「入っちゃダメでしょう!!」
と、スタッフが叱ります。
ミカミくんは、はっ!として身体の重心を廊下側に戻します。
すると、すかさずスタッフの声が飛びました。
「足! 片足が入ってる!」
ミカミくんは、まだ右前足を厨房の中に踏み入れていたのです。
足! と言われて瞬間的に足を廊下に戻すミカミくん。
一日中、入ってみようとトライしては、「だめ!足が入ってる!」と注意され、
結局は入り口で困った顔でおとなしくおすわりをして中の様子を見続けていました。

その様子がなんとも可笑しくてみんなに笑われているのですが、
普通に話しかけて普通に通じる犬と人間との言葉&言葉を超えた
エネルギーのコミュニケーションの存在は、つくづく素晴らしいと思います。
わかっているくせにわからないフリをする犬も、愛すべき存在。
でも、わたしの甘やかす育て方を反省した時でもありました。

これからはキビシくいこう!

s-IMG_0664.jpg

2013年4月10日

見えない食品の価値

asanuma-title.jpg

先日ある牛乳メーカーの営業マンと商談した際、牛乳の殺菌工程の話になった。
絞りたての生乳は雑菌が増殖しやすく、私たちが安全に飲むには殺菌工程が必要ということは知っていたが、
その温度や時間に"牛乳へのこだわり"があることを初めて聞いた。

そのメーカーの牛乳には《65度で30分殺菌》と書いてある。
ほとんどの害菌が60度以上で死滅することを鑑みても〈65度〉は心細い。
いつも飲んでる馴染みの商品は〈120-130度で"2秒"殺菌〉だ。 "2秒"も短い気がするが、
それに比べて30分とは同じ工程とは思えない長さ。ただどちらも安全な牛乳を作る規格であることは間違いない。

その後、多くの牛乳を見て回ったが《65度で30分殺菌》はほとんど採用されていない。
そこでさらに疑問が湧いた。

「なんで貴社では65度で殺菌できるんですか?」
「それは牧場との直接契約により菌数の少ない新鮮な生乳を仕入れるから。」
「30分も殺菌するとコストがかかるんじゃ?」
「本来、牛乳は栄養バランスが優れている飲み物。でも熱に弱い成分が多く、できるだけ温度を上げずに殺菌したいから。」

と言うことらしい。

この牛乳の希望小売価格は350円/1リットル。
商品特性上、大量には製造販売できないとのことだ。
コストのかかる製法を採用しても消費者に付加価値を伝えにくい。
ただ加工段階で効率を優先するといい食材が台無しになることは、すべての食品会社にとって永遠のジレンマだろう。

試飲させてくれた牛乳は意外にもコクは強くなく、後味がスッキリしている。
紙コップを置いた私に、営業マンは「これが本来の牛乳です!」と強く宣言していた。



s-asanuma0408.jpg

生乳の仕入れでは、産地を特定するのも難しいそう

2013年3月27日

冬の間に・・・

yamazawa-title.jpg


毎日忙しくしてました。
お陰で、東京のピカピカネオンも見られなかった。

ハーブ園の準備に追われながら、一冬かけて作った物があります。

これは彫っている途中。
中をくり抜いて、口には球を加えている形にしました。
材料は楠。 


s-木魚-1ブログ用.jpg

ようやく完成間近    
いやいや、もう少し手を加えたいけれど

s-木魚-4ブログ用JPG.jpg

忘れちゃいけない、看板も作らないと。

s-看板-1JPG.jpg


厚み8cm、長さ1m80cmの桜の木。
重たくて1人ではとても持てないよ。

ハーブ研究所の看板も木魚も
羽黒山麓の新しいハーブ園(ハウス)に使います。
ハウスの中には、珍しい在来種の植物やハーブを沢山栽培します。

木魚が鳴ったら、ハーブ教室の始まりだよ!
沢山の来訪者の笑顔がみえる様です。

山澤清

2013年3月11日

歳をとること


窓から世間を眺めるだけで、頭痛がするような感じだよ。
花粉でしょうか。いいえ、PM2.5もです、黄砂も?
くしゃみでぎっくり腰にもなりそうです。
車もホコリでうっすら白くなってる。

世界中で今一番住みやすい場所はいったいどこだろう?
すぐにでも移動したいと思う今日この頃です。

空気が汚染されてしまったら、本当に住めないですよね。
見えない空気の汚染にあえぐ関東以北、
中国からの黄砂や大気汚染にあえぐ関西。
そして、植林政策の結果日本全土を覆う杉花粉。
かなりキテますね、日本。

犬たちに花粉症が激増するのもそう遠い未来ではないかもしれません。
環境を変えられない場合は、自分の免疫力を高める他に
防御方法はありません。
適度な運動、安らかな睡眠、清潔な住居、
健康的な食事、心の平安と多幸感。
考えてみたらこれらは、自分を甘やかさないことと、
人間関係を円滑にする努力をすることで誰にでも達成できることですね。
お金持ちや貧乏、身分の高低、有名無名、
などとは全く関係のないところで達成できることばかり。


最近、高齢のため病院で寝たきりの知り合いのおじいちゃまのところに
よく遊びに伺います。
我が家のお隣にお住まいだったおじいちゃまで、
お元気な頃からそれはそれは素敵なおじいちゃまでした。
少し、アルツハイマーが進行しています。
犬が大好きな彼のベッドサイドには、娘さんが飼っていたシェパードの写真が一枚。
その他には、なにも物がありません。
お財布や、鍵や、ハンカチさえ。
人って、最後に寝たきりになると『物』は必要なくなるんですね。
その代わりに、おじいちゃまにお話を聞くと、
どんなに豊かな人生だったかがよくわかります。

アルツハイマーが進行しているこの時点で、奥様がどんなに素敵な女性だったか、
自分がどんなに仕事に打ち込んだかなどを、いつも話してくれます。

「あんなに素敵な女性が、よく僕のようなところにお嫁にきてくれたもんだよなー」

とか、

「ぼくは全然偉くなんかなかったよ。でも仕事は素晴らしくやりがいがあった。」

など、宝物は彼自身の中に、たくさんたくさん溢れています。

私はおじいちゃまの心の中にある宝物を見せてもらいたくて、
お見舞いに行くのが楽しみになっています。
あのように歳をとれるように、心を磨こうと思う毎日です。
なかなかできないんだけどねえ。。。

s-IMG_6458.jpg

2013年3月 4日

食材は余らない

以前取引先に伺った時に
「リンゴが大量に余っているので利用できないか」というお話をいただいた。
別の仕入先からは「梨が採れすぎて売れずに困っている」という。
漁港に寄れば「市場に卸せない雑魚が...」といった具合に
私の周りでは珍しいことではない。


産地に行くとこういった話がどこからでも舞い込んでくる。
「ジャムやジュースにすれば...」「すり身でつみれの材料なら...」という考えは、
大抵が素人の浅知恵であることが多い。
加工しても加工しても、消費されなければ結果"余る"というのが現実のようだ。


サイズや重量・色・形といった〈規格〉が日本には多すぎると思う。
農産物においては栽培・収穫・出荷の各段階で間引かれた食材のほとんどが
形状の不備やちょっとしたキズが原因で、味や安全性には関係ない場合が多い。
ひどいものになると出荷用の箱に入らないという理由も聞いたことがある。
「消費者はそんな無駄を求めていない」と言いたいところだが、
消費意識の高い有機食材専門店でも「最近は形のいい商品から
売れていく(店長さん曰く)」のだという。


「丹精込めて作った食材に差は無いんだけどなぁ...」生産者の叫びは、
食糧難を経験しないと伝わらないのかもしれない。
棚にある一番古い牛乳を買うようにしている私の行動はとてもささやかだが、
明確な意思を持っている。


s-IMG_7397s.jpg
ワンコの食事は"安全"を優先したい

2013年2月22日

植物を食べる

アルモニのブログ、何回目かな?
沢山伝えたいことはあるのだけれど、
上手に伝えられているか、時々心配になります。
とは言え、順番が回ってきましたね。

さて今日はちょっと気になった言葉がありました。
私が作った野菜の酵素食。

s-%E4%B9%BE%E7%87%A5%E9%87%8E%E8%8F%9C.jpg

庄内で収穫した野菜を、全て無駄なく(全草)、
適温(常温)で乾燥させて粉砕した物。
大切な事は"無駄なく"、"適温乾燥"と言う事。
簡単そうだけど、これが実はとっても大切な事。

気になる言葉。
バロンのしっぽは
"野菜じゃなくて、植物を食べると言う事ですよね!"と、
スッキリした言葉にしてくれました。

そのとーり!
私たちが普段食べているスーパーや八百屋さんから入手できる物。
これは野菜。
私が作っている乾燥野菜は生きている植物の全てを頂きます!!するもの。

とっても些細な事に思えるけど、とっても大切な事なんですよ。
伝わりましたか?
非効率の中に、私たちの未来がある。皆さんの大切なわんちゃんも同じなんだよ。

さ~て、新しいハウスを上手い具合に作らなくちゃ。
今年の雪はうがくって。。。

ハーブ研究所スパール山澤清

2013年2月12日

誰の土地?

minamimura-title.jpg

ファームに来ています。
ここは、都内で5軒のレストランを経営する会社が持つ畑で、
レストランで使用する野菜のほとんどを無農薬で栽培しています。
広大な畑と山の上にある果樹園で、
さまざまな種類の旬の野菜や果物が育ちます。
鹿や猿や猪が、作物を分けてもらいに訪れても、
できる限りの自然な方法で分けられるものは分け与え、
あるいは逃がし、共存できる決まりを作っています。

人間界の取り決めではこの土地は『○○さんの所有権』と
決められているかもしれないけど、自然に生きてきた野生動物たちには、
登記簿謄本を見せても読めないし、読めたとしても
「しかしながら、ここは私が前から住んでいたところなのでね。」
と、思うだけだろう。

もともと動物たちが使っていた土地を勝手に『所有』して、
自分以外の何者かが入ってこないように排斥するのは、人間の得意技。
動物たちは、命をかけて必要最小限のテリトリーを守ってきたけれど、
人間の契約書の前にはあっさりと銃で住処ばかりか命も奪われる。
支配できるのだから、逆に守ることもできるはずなのに。


私が今いるこのファームは、野生動物はVery Welcome。
彼らを尊重しない人間は、Not Welcomeです。
「小学生、猪に咬まれる」というニュースが今日もありました。
それが普通。
だからといって、猪を殺すのはナンセンス。
咬まれないように気をつけて、彼らに居場所を譲ろう。

それでなければ、猪に登記簿謄本を!

s-20130211.jpg

2013年2月 8日

"おつとめ品"と"売れ筋品"

asanuma-title.jpg

この前、地元で人気のパン屋さんに行ったとき、
「かりんとうパン」という商品を買った。
サイコロ状にカットされたパンをハチミツでコーティングしてあり、
原料にはパンの耳も使われている。


そう書くとよくある"おつとめ品"だが、私がこの商品を買ったのは
安いからでも量が多いからでもない。
純粋に「美味しそう!」と感じたからだ。
その店でもレジ横の目立つ "自信作棚"にあり、
さらに食べてみてパン耳の部分が特に美味しかったのは意外だった。

このお店のすごいところは《余りモノに価値を付けた》こと。
「日にちの経った売れ残りのパンを上手く使いました...」なら
"おつとめ品"棚にお詫びでもするかのようにひっそりと並んだのだろう。
それが「小豆島の有機オリーブ油で丁寧に揚げ、
カリッとした食感に仕上げた天然酵母パンに数回に分けて
ハチミツコーティング(っぽいことが書いてあった)...」と魅力を並べ、
売れ筋商品の札まで貼ってある。
まるで「この商品のためにわざわざ2次加工をした」とでも言うような扱いなのだ。


《食べ物を無駄にしない》というスローガンに賛同する人は多い。
《MOTTAINAI-もったいない-》という日本語は海外でも受け入れられた。
それでも手間やロスを恐れて具体的な行動を起こす人や
企業がまだまだ少ないように感じる。

パン屋さんは丹精込めて作った自慢のパンを余すところなく販売し、
お客さんも喜んで買っていく。
儲けた利益でいい原料を仕入れ、コストのかかる仕事を妥協せず、
美味しいパンを作り続けることができる。
だからこそヒット商品「かりんとうパン」は生まれ、
そして今日も売り切れているはずだ。

2013年1月29日

ケンポナシ

yamazawa-title.jpg

今月上京は、東京が大雪の日でした。
私の住む山形庄内は、すっかりペンギンの住む世界になっていますが、
東京だって今年は格別寒いみたいです。

さて、この写真の小さな花。
判りますか?

%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8.jpg

ケンポナシの花です。
最近某飲料メーカーからケンポナシの葉を使用した健康飲料が発売されたとか。
ちょっと威張った言い方をすれば、<時代が私についてくる!>
逆に言うと先走り過ぎなのかもしれない(笑)
ケンポナシ。
私は4年以上前から収穫を初めて居ます。
とはいえ私の場合、葉ではなく香りに注目し、人用の化粧オイルを作っています。

ケンポナシの果実をホホバオイルに浸して、香りエキスを浸出させます。
簡単なようだけど、神経を使う製造方法なんですよ。
防腐剤を使用しないので、不純物が混入すると変質してしまうからね。

ケンポナシの花は昆虫を引き寄せるために、夜に甘い香りを放ちます。
夜咲く花だから白。暗闇に浮かび上がるように白い花。(又は黄色)
植物の世界はとっても合理的に出来ていますね。

ケンポナシの果実は哺乳類(特に雑食~肉食)のフェロモンを
刺激する香りと言われ、恋の香りなんだそうです!
果実の先に2~3個の小さな種子があり、
これは胃酸等の酸性を通さなければ発芽しない。
どうしてケンポナシが雑食哺乳類に食べさせる事を選んだのかは
判らないけれど、果実の香りは雑食哺乳類をおびき寄せ
、種子を運んでもらう為の戦略。

10月中頃になると先ず葉が落ちる。
これは次に落ちてくる熟した果実のクッションになるため。
葉が落ちた後15~20日の11月。濃厚な香りになった果実が落ちる。
栄養価も高いので、冬ごもり前の滋養にもなるから、
香りに引き寄せられた哺乳動物が、夢中になって果実を食べる。
全てケンポナシの思惑通り!
なんか恋愛に巧みな女性の様で、色気があっていい話でしょ?

雑食の哺乳類と言えば人間も一緒。
モテたい人はケンポナシオイルをつけてみては?!

2013年1月10日

食糧問題

minamimura-title.jpg

野菜の価格が高騰!
魚介類がとれない!
お米は被爆線量が。。。
わたしたちは今後、いったい何をたべればいいんだろうねーーー?


これらの食料問題は、家畜に関する考え方や、
漁獲高に関する考え方をいままでどのように考えてきたのかこなかったのか?
というところに問題があるような気がします。

わたしたちが子供の頃に、そんなことを真剣に考える機会は
あまりなかったように思うし、今の教育システムにそんなことが
あるかどうかもわかっていない。
何よりも生きていく上で一番大切な問題なのに。

戦後の復活からバブルが崩壊するまで、
経済が上向きだったころは食料問題なんてなにもなかったかのように、
飽食を謳歌していた日本人。
ところが徐々に迫りつつある温暖化などの気象の変化とともに、
天変地異やそれに伴う原子力発電所のメルトダウンにより、
一気に進んだ問題が食料問題です。

それを予期して10年以上前に自給自足の畑を手にした私の知り合いでさえ、
原発の放射能の影響までは考えに入れていなかったと思う。
どこの国に逃げたって、海や空気は地球上全部つながっているから意味がないし、
この先どうなるのでしょうかね?

人間だけでなく、野生の熊、鹿、イルカ、クジラ、亀など、
世界中で謎の大量死や座礁が起こっているみたい。

毎日の自分ベースでできる最低限の努力は、
せめて食卓の食べ物に感謝し、ありがたくいただき、『いのち』や『健康な星』について
祈るということでしょうか。
または、『食べなくてもよい身体づくり』をヨガで達成するべきかしら?

子供たちには、バーチャルなゲームなんかを供給する前に、
食料問題について考えさせてほしいよー!

前の10件 1  2  3  4
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク