スタッフコラム4話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム4話目

フードの選び方

00401.jpg

パートナーのフード選びは、情報が多くて混乱してしまう方は多いですよね。
いったいどうやって選べば良いのでしょう。

情報にまどわされない

・穀類が含まれるフードは犬の食性に合っていない
・グレインフリー(穀類を含まない)フードは良くない
・犬の体質に一番合っているのは生食だ
・〇〇はフードランキング1位
・獣医師監修だから間違いないフードだ

フードメーカーは研究を重ね、犬にとって良いフードを製造しています。
それがパートナーの体質に合っているかどうかは別問題です。

一番良いフードとは?

答え:パートナーの体質に合っているものが一番良いフードです。

・パートナーの健康状態(便や毛艶)が良い
・体形がちょうど良く維持できている
・喜んで食べている

全部〇(マル)ならパートナーに合ったフードといえるでしょう。
もちろん、年齢に応じて体質も変化するので、いま与えているフードがずっと良いわけでもありません。

フードの選び方例

・運動嫌い、太りやすい、食いしん坊
 →カロリーが低め(適量なタンパク質、低脂質、繊維質が豊富)のフード
 ※肥満は体に負担をかけるのでフード、おやつを与え過ぎないようにしましょう。

・お腹が弱く痩せ気味
 →消化しやすい糖質が適量に含まれ、低脂質、適量のタンパク質が含まれるフード

・活動的で運動量が多い
 →筋肉維持のために役立つタンパク質、脂質が豊富なフード
 ※脂質が多いフードを与える場合は、特に水分補給を意識しましょう。

健やかな毎日のために

・ローテーション(例:>3ヶ月ごとに種類を変える)

素材によって含まれる栄養素は違いますのでローテーションすることで栄養の過不足をなくすことにつながります。
万が一、パートナーの体質に合わないものが含まれていた場合も、過剰な蓄積を防ぐことができますね。

パートナーの健康は、食事だけでなく、運動量、生活環境、接し方などパートナーの心のバランスも大きく影響します。
私たちと同じように感情を持った動物ですから。

犬のためのではなく、目の前のパートナーに合ったフードを探してくださいね。

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム4話目