今日の晩ごはん

No.249 タラとじゃがいものスープゼリー

  • 調理時間:20分(冷やす時間含まず)
  • カロリー:150kcal

タラとじゃがいものスープゼリー

材料

  • タラ       80g
  • じゃがいも    100g
  • 舞茸       20g
  • パセリ      少量
  • ニンニク  薄切り2枚
  • ゼラチン     5g
  • 水        300ml

※目安は体重4kg小型犬の3日分のトッピングです。
トッピングする分ドライフードを減らしてくださいね。

ピックアップ食材

【タラ】

鱈の身は良質なタンパク質やカルシウムを豊富に含みます。脂質は身にはあまり含まれていません。また、肝臓にはビタミンA・Dを多く含み、昔から珍重されてきました。オメガペット(ペットサプリメントオイル)にも入っている肝油の原料にもなっています。

作り方

  1. 1 準備

    ニンニクはスライスにしたものを使います。
    購入した時にまとめて処理をして小分け冷凍しておくと便利です。
    ニンニクを与えることに抵抗がある場合は無しでけっこうです。
  2. 2 切る

    材料をすべて小さく切ります。
    パセリはみじん切り。(こちらも購入時に処理して冷凍しておくと良いでしょう)
    じゃがいもは8mm角のサイコロ状に。
    タラは小さく10~20㎜ていどに。
    舞茸はできるだけ小さ細切りに。微塵切りでもいいです。
  3. 3 煮る

    水300mlとパセリ以外の材料をすべて鍋に入れ加熱します。
    ときどき灰汁をとりながらじゃがいもがやわらかくなるまで煮たら火を止めます。
  4. 4 固める

    火を止めた鍋にパセリを入れる。
    最後にゼラチンをふり入れてよく混ぜて溶かす。
    容器に移し替え、冷蔵庫で冷やし固まったらできあがり。
    ※ゼラチンがお腹に合わない場合もあります。
    冷えたものをたくさん食べるとお腹を冷やすのでトッピングで与えるのがおすすめです。

レシピ考案者のコメント

タラの身とじゃがいもにほんの少量のニンニクを加えたスープ。ゼラチンを入れて冷やし固めることでシニア犬にも食べやすいスープになりました。夏バテ時のときには犬もこういう食事なら食べられる場合がありますが、冷たいものをたくさん食べるのはお腹を冷やすので間食やトッピングがおすすめです。

手作り食へのステップ

① 注意が必要な食材を知る

ネギ類(タマネギ、長ネギ、ニラ、アサツキなど)

溶血性貧血や血尿の原因に。スープの汁も避ける事をおすすめします。


チョコレート

中枢神経興奮作用があるので、大量に食べると死に至ることもあるといわれています。


生卵の白身

生の卵白に含まれるアビジンという成分が腸内でビオチンと結合し、その吸収を阻害します。
ビオチン欠乏症になると、下痢、食欲不振、皮膚疾患などが生じます。


調味料(砂糖・塩など)

香辛料、カフェインの入ったもの。

② 1日に必要なエネルギーを知る

体重/kg 2 4 8 16 24 30 40
必要量/kcal 212 356 599 1008 1,366 1,615 2,004

上記必要量は健康な成犬(避妊・去勢をしていない)の目安になります。
パートナーの体重や年齢、運動量に合わせて必要量は異なるため、オーナー様が様子をみながら判断し、調節してください。
(避妊・去勢をしている場合は1割、シニア期は2割、目安量より少なめに与えてください。)

③ 栄養バランスを考える

何をどれだけどのように食べさせるか‥が大切!
犬は雑食ですが、肉中心の食事が好ましいと考えます。 三大栄養素など細かいことを言うときりがありませんが、動物性タンパク質の肉や魚、卵が6割、残りの4割で野菜、豆類、キノコ、海草などを使っています。グラムやカロリーで考えると野菜類が大量になってしまうので、見た目の比率で考えてください。

レシピ考案

山本 由能

アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー
ペット栄養管理士

山本 由能

GREEN DOGの情報を発信中

印刷する

シニア向けレシピページ

低カロリーレシピページ

魚レシピページ

カテゴリからレシピを探す