【専門家が解説】愛犬へのおすすめドッグフードの選び方と人気ランキング

  1. GREEN DOG
  2. ペットフード・ペット用品通販
  3. 犬用品・犬グッズ
  4. ドッグフード
  5. 【2023年】ドッグフードのおすすめ60選!愛犬に合った特徴別の選び方から与え方まで解説【獣医師監修】

【2023年】ドッグフードのおすすめ60選!愛犬に合った特徴別の選び方から与え方まで解説【獣医師監修】

愛犬の健康維持に欠かせないドッグフード。近年では、さまざまな種類のドッグフードが販売されており、愛犬に合ったドッグフードを選ぶのも一苦労ですよね。
「今愛犬に与えているドッグフードは大丈夫かな?」
「おすすめのドッグフードが知りたい」
「〇〇という悩みがある愛犬でも食べられるドッグフードはどれだろう?」など、飼い主さんによってドッグフードを選ぶ基準もいろいろかと思います。
そこで今回、犬の食事の専門家たちが

  • 年齢別
  • 悩みやこだわり別
  • 犬種や体の大きさ別

におすすめのドッグフードを選び、比較しました。
ドッグフードの選び方のポイントも併せて紹介していますので、ぜひ気になるページからご覧ください。

今すぐおすすめのドッグフードが知りたい方はコチラ

監修者情報

ペットフーディスト

<執筆>ペットフーディスト
愛犬のためのプレミアムペットフード・ケアの専門店として20年以上に亘り飼い主に寄り添ってきたGREEN DOGのペットフーディスト。ペットの食の専門資格であるペットフーディストやホリスティックケア・カウンセラーを取得し、寄せられる健康相談は年間4,800件以上。ペットの食事に関することならお任せあれ!

獣医師 角谷 悠介

<監修>獣医師 角谷 悠介
神戸灘動物病院 院長/獣医師
専門・得意分野 総合診療科 外科 眼科

<経歴>
2016年-2018年 GREENDOG東京ミッドタウンクリニック 院長
2019年-2021年 代官山動物病院 院長
2021年~ 神戸灘動物病院 院長

愛犬に合ったドッグフードを選んであげたい!というのは、飼い主のみなさんの願いだと思います。とは言え、世の中にはドッグフードがいっぱいあり、何を基準に選べば......と悩むことも多いですよね。 ドッグフード選びは大変ですが、宝探しのように楽しい面もあります。すべての愛犬が「これを食べれば大丈夫!」というような便利なドッグフードはありませんので、この記事があなたと愛犬にぴったりと合うドッグフードを見つける手助けになれば幸いです

愛犬のためのドッグフード選びはここに注目

愛犬を想う飼い主さんであれば「安全なドッグフードを選びたい」「愛犬にぴったりなドッグフードを選びたい」という気持ちを持っている方も多いはず。
ところで、安全なドッグフードや愛犬にぴったりなドッグフードはどのように選べばいいのでしょうか?
このページでは始めに、ペットフーディストが考えるドッグフードを選ぶときに最低限チェックしてほしい項目をご紹介します。基本を押さえたら、愛犬の悩みや特徴に合わせてドッグフードを探すから愛犬にぴったりなドッグフードを探してみてくださいね。

合成酸化防止剤

合成酸化防止剤

ペットフードには保存期間を長くしたり見た目を良くしたりするために、さまざまな添加物が使用されています。添加物には天然と合成があり、このどちらであってもドッグフードへの使用の基準規格が設定されているものもあれば、ドッグフード製造事業者自身に適正な使用管理を任されているものまであります。
よりドッグフードに安全を求める飼い主さんは、気になるドッグフードにBHT、BHA、エトキシキン等の合成添加物が使われていないかをチェックすると良いでしょう。
※私たちGREEN DOGでは、2009年に施行されたペットフード安全法にて上限が定められたBHT、BHA、エトキシキンを使っているドッグフードは取り扱っていません。

原材料

原材料

原材料の品質を見極めるポイントとしては、何の肉を使っているのか明確に表記されたものを選ぶことです。たとえば、肉類や副産物と書かれているものよりも、チキン、ビーフや肝臓や心臓といった部位がわかるものがおすすめです。
よく「ミールが原材料に入っているドッグフードは粗悪なの?」というご質問をいただきます。ひと昔前の粗悪なフードに良く使われていたミートミールは原材料費を抑えるために羽毛や糞尿が入ったままの内臓類など本来なら廃棄すべき部位まで使われていました。現在はドッグフードの製造に食用とならない部位を使用することは禁じられています。ミートミールという原材料名ではなく、チキンミールやターキーミールというようにどの肉のミールなのかわかるものを選びましょう。
原材料名がはっきりしていることは、品質の高さの指標の一つになります。さらに実際に開封した時の香り(胸が悪くなる様な匂いがしないか)や手触り(べとべとするほど脂が手につくものは避ける)を確認する習慣をつけてくださいね。

酸化のチェック

酸化のチェック

ドッグフードには脂肪分が含まれています。脂肪分は空気に触れることにより「酸化」が起きます。酸化とは、簡単に言うとその脂肪分が変質して悪くなること。缶フードやレトルトフードは開封するまで酸化しませんが、ドライフードの場合はパッケージ内で酸化が起きます。
私たち人間が悪い油で調理したものを食べるとお腹をこわすように、酸化したドッグフードは愛犬の健康を害するおそれがあります。
ドッグフードは海外からの輸送中、メーカーや代理店の倉庫での保管中など、酸化のリスクはいたるところにあるので、適宜酸化チェックを行っている販売店を選ぶと安心です。

品質管理の体制

品質管理の体制

店頭で日の当たる場所にドッグフードが詰まれていたり、高温多湿の室内で置きっぱなしにされていたりするドッグフードをご覧になった経験はないでしょうか?
「商品の品質」と「保管温度」は、密接につながっています。
特に通販でドッグフードを購入する時は、配送前まで商品がどのような状況に保管されているか分からないことが多いです。できるだけドッグフードの保管状況を開示しているお店を選びましょう。

賞味期限のチェック

賞味期限のチェック

特に通販でドッグフードを購入する際、賞味期限は確認できていますか?
開封した後しばらく与えるドッグフードだからこそ、賞味期限間近の商品は避けたいもの。良心的な通販サイトであれば配送する商品の賞味期限情報を公表しているので、購入前には必ずチェックすることをおすすめします。

green dog安全基準

愛犬の悩みや特徴に合わせたおすすめドッグフード

まとめ

愛犬に合うフードは、年齢、体型、病気、食欲、などさまざまな愛犬の状態によって変わってきます。良いと思って与えても喜んで食べてくれないのは残念ですね。食事は愛犬にとって大きな楽しみですから、そこも意識してあげたいものです。

このページに書いてあること以外にも、愛犬の食に関することでお悩みの方はぜひペットフーディストにご相談ください。どなたでも無料でご相談いただけます。

ペットフーディストがお悩みをお聞きし、ご提案します。

私たちについて

犬・猫の食品を中心に扱うGREEN DOG(グリーンドッグ)というお店を約20年前から通販と実店舗で展開しています。まだ日本でナチュラルフードやプレミアムフードが一般的でない時代から、一貫して犬たちの「心と身体の健康」を最優先に商品を取り扱ってきました。

私たちについて1

一番の特徴は、ペットの食の専門資格を持っているペットフーディストというスタッフが多数在籍しているところ。GREEN DOGの20年以上の知見はもちろんのこと、最新の情報や科学に裏付けされた知識を元に、ドッグフード選びのお手伝いを行っています。そんな私たちの元に寄せられるペットの食に関する相談件数は、年間4,800件以上にものぼります。

私たちについて2

近年、インターネットではドッグフードに関する根拠のないランキングやデタラメな情報が溢れており、飼い主さんから「何を信じればいいかわからない」というようなお声をいただくことも増えてきました。
そこで私たちは、20年かけて蓄積したペットの食に関する知識や情報を、できる限りオープンに・わかりやすくお伝えしたいと考えています。
ぜひ正しい知識を身に着け、愛犬にぴったりなドッグフードを選ぶ参考にしてくださいね。

私たちについて3

安心して愛犬にぴったりなドッグフードを選んでいただくための3つの約束

  • すべての記事は、獣医師をはじめとして、犬の専門資格や知識・経験を持ったプロたちが責任を持って執筆または監修します。
  • 実際に寄せられるお悩みや科学的なデータに基づいて情報を発信します。
  • 私たちが「売りたい」商品ではなく、愛犬とオーナー様にとって「最も適している」商品を紹介します。
ページTOP