2016.10.31目の健康・ケア

雑菌?アレルギー?犬の涙やけの原因と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涙やけを起こす犬のケアと対策

愛犬の目の周りの毛が赤茶色に変色し出したという経験はありませんか?もしかするとそれは、涙やけと呼ばれる症状かもしれません。

涙やけは、直接的に愛犬の体に大きな影響を与えるわけではありませんが、愛犬の体になにかしらの異常が起こっているサインでもあります。今回は、涙やけの原因、涙やけがある愛犬の目の周りのケアと対策についてご紹介いたします。

涙やけの原因は?

7564-00018-4

涙やけとは、犬の目から涙が過剰に溢れてしまい、目の周りの毛を変色させてしまうことをいいます。

涙は上まぶたの涙腺で作られ、結膜から分泌されます。涙は眼の汚れを落とし、結膜や角膜を潤した後、目頭にある涙点に吸収され、涙小管・鼻涙管(鼻)を通って排液されます。

しかし、なんらかの原因によって涙の分泌量が増加したりこの涙管が詰まってしまうと、涙が目の周りに溢れてしまします。そして、涙のタンパク成分が変色し、そこに紫外線が当たることによって毛を染色します。目の周りが濡れ続けることで雑菌が繁殖し、毛を変色させることもあります。

涙やけの原因

  1. 涙の分泌増加・・・結膜炎、角膜炎、ゴミ、逆さまつ毛、まぶたの内反・外反など
  2. 涙の排泄障害・・・涙管や涙点のつまり、まぶたの内反・外反、目の周りの筋力低下など
  3. その他・・・涙嚢炎、マイボーム腺の機能不全、歯の疾患、眼球癒着など

涙やけが多い犬種

  • パグなどの短頭種
  • トイプードル、チワワ、シーズー、マルチーズなどのトイ種

これらの特定の犬種で涙やけ多いのは、鼻涙管が狭窄していることが多いからと言われています。まれに涙点が開いていないということもあります。その他の原因として、目に毛やゴミ、ホコリが入って涙が出る場合や犬のアレルギー体質が関係している場合もあります。

愛犬の体質による涙やけの対処法

涙やけの対処法

愛犬に子犬のときからずっと涙やけが続いている場合、鼻涙管の障害がある可能性があります。このような犬は生まれつき鼻涙管が細く、涙が通りにくい傾向があります。

また鼻涙管が鼻炎など何らかの原因によって詰まっている場合、鼻涙管を洗浄する方法もあります。その場合は、家庭での判断や対処は難しいため、必ず獣医師に相談しましょう。

また、アトピーや食物アレルギーに結膜炎が併発して涙が多くなっていることもあります。実際にどのアレルゲンに反応しているのかを見定めるためにはアレルギー検査が必要になります。アレルギーが疑われる場合もまた獣医師に相談し、必要に応じてアレルゲン除去食や薬で治療をしましょう。

目の周りを清潔に保つケア

愛犬に涙やけの症状が現れたときには、どんなケアが必要でしょうか。

すっきり!愛犬の目の日常ケアの方法

まずは愛犬をリラックスさせてあげましょう。無理はいけません。

  • コットンかガーゼに専用のローションを含ませます。
  • ラベンダーやローマンカモミールなどの芳香蒸留水を精製水で5倍程度希釈したものでも代用できます。(フローラルウォーターなどとも呼ばれています)
  • 目やにをふやかし、やさしく目の周りの涙やけを拭きとってあげましょう。

簡単ケア方法はコチラ→ 涙が多い、目元に茶色い涙の跡が気になる… ただ拭くだけじゃない!おうちでできるお手入れ方法

皮脂腺のつまりが原因の場合のケア方法
マイボーム腺というまぶたの縁にある皮脂腺につまりがあり、目からの脂が分泌されないと、涙の流出が抑制できず、涙やけになってしまうことがあります。その場合、マイボーム腺を刺激してあげるのが効果的。次の方法を試しましょう。(ただし角膜が傷ついている時は、マッサージは禁忌です。)

ハーブの湿布の作り方

【材料】

  • ドライハーブ(カモミールやカレンデュラ、アイブライトなど)ティースプーン1杯
  • 清潔なガーゼやタオル

【作り方】

  1. ティースプーン1杯のドライハーブと500mlの水を鍋に入れて火にかけ、10分煎じます。
  2. 適温に冷まし、その中に清潔なガーゼやタオルを浸し絞ります。
  3. 愛犬の目の上に5分程度当てます。
  4. じんわり目の周囲が温まりリラックスしたら、マッサージをしてあげましょう。
  5. 目の周囲や、特に上まぶたの縁を軽く触れる程度にトントンと優しい力で刺激します。
  6. まぶたの開閉も優しく促してみましょう。
  7. 目頭から鼻にかけ、鼻涙管に沿って優しく上から下に向かって涙を流すようにタッチします。

おわりに

涙やけには、遺伝的なもの、目に入ったゴミの影響やアレルギーなどさまざまな原因が考えられます。涙やけが続く場合はすみやかに獣医師に相談して治療や生活習慣についてのアドバイスをもらいましょう。そして家庭では、コットンを使用して目元をやさしくケアし、愛犬の目元や視界を守ってあげましょう。

涙やけの原因はいくつもの原因が重なっていることが多いので、いくつかのケアを組み合わせてみるのがおすすめです。「どんなケアがいいの?」など、迷うことがありましたらいつでもGREEN DOG無料相談ルームにご連絡くださいね。

制作協力:加藤 志乃(かとう しの)JAPAS日本アニマル・フィトセラピー学術協会理事長、臨床検査技師、ホリスティックケア・カウンセラー

GEEN DOG相談ルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
監修:伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

監修:伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。
監修:伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー

最新記事 by 監修:伊東 希(いとう のぞみ) 獣医師、ホリスティックケア・カウンセラー (全て見る)

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)