アルモニ・ブログ

2014年8月の記事リスト

2014年8月27日

ケーブルカーを乗りこなすワンコ

minamimura-title.jpg


六甲山の上の方に住んでいるある一人暮らしの男の人が、犬を飼っていた。

名前も分からないし、犬種もわからないけど、
私のイメージでは比較的大きめの日本的雑種。

その犬は、毎朝決まった時間にお父さんが乗るケーブルカーの駅に見送りに、
しかも毎夕決まった時間に帰ってくるお父さんを迎えにくる名犬だった。

お父さんは、毎朝、毎夕駅で送迎してくれるこの犬をたいそう自慢にしていた。

だけど、この犬は全く違う意味で名犬だったのです!

それは、ある日お父さんのもとに届いた一通の請求書から明るみに出た話。

請求書は、山のふもとの蒲鉾屋からだった。

どうやら犬は、毎朝お父さんを見送ると、
次のケーブルカーを待って山のふもとに降りていっていたらしい。
一日中、ぶらぶらとほっつき歩いてはよその犬とけんかをしたり、昼寝をしたり、
学校をさぼった少年のように町をさまよい、
ついでに顔なじみの蒲鉾屋でちくわを一本失敬し、ぱくぱく食べながら駅に戻る。

夕方、いつもお父さんが乗る一本前のケーブルカーに乗って山に帰ってきて、
そこで次のケーブルカーに乗って帰ってくるお父さんを待つ、という戦法なのだ。

知らなかったのはお父さんだけで、地元の人々の間では有名な犬だった。

蒲鉾屋も、この犬をかわいがってはいたものの、
あまりにもいつもちくわを堂々と万引きしていくので、
とうとう何年目かで請求書を送ったという次第。

なんて童話のような話! 今や、都会ではこんなことはあり得ないだろう。

一人でほっつき歩いていては、すぐに保護され、
保健所か動物保護センターに連れていかれてしまうだろうに。

ちくわを食べ続けた犬は、今も生きているのかしら? 

実話なんですよ、これ。

母が楽しそうに私に話してくれた実話なんです。

2014年8月13日

どぜう

asanuma-title.jpg


東京出張の際には浅草に泊まることが多い。
この界隈は江戸風情が漂う"食べ歩き天国"だと思う。
なかでも僕の中で浅草といえば「どぜう鍋」。

いつも伺う駒形どぜうの「どぜう鍋」は、良型のドジョウを小さな鉄鍋に敷き詰め、
しょうゆ出汁で煮込んだただけのシンプルな料理。それが小さな七輪にのって、
数えたらドジョウ14匹が素敵な感じで並んでいる。
そんな「どぜう鍋」をネギ山盛りで絡め食べるのが楽しくて仕方ない。

鉄鍋を1枚2枚と数え、おかわりをする。ドジョウ好きの取引先と行くときは、
3~4人で12~3枚は食べてしまう。
「昔は地元の人も多く一人で何枚も食べたもんだけど、
最近は珍しい食べ物という感じで数人で突っつく程度」。
十数枚も食べるとお店の人と"ドジョウ愛"が取り持つ不思議な親近感が芽生え、
これも楽しい。

どんどん食べても不思議と胃もたれなし。夏場のスタミナ食としてもお勧めしたい。
ただドジョウがお腹の中に40匹以上...という迫力ある食事にはなる。



20140813.jpg

見た目に反して箸がとまらない。

2014年8月 5日

食べるハーブのすすめ

yamazawa-title.jpg


毎日暑いですね。

アスファルトと高いビルに囲まれた都会は、格別つらそうだなぁ。
私の住む山形庄内も結構暑いですが、
地球が息する場所が沢山あるので、それなりに朝夕は過ごしやすいものです。
陽が沈めばホッと一息つける。
身体が休まる。
犬も猫も夕方からはやけに元気になってくる。


都会の動物達は、過ごしにくくて大変じゃないの?
1日クーラーのきいた室内で過ごすのか。
それでは食欲もでないで当たり前。
先日食の細い犬が多くなったとききました。
"犬でも食が細いってあるの?"
グルメなんだか、甘えているんだか、飽きちゃうのか。。。
とにかく自分の食べたいものが出てくるまで、
食べないで頑張るのだとか。
ど~したんだか~?と、山澤清が考えてみたところ、
地球と生きてないからじゃないかと。。。思ったわけです。

土の上を思いっきり走ったり、
川に入って泥んこになってみたり、雨にうたれてみたり。
朝日を浴びたりも、そう。
草を食んだりしてないんじゃないの?
そういった地球を感じる生活をしている動物からは、
間違いなく力強い生命力を感じますよね。もちろん、しっかり食べる。
食べることは生きること。
うちのワンちゃん食事がすすまなくて困ったわ~と思ったら、
地球を感じる体験をさせてあげてみてください。
そして食事も、地球の伊吹を感じるものを食べさせてあげて!
私が作っているアルモニ"食べるハーブ"なんて、いいんじゃない?
ハーブはもともと野生種だから、植物としてパワーがある。
加えて山ちゃんオリジナルの有機循環農法栽培のハーブを、
低温乾燥した栄養素そのまんまの粉末だから、
あなたのワンちゃんも野生&生命力のスイッチが入ってしまうはず。

試してみて!

山澤清

YHO1-00-1.jpg

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク