アルモニ・ブログ

2015年5月の記事リスト

2015年5月20日

ウシを飼う

asanuma-title.jpg

生産地を訪ねる仕事柄、鶏・豚などの畜産農家のこだわりを間近で見てきた。
中でも長年蓄積・伝承された経験に基づいて改良を繰り返す《肉用ウシ》の飼育(肥育)には凄みを感じる。
4~5月の2か月の間に岡山・兵庫・滋賀・島根・高知で6か所の有名産地やこだわりの飼育法を見聞きし、
牛飼育の難しさと奥深さを改めて知ることができた。

広大な敷地と大掛かりな設備、出荷まで2年半もかかる飼育コストも半端ではない。
1日30リットルの水を飲用する出荷時体重7~800kgの巨体は人の思い通りにならず、
掃除や餌やりなど管理するだけで途方もない労働となる。

「ウシを飼うのにこれといった正解はない。
より良い品質を実現するためにそれぞれの産地が失敗を繰り返し改善するだけ。
うちでもブランド牛を作るために頑張っているが、今でも10頭中1頭は認定されない。」とある牛飼いは教えてくれた。

IMG_3226.JPG
餌かな?私に気づいて寄ってくる放牧中の牛


「健康に育てれば肉質が上がる」と考えてストレスを軽減するために鼻輪を外し、
たった数十頭のために10ヘクタールはある広大な牧場に放し飼いしている。
「食事が大事!」という別の牛舎は、干し草や発酵飼料を地元で収穫できるものだけで作るというこだわりよう。
独自の品質を実現するために母牛を飼い、子牛から育てることに挑戦している農家もある。



IMG_3231.JPG
子牛は戸建に住んでいる光景


飼料の高騰は影響が大きい。
以前にも増して高級食材になってしまったが、いまでも畜産の王様は牛だと言ってしまう。
間違いないだろう。


IMG_3193.JPG
牛舎の番犬1。見た目に反して優しいワン。


IMG_3192.JPG
牛舎の番犬2。近づいても吠える気配なし。

2015年5月 1日

遊び疲れたときの犬のごはん

minamimura-title.jpg


人間と違って、犬はビタミンCを体内で合成することができる酵素を持っています。
そのため必須の栄養素とは考えられておらず、ドライフードのラベルなどには、
ビタミンCがどのくらい含まれているかという表示がありません。
でも、これはあくまでも一日をのんびりとして過ごしている犬なら、
そのエネルギーを維持できるという量です。
我が家の犬たちは、週末になると海で遊ぶのですが、
これが小さい時からずっと毎日慣れていることならいざ知らず、
普段の日はオフィスに来てウトウトと眠っていることが大半のため、
週に一日だけ海に行って思い切り遊ぶということは移動も含めて結構な大運動です。
嬉しすぎて昼寝もままならないし、朝も早くから目覚めて興奮気味。
我が家のように海に行かずとも、週末にドッグランで思い切り走るとか、
普段行かない街へでかけてドッグカフェで何時間も普段より緊張して(興奮して)過ごすとか、
日常でない緊張や興奮は、楽しいことの反面、良い意味でも悪い意味でもストレスになりますね。
飼い主さんの喫煙の受動副流煙にしろ、交通量の多い道路の舗道の散歩時の排気ガス吸引にしろ、
長い孤独なお留守番にしろ、動物病院やトリミングサロンでの緊張にしろ、
飼い主が思わぬところで犬たちが感じているストレスというのは意外と多いのかもしれませんね。
そんな時にはビタミンCを新鮮な食べ物で補給してあげるのが良いと思います。
自分でビタミンCを作り出す能力を、他の機能の回復に使えますからね!

先週末も海で遊び疲れ、しかも塩水を飲んでいるので、
塩分を排泄したいときのカリウムとビタミンCを意識したゴハンをご紹介します。

●鶏胸肉 灰汁をとりながらゆっくり茹でて、人肌に冷めたらほぐします。
●コールスロー きゅうり、いちご、グレープフルーツ、りんご、レモン果汁
 (夏なら冬瓜やメロン、スイカもいいですね)
●加熱野菜 ゴーヤ、にんじん
●カルシウムとオメガ3脂肪酸

スープをたっぷりにして、好きなときにいつでも排泄できるようにしてあげましょう。

これでまた元気を取り戻し,ウィークデイにしっかり英気を養ってもらい、週末にはまた遊ぼうね。
犬も大変ですねえ・・・

IMG_6929.jpg

IMG_6934.jpg

IMG_6936.jpg

IMG_6888.jpg

1
このページの先頭へ


プロフィール
プロフィール 南村 友紀
Kitchen Dog!代表
プロフィール 淺沼 悟
ドットわん代表
プロフィール 山澤 清
ハーブ研究所
スパール代表

最近の記事

アーカイブ

リンク