「ペットの食の専門家」  ペットフーディスト奮闘記

GREEN DOGスタッフが「ペットの食の専門家」ペットフーディストの資格取得にチャレンジ!
その様子やパートナーの食事についての豆知識を発信します。

ホーム > この子にとって「良いごはん」ってなんだろう?

2019年12月18日

この子にとって「良いごはん」ってなんだろう?

こんにちは。
ペットフーディスト見習いの一人です。

突然ですが、田舎で私の両親と暮らしている
我が家のパートナーを紹介します。


20191218-6.jpg

ミニチュア・ダックス(現在3歳)の男の子です。

生後3か月の頃に迎えました。
人と日向ぼっこが大好きなマイペースさんです。

お散歩も好きで、毎日母と散歩に出かけています。
小さい頃は道行くトラックや知らない道におどおどしていましたが、今や堂々とした歩きっぷりです。

20191218-1.JPG


そんなパートナーのごはん事情ですが、、、
実は悩みがあります。

お家に迎えてすぐのころはドライフードをしっかり食べてくれていたのですが
1か月を過ぎたころから、ムラがみられるようになり
フードを安定して食べなくなってしまいました。

ほとんど残してしまい、1日の食べる量が明らかに少ないこともしばしば。

食べないときはお腹空いてないのかな?なんて思いきや
「ぐぅぅ」とお腹を鳴らしています。でもフードは食べません。

おやつをあげると喜んで食べるので、食欲はあるようです。
お肉をたっぷり使っているという美味しそうなフードも
いくつか試したのですが、すぐに飽きてしまいます。
ウェットフードやふりかけのトッピングもしても続きません。


元気で運動もしていて、お腹もすいているのに
どうしてごはんを食べないのでしょう?
みなさまはどう思いますか?

ペットフーディスト養成講座では
こんなお悩みを解決するための知識を学ぶこともできます。

犬って「何でもよく食べる生き物」というイメージがありますが、
なかなかごはんを食べてもらえないとお悩みのオーナー様は、今とても多いようです。

美味しいフードを見つけるだけでなく、パートナーに食べてもらうための
方法を知っておくこともとても大切ですね。


20191218-5.jpg

ちなみに、我が家のパートナーは私たち家族の心配をよそに
とても元気にすくすく育ち、3歳になった今では
なんと体重7kg越えの立派な体格になりました。
(太ってませんよ、標準体型です^^)

相変わらず食べないことも多いですが、我が家ではあれこれ手を加えず
本人(本犬?)に任せることにしました。
きっちり毎食食べてもらおうと思うと家族もパートナーも疲れてしまうので、
定期的に健康診断を受けて元気なら良いと今は思っています。

食事のかたちも家族それぞれですね。

■ペットフーディスト養成講座
https://www.pet-foodist.jp/about/


まだ勉強は始まったばかりです。
目指せ、ペットフーディスト!



関連記事

  1. オンリーワンの食事スタイル

    メリークリスマス☆ペットフーディスト見習いです。はじめにパートナー紹介から。日本...

  2. この子にとって「良いごはん」ってなんだろう?

    こんにちは。ペットフーディスト見習いの一人です。突然ですが、田舎で私の両親と暮ら...

  3. ペットフーディスト(の勉強)、はじめました

    現在GREEN DOGでペットフーディストの資格取得の勉強に励んでいる30名のう...

  4. 資格取得に向けてがんばります!

    現在GREEN DOGのスタッフでペットフーディストの資格取得のために勉強に励ん...

  5. 「ペットの食の専門家」 ペットフーディストへの挑戦

    獣医療の専門家は獣医師 トリミングの専門家はトリマー しつけの専門家はトレーナー...



ページトップへ