ドライフードお探しですか?ホリスティックケア・カウンセラーがぴったりなドライフード選びをお手伝いします

¥2,500以上の購入で送料・手数料無料! 15時までの注文で当日配送
  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. ドライフードお探しですか?ホリスティックケア・カウンセラーがぴったりなドライフード選びをお手伝いします

ドライフードお探しですか?ホリスティックケア・カウンセラーがぴったりなドライフード選びをお手伝いします

「うちの子に合うドライフードってどれ?」「ドライフードを替えたいけど、何が良いの?」「フードをローテーションさせた方がいいと聞いたけど、食べれる商品を教えてほしい」といったお悩みはありませんか?ドライフード選びなら、GREEN DOGにお任せください。年間5,000件以上の相談を受けているカウンセラーが、オーナー様のニーズやパートナー(愛 犬)のコンディションに合わせて、おすすめのドライフードをピックアップいたします。

まず、はじめに...
GREEN DOG STANDARD ─安全基準─

画像

GREEN DOGでは、人間の食品と同じレベルの安全基準を目指しています。たくさんの厳しい安全基準を決め、それが守られるよう徹底しています。

詳細はコチラ

どのライフステージのフードをお探しですか?

子犬(目安:離乳後~1歳)

成犬(目安:1~7歳)

シニア犬(目安:7歳~)

子犬(目安:離乳後~1歳)

成長期の子犬のごはんは、病気になりにくい健康な身体の基礎をつくる大切な役目を担っています。いろいろなフード、いろいろな食材を組み合わせることがおすすめ。そうすると好き嫌いをなくすだけでなく、それぞれの栄養をまんべんなく摂り入れることができます。


こだわり検索

こだわり別にドライフードをご紹介します。

お腹が気になる  関節が気になる  皮膚被毛が気になる  涙やけが気になる  穀物不使用(グレインフリー)  嗜好性が高い/お肉の含有量が高い  ニオイが少ない  やせたい  太りたい  新鮮食材使用 


アレルギー検索

下記のアレルゲンが入っていないドライフードをご紹介します。

小麦(新しいウィンドウで表示します)  米・玄米(新しいウィンドウで表示します)  大豆(新しいウィンドウで表示します)  とうもろこし(新しいウィンドウで表示します)  ポテト(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  ラム(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します) 


とにかくおすすめを教えて!というオーナー様へ

いちオーナーでもあるホリスティックケア・カウンセラーが、おすすめドライフードをご紹介します

GREEN DOG 相談ルーム担当 山本

GREEN DOG 相談ルーム担当 山本

私のフード選びのこだわり

ローテーションさせて、さまざまな栄養を摂りいれること

私のおすすめドライフード

給与量にあまり差がでないよう、子犬用のフードでローテーションをすることがおすすめです。

ナチュラリー・フレッシュ チキン&ダックオリジン パピーアカナ パピースモールブリードベーシックフォーミュラ「ナーサリー」

GREEN DOG相談ルーム担当 山田

GREEN DOG 相談ルーム担当 山田

私のフード選びのこだわり

・複数の食材を摂取できること。
・犬の食性(肉食)が考慮してあること。

私のおすすめドライフード

ベーシックフォーミュラ「ナーサリー」
・穀物は穀物でも、消化のことを考えた生成白米が入っているから。

オリジン パピー
・犬の食性を考慮して、お肉の含有量が高くグレインフリーだから。粒が大きすぎないので小型犬にもおすすめ。

GREEN DOGスタッフ(獣医師) 伊東

GREEN DOGスタッフ(獣医師)伊東

私のフード選びのこだわり

・肉の含有量が高く、嗜好性もよいこと
・カロリーが高い(少量でも充分な栄養を与えることができる)こと

私のおすすめドライフード

NOW FRESH Grain Free パピー
・小粒で食べやすく、高品質で嗜好性が高いから。

ジウィピーク
・嗜好性が抜群によい。少量で充分な栄養が与えられるため、一度に少ししか食べられない子犬には最適。

GREEN DOGスタッフ 岩渕

GREEN DOGスタッフ 岩渕

私のフード選びのこだわり

・犬の食性に合っているもの(タンパク質多め・穀物なしか少なめ)
・パートナーが太りやすい体質なので、低カロリーなもの

・消化酵素などが添加されているなど、お腹にやさしいもの。
・余計な添加物が入っていないもの。

私のおすすめドライフード

NOW FRESH Grain Free パピー
・犬の食性に合っている。消化酵素が添加されている。余計な添加物が含まれていない。ライフステージ別に分かれているので、体質に合っていれば成長に合わせてスムーズにフードの切り替えができる。

アカナ パピースモールブリード
・犬の食性に合うように肉の含有量が多めになっている。アレルギーになりにくい低GI穀類が使用されている。粒が小さいので口の小さい子犬も食べやすい。

よりぴったりなフードを探したい!というオーナー様へ

GREEN DOGの相談ルームをご利用ください。いちオーナーであり犬猫の専門家でもあるホリスティックケア・カウンセラーが、あなたのお悩みをお聞きし、パートナーに最適なドライフードをご提案させていただきます。

商品選びに迷ったら、ホリスティックケア・カウンセラーへお気軽にご相談ください。相談は無料です。

ページの先頭へ戻る
成犬(目安:1~7歳)

成長期が終わり、老年期に入るまでの期間です。別名「維持期」と呼ばれることもあり、健康維持がいちばんの目的になります。犬種の特性や去勢避妊の有無、運動量、生活環境、ライフスタイルなど、さまざまな要因を考慮しながら個体差に応じた健康管理を行いましょう。


こだわり検索

こだわり別にドライフードをご紹介します。

お腹が気になる  関節が気になる  皮膚被毛が気になる  涙やけが気になる  穀物不使用(グレインフリー)  嗜好性が高い/お肉の含有量が高い  ニオイが少ない  やせたい  太りたい  新鮮食材使用


<成分値を制限しないといけないなら>
GREEN DOGで扱うドライフードの中で、比較的成分値が低いものをご紹介します 低リン&低タンパク質&低ナトリウム  低ナトリウム  低リン&低マグネシウム

アレルギー検索

下記のアレルゲンが入っていないドライフードをご紹介します。

小麦(新しいウィンドウで表示します)  米・玄米(新しいウィンドウで表示します)  大豆(新しいウィンドウで表示します)  とうもろこし(新しいウィンドウで表示します)  ポテト(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  ラム(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)


とにかくおすすめを教えて!というオーナー様へ

いちオーナーでもあるホリスティックケア・カウンセラーが、おすすめドライフードをご紹介します

GREEN DOG相談ルーム担当 日笠(シニアカウンセラー)

GREEN DOG 相談ルーム担当 日笠(シニアカウンセラー)

私のフード選びのこだわり

・鮮度や調達する原材料などを細かいところまでこだわっていること
・そのこだわっているポイントを、ブランドがしっかりと謳っていること

私のおすすめドライフード

ドットわん
産地だけでなく生産者にまでこだわった原材料を使用している。お米なら炊く・野菜なら茹でるなど、調理方法も熟考されている。

GREEN DOG相談ルーム担当 村西

GREEN DOG相談ルーム担当 村西

私のフード選びのこだわり

・2頭(チワワ)に同じ食事を与えたいので、2頭ともに喜んでくれること。
・留守中に食糞をするので、うんち量が少ないもの(生食)。
・動物性タンパク質がメインであること。

私のおすすめドライフード

ナチュラリー・フレッシュ
加工する朝に市場から届くほど鮮度にこだわった生肉を使っている。低GIの食材が使われているので太りやすいパートナーには特におすすめ。粒のサイズは大きく感じるが平たいので砕きやすい。噛みごたえがあるので小粒サイズよりも時間をかけて食べることができ満足度UPにつながる。3レシピをローテーションすることで、飽き防止やさまざまなお肉の栄養を摂れるのがいい。

GREEN DOGスタッフ(GREEN DOG代官山)横田

GREEN DOGスタッフ(GREEN DOG代官山)横田

私のフード選びのこだわり

・食いつきのよさ、ウンチの状態、毛艶が良くなるもの。
・酵素が摂れること。

私のおすすめドライフード

NOW FRESH Grain Free アダルト
犬の消化吸収が考慮されていて、ベースフードとしておすすめだから。

go!(ゴー!)
種類が豊富で、ローテーションであげることができるから。

GREEN DOGスタッフ 塔春

GREEN DOGスタッフ 塔春

私のフード選びのこだわり

・自分のパートナーのアレルギー物質を含んでいないか。
・原材料の質、製法など。

私のおすすめドライフード

NOW FRESH Grain Free アダルト
新鮮な食材をふんだんに使用しており、その食材が持つ"良さ"をなるべく壊さないような製法で作られているから。

よりぴったりなフードを探したい!というオーナー様へ

GREEN DOGの相談ルームをご利用ください。いちオーナーであり犬猫の専門家でもあるホリスティックケア・カウンセラーが、あなたのお悩みをお聞きし、パートナーに最適なドライフードをご提案させていただきます。

商品選びに迷ったら、ホリスティックケア・カウンセラーへお気軽にご相談ください。相談は無料です。

ページの先頭へ戻る
シニア犬(目安:7歳~)

代謝が落ちて太りやすい時期です。摂取カロリーを減らして体重を維持したり、消化吸収の良いものを与えたりする必要があります。低カロリーフードを与える場合は、穀物が少ないフードを!穀物は内臓に負担をかけたり筋肉を減らしてしまったりする場合があります。


こだわり検索

こだわり別にドライフードをご紹介します。

お腹が気になる  関節が気になる  皮膚被毛が気になる  涙やけが気になる  穀物不使用(グレインフリー)  嗜好性が高い/お肉の含有量が高い  ニオイが少ない  やせたい  太りたい  新鮮食材使用


<成分値を制限しないといけないなら>
GREEN DOGで扱うドライフードの中で、比較的成分値が低いものをご紹介します

低リン&低タンパク質&低ナトリウム  低ナトリウム  低リン&低マグネシウム


アレルギー検索

下記のアレルゲンが入っていないドライフードをご紹介します。

小麦(新しいウィンドウで表示します)  米・玄米(新しいウィンドウで表示します)  大豆(新しいウィンドウで表示します)  とうもろこし(新しいウィンドウで表示します)  ポテト(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)  ラム(新しいウィンドウで表示します)  (新しいウィンドウで表示します)


とにかくおすすめを教えて!というオーナー様へ

いちオーナーでもあるホリスティックケア・カウンセラーが、おすすめドライフードをご紹介します

GREEN DOG相談ルーム担当 日笠(シニアカウンセラー)

GREEN DOG相談ルーム担当 日笠(シニアカウンセラー)

私のフード選びのこだわり

・鮮度や調達する原材料などを細かいところまでこだわっていること。
・そのこだわっているポイントを、ブランドがしっかりと謳っていること。

私のおすすめドライフード

デイリーベト 免疫ケア
残留化学物質にまで配慮した原材料を使用している。シニア犬の身体を考慮した9種類ものフィトケミカルが補える(AFSタブレット)。

GREEN DOG相談ルーム担当 山本

GREEN DOG相談ルーム担当 山本

私のフード選びのこだわり

・パートナーが胃腸が弱いので、消化に良いこと。
・エイジングケア成分が含まれていること。

私のおすすめドライフード

シニアに必要な栄養素が配合されていて消化に良いフードでローテーションを続ける。

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメントセラピューティックフォーミュラ「シニアサポート」インテスティナルアクティブ 胃腸ケアロータス シニア チキンレシピ

GREEN DOGスタッフ(GREEN DOG代官山) 永野

GREEN DOGスタッフ(GREEN DOG代官山)永野

私のフード選びのこだわり

・コンドロイチン・グルコサミンが入っていること。
・原材料が動物名ではっきり書かれていること。

私のおすすめドライフード

オリジン シニア
原材料も明確で、コンドロイチン・グルコサミンが他の商品に比べて多く入っているから。

GREEN DOGスタッフ 野津

GREEN DOGスタッフ 野津

私のフード選びのこだわり

・タンパク質含有量が高いこと。
・穀物含有量が低いもの、もしくは含まないもの。

私のおすすめドライフード

NOW FRESH Grain Free シニア&ウェイトマネジメント
安価なドッグフードでありがちな『シニア用=穀物メイン』のフードではないので、毛艶が悪くなったりしないように思います。食いつきはよいです。

よりぴったりなフードを探したい!というオーナー様へ

GREEN DOGの相談ルームをご利用ください。いちオーナーであり犬猫の専門家でもあるホリスティックケア・カウンセラーが、あなたのお悩みをお聞きし、パートナーに最適なドライフードをご提案させていただきます。

商品選びに迷ったら、ホリスティックケア・カウンセラーへお気軽にご相談ください。相談は無料です。

ページの先頭へ戻る
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. ドライフードお探しですか?ホリスティックケア・カウンセラーがぴったりなドライフード選びをお手伝いします