スタッフコラム8話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム8話目

うちの子はシニア犬?

008_1.jpg

パートナーはあっという間に年を取ると聞きますが、うちの子がシニア犬かどうかをどう判断しますか?
私は、パートナーの年齢は意識せずにいつまでも若いと思うようにしています。
そのほうが若さを保ってくれるような気がするから。
 
でも健康維持のためには年齢にあった食事が良いのは人と同じ。
シニア犬用のフードは成犬用と何が違うのか、いつから切り替えるべきかを知っておいたほうが良いですよね。


シニア期は体質が変化する

シニア期(初期)の年齢
・小・中型犬:7から9歳頃から
・大型犬:6歳頃から
・超大型犬:5歳頃から

上記はあくまで目安の年齢です。
なんとなく遊ぶ時間が減って寝ていることが多くなったなと感じる頃です。
特徴的な身体の変化は、太りやすくなること。


(さらに数年後はハイシニア期といって、筋肉が落ち、脂肪は蓄えにくく、痩せてくる年齢になります。)

フード選びのポイント

シニア犬用フードの大きな目的はダイエットを意識したレシピ。
つまり、成犬用より太りにくいレシピ(低カロリー、低脂肪、繊維質が豊富)で作られています。

太りにくいだけでなく、お腹の健康や体のふしぶしのサポートになる栄養素もプラスされているフードもあります。


【シニア犬用フード関連商品】
・美味しさとお腹の健康に配慮したフード
 Yum Yum Yum! シニア&ライト チキン ドライタイプ
・お腹と関節に嬉しい素材入りのフード
 ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード シニア&ウェイトマネジメント

シニア犬用フードは栄養が少ない?

一昔前は、シニア期のタンパク質量は少なめで良いといわれていました。
ですが、現在の栄養学ではシニア期も活動期と同じくらいタンパク質が必要なことがわかっています。
つまり、シニア犬用フードは適量のタンパク質を含みながら低カロリーというわけです。

なので、まだまだシニア期ではないパートナーも太りやすい体質ならシニア犬用フードを試すことはおすすめなんです。

「成犬用」や「シニア犬用」といった表示については、その年齢にしか与えられないというものではありません。
フード選びのざっくりとした指標と考えてくださいね。


【関連記事】
老犬に合う食事とは?老犬用フードの選び方


切り替えのタイミング

太りやすくなったな、と感じたらシニア犬用フードへの切り替え時かもしれません。
それには定期的に体重を測ることが大事です。
あれっ!いつのまにか、すごく太っているじゃない!と驚かないようにしましょうね。

ダイエットが必要といっても、フードを減らしすぎるのは危険です。
次回はダイエットの落とし穴についてスタッフ犬の話をお伝えしますね。お楽しみに!


商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム8話目