スタッフコラム17話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム17話目

愛犬の静電気対策どうしてる?

017-m.jpg

冬は乾燥の季節。この時期は静電気に悩まされている方も多いのでは...?
ドアノブに触れる時、ちょっとドキドキしますよね。
あの「パチッ」となる感覚って、実は犬にとっても不快なもののようです。

そもそも静電気ってどうして起きるの?

すべての物質は「+」と「-」の電気を持っていますが、このバランスはずっと安定しているわけではないそうです。
特に「-」電気はちょっとした刺激で移動しやすいんだとか。

「-」電気が移動すると「+」電気が余る(帯電ともいいます)。
バランスをとるために「+」電気はどこかの「-」電気とくっつきたがります。
そしてくっつく瞬間に電流が流れ「パチッ」となるわけです。

ちなみに体は「+」電気が帯電しやすく、金属の(-)電気とくっつきやすいのです。...ドアノブ痛いはずですね。

冬服が怖くなった話

ここからはスタッフYの体験談です。
パートナーはイタリアン・グレーハウンドで寒さに弱い犬種。
冬は温かい服を夏は冷房による冷え対策にシャツを着せています。

冬服の素材はフリースなど静電気が起きやすいものが多く、脱がせるときにパチッパチッ。

すると、パートナーは冬服を見るとガルガル怒るようになったのです。

きっと「あの服は痛いやつだ!」と覚えてしまったのでしょうね。
ちなみに夏服は嫌がらずに着てくれるのだそうですよ(笑)

静電気対策

■放電
パートナーやドアノブを触る前に壁(金属ではない素材)に触れておく(放電する)。

■保湿
水分があると(余った電気が空気中に放電しやすくなり)静電気防止になる。
加湿器を使用したり清潔な濡れタオルをケージのそばに干すなどもいいでしょう。
パートナーのブラッシング前にはグルーミングスプレーを利用するのがおすすめです。

【参考商品】
・ブラッシングに:オーガニック グルーミングスプレー ソフト&フラッフィ
・お肌の保湿に:アースリーフ ナチュラルFウォーター
・保湿のほか菌と癒しの香りに:クロモジ ハーブウォーター

■服の素材を意識する
・静電気が起きやすい服の素材:ナイロンやポリエステル(フリースなど)、ウールなど
・静電気が起きにくい服の素材:麻、綿、絹など

特にパートナーの皮膚が乾燥気味で痒みがある場合は、快適に過ごせるよう身の回りの素材に気をつけてあげましょう。

【参考商品】
意外にも冬はぽかぽか素材になるリネン:リネンベッド


まとめ

楽しい触れ合いのつもりなのに、パートナーに嫌がられるなんて悲しいですよね。
おうちで取り組みやすい方法で静電気防止してみてくださいね。

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム17話目