スタッフコラム18話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム18話目

犬にチーズを与えてもいい?~与え方と注意点~

18_m.jpg

みなさんは愛犬にチーズを与えたことがありますか?
与えるつもりはなかったけど、うっかり食べられたことがあったり。

パートナーのチーズへの反応は特別ですよね。
スタッフが通っていた躾教室では、
むずかしいトリック(行動)に挑戦するときにチーズを活用していました。
パートナーのモチベーションがあがるんだそうですよ。

でも塩分がとても多いものだから与えてはいけないのでは?
そんな疑問をお持ちの方も多いですね。
今回は、なぜ犬はチーズを好むのか、と与えるときの注意点のお話です。

犬はなぜチーズが好きなの?

チーズには動物性脂肪がとても多く含まれます。
犬の栄養学の研究では、このように脂肪の多い食材を犬が好むことがわかっています。

そして、良質なタンパク質のうま味のほか匂いも濃い食材。
こういったものに犬たちはとても食欲が刺激されます。
チーズは犬が大好きになる理由がそろっているというわけですね。

チーズを与える際の注意点

■塩分量が多いので与えすぎに注意
私たちが食べるチーズはご存じのとおり塩分を多く含みます。
犬にも塩分は必要な栄養素です。
過剰な塩分は人と同じく内臓に負担がかかるので注意しましょう。

■与えすぎない量はどれくらい?
実は人と犬の体重あたりに必要な塩分量は同等程度。
でも人は常に濃いめに味付けされています。(美味しいと感じるから)
だから、パートナーのためにはかなり薄めの塩味で適量と考えるべきなのです。
例えば手作り食では人の味付けの1/3程度の量が良いといわれます。

特に主食がドッグフードの場合、体に必要な塩分は含まれています。
そのためチーズを与えるなら、小型犬で一日小さじ1/2杯分くらいまでにしましょう。
その分フードを減らすと安心ですね。
また、できるだけ塩分ひかえめな犬用チーズを選んでくださいね。

チーズを与えてはいけない場合

■塩分、脂質の食事制限があるパートナー
心臓、腎臓、肝臓、胆のう、膵臓などに問題がある場合には注意してください。
気になる場合は、かかりつけの獣医師に相談してくださいね。

■アレルギーがあるパートナー
チーズには牛乳のタンパク質が豊富に含まれます。
そのため牛乳アレルギーや牛肉に強いアレルギーがある場合は
与えないようにしましょう。

ほかに食物アレルギーがあるパートナーもはじめて与える際は
用心深くほんの少量で様子をみるのが良いでしょう。

おすすめの犬用チーズ

【参考商品】
・塩分を1%まで抑えました。小さなサイコロ状ですが砕いてふりかけにもできます。
フリーズドライ キュービックチーズ

・フードにふりかけるだけでチーズの香りが広がる粉状チーズです。
塩分は人用のプロセスチーズと同等ですのでほんの少量ずつ使いましょう。
北海道チーズパウダー

まとめ

チーズはパートナーが大好きな食材です。
健康に問題がなければ適量を与えることができます。
塩分量は多いものなので、与えすぎないよう注意しましょう。

シニア期の食欲低下時にもチーズの香りが役立ってくれますし、
トレーニングの成果があがるご褒美ともいわれるアイテム。
ぜひ上手に活用したいものですね。

もし分からないことやお悩みがありましたらいつでもGREEN DOGのケア・カウンセラーにご相談ください。
▽GREEN DOG健康相談(無料

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム18話目