「ペットの食の専門家」  ペットフーディスト奮闘記

GREEN DOGスタッフが「ペットの食の専門家」ペットフーディストの資格取得にチャレンジ!
その様子やパートナーの食事についての豆知識を発信します。

ホーム > こんなスタッフも受講しています!

2020年2月25日

こんなスタッフも受講しています!

こんにちは。私は、GREEN DOG実店舗のサポートスタッフです。

ペットフーディストの資格取得を目指すスタッフは、お客様と直接接する
店舗スタッフや通販総合窓口のスタッフだけではありません。

こんなお仕事をしているスタッフも受講しているんです!

①.jpg


















◆あなたのお仕事は何ですか?

GREEN DOGの商品担当です。
主な業務は、取り扱う商品の選定、品質チェックなどの販売までの準備、定期的なラインナップの見直しなどです。


◆ペットフーディストを受講したいと思った理由は何ですか?

GREEN DOGのお客様にとって価値のある商品をお届けするために、
犬の食事の知識をもっと深めて、商品選定に活かしたいと思ったからです。

もう1つの理由は、パートナーのため。
先代犬はガン宣告後も5年間、QOLを維持しながら長生きできました。
その時改めて食の大切さに気づき、もっと食事の知識を深めたいと思いました。

先代犬とお別れした後、同じラブラドールを迎えたのですが、体質や好みも違うので
その子に合った食事を選ぶ、作る大切さを感じたことも大きな理由です。


◆実際に受講してみて、活かせそうですか?

<お仕事>
ホリスティックケア・カウンセラーの資格はすでに取得していて、
基本的な食事の知識はあるのですが、栄養学だけでなく、薬膳やそのベースとなる中医学の基礎知識は
とても興味深く、思っていたとおり商品選定に活かせそうです。

また、講座内容に「価値の伝え方」という章があるのですが、私はGREEN DOG通販サイトの
商品紹介文を作成することがあるので、これまでの知識を最新情報に更新できそうです。
(まだその章までたどり着いていないので、がんばります!)

<プライベート>
現在は、Stella(ステラ)という2才のラブラドールの男の子がパートナーなのですが、
彼は少し肌が弱く、ときどき肢間炎の症状が現れます。また冷え性でもあるので、
手作りのトッピングに薬膳の知識を活かしています。

②.jpg


















◆受講していて、特に楽しいところは?

犬のごはんの勉強だけれど人の食事に通じるので、家族の食事にも活かせるところです。


◆逆に少し難しいところは?

病気別の食事管理についてです。自分のパートナーで経験した病気は理解しやすいのですが、
そうでない病気の栄養管理はちょっと難しそう・・・でもがんばります!



スタッフの多くが、自身のお仕事に、そしていち飼い主としてパートナーとの暮らしが
さらに豊かに健やかになるようにと、楽しみながら学んでいるようです。
みんなみんな、合格できますように!!

③.jpg












■ペットフーディスト養成講座
https://www.pet-foodist.jp/about/


関連記事

  1. いい笑顔の作り方

    こんにちは。ペットフーディストを目指している方を陰ながら応援している、GREEN...

  2. こんなスタッフも受講しています!

    こんにちは。私は、GREEN DOG実店舗のサポートスタッフです。ペットフーディ...

  3. セミナー講師をめざして

    こんにちは。店舗運営に携わるスタッフです。今回私は、ペットフーディストになるため...

  4. 私が「犬の食事」学びを続けているわけ

    こんにちは。ペットフーディストとしてさらに勉強中のスタッフです。みなさんはパート...

  5. お肉派?お魚派?

    あけましておめでとうございます。ペットフーディスト見習いの一人です。みなさまはど...

  6. オンリーワンの食事スタイル

    メリークリスマス☆ペットフーディスト見習いです。はじめにパートナー紹介から。日本...

  7. この子にとって「良いごはん」ってなんだろう?

    こんにちは。ペットフーディスト見習いの一人です。突然ですが、田舎で私の両親と暮ら...

  8. ペットフーディスト(の勉強)、はじめました

    現在GREEN DOGでペットフーディストの資格取得の勉強に励んでいる30名のう...

  9. 資格取得に向けてがんばります!

    現在GREEN DOGのスタッフでペットフーディストの資格取得のために勉強に励ん...

  10. 「ペットの食の専門家」 ペットフーディストへの挑戦

    獣医療の専門家は獣医師 トリミングの専門家はトリマー しつけの専門家はトレーナー...



ページトップへ