結局どのフードがいいの?迷ったときのおすすめ3選 おすすめドッグフード特集

  1. ホーム
  2. GREEN DOG公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. トピックス
  5. 結局どのフードがいいの?迷ったときのおすすめ3選 おすすめドッグフード特集

結局どのフードがいいの?迷ったときのおすすめ3選 
おすすめのフード特集

結局どのフードがいいの?迷ったときのおすすめ3選 おすすめのフード特集

「いつも同じフードだと飽きてしまうかも。栄養が偏らないかちょっと心配。」というオーナー様も多いのでは?でも、フードってたくさん種類があってどれがいいか悩みますよね。そんなオーナー様必見です! コレなら間違いなし!GREEN DOGが自信を持っておすすめするフードをご紹介。
ここで紹介するフードはパートナーの健康をとことん考え、安全性や高い品質、おいしさが保たれているかなどの検証を重ねてきたものばかり。ぜひ一度お試しください。

その前に!これだけは押さえておこう、ペットフードの選び方

主原料は「動物性の素材」?注目!

重要なのは、"良質な動物性の素材(つまりお肉や内臓類)が主原料になっているかどうか"ということ。
※原材料は使用量の多い順に記載されています。
犬は肉食寄りの雑食動物ということを考えると、最も多く含まれている原材料はトウモロコシや大豆ではなく、『お肉やお魚、内臓類』であるべきです。

どのような添加物が使われている? 注目!

ペットフードは加工品であり、長期保存が必要なため、少なからず添加物が使われています。 しかし、フードは毎日食べるものです。使われている添加物はできるだけ少なく、安全性の高いものを選びたいですよね。

<ドライフードに使われる代表的な添加物>

着色料

ドライフードには不必要なもの。パートナーの栄養面には一切関係なく、オーナー様の興味をひくためにだけ使われています。

酸化防止剤

ドライフードに必要不可欠な添加物です。主な役割は「油脂の酸化を防ぎ、脂溶性ビタミンを安定化させる」ことです。 ただし、「エトキシキン」「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」「BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)」の合成酸化防止剤は要注意! 人間の食品への使用は、法律で厳しく規制されているのに、なぜだかペットフードでは使用が認められているんです。

どのような「お肉や内臓類」が使われている? 注目!

最も大切なのは、お肉と内臓の種類、その品質です。
どんな動物のどの部位を使っているのか、それが明確に説明できないものは、品質に不安が残ります。 『肉の種類にきちんと名称がつけられているか(例:肉、鶏肉、鶏肉粉、子羊肉、七面鳥肉など)』 『内臓の種類がわかるように記載されているか。(例:○○の心臓、肝臓、肺、腎臓など)』を必ずチェックしましょう。

フードの保管状況は? 注目!

フードそのものの品質はもちろん大切ですが、適切な環境で保管することも重要です。 特に温度管理は重要で、閉めきることの多い倉庫内は高温になりやすく、その影響でフードの成分が変質し、パートナー(愛犬)の健康に悪影響を及ぼすこともあります。

・・・とはいえ、フードをパッと見ただけで、"良し悪し"まで分からないもの

GREEN DOGは取扱い商品をオーナー様に代わってチェックしています!

中でもおすすめしたいのがコレ!

GREEN DOGへようこそ はじめての方へ伝えたい、わたしたちのこだわり。