GREEN DOG(グリーンドッグ)公式通販

  1. ホーム
  2. GREEN DOG公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. 今こそ、デンタルケア!~まずはおくちのチェックから~

今こそ、デンタルケア!~まずはおくちのチェックから~

犬の歯

最近、パートナーのおくちの中をいつ見られましたか? 「とんと見ていない気がする...」 そんな方は、パートナーのデンタルケアも"なおざり"になっているのではないでしょうか。
おうちで一緒に過ごす時間が長く、コミュニケーションをとる時間がたっぷりある今こそ、デンタルケアの始め時。

まずはおくちのチェックから

こちらの画像をご覧ください。 ときどき歯ブラシで歯みがきをしているパートナーのおくちです。

ときどき歯磨きをしている犬の歯

↑一見、キレイに見えるおくちの中ですが...

↓歯垢・歯石が光るライトで照らしてみると...

犬の口の中にライトを当てる

びっくり!こんなにも歯垢・歯石がくっきり付いているんです。 ※オレンジに光っている箇所です。

3歳以上の犬猫の80%以上は歯周病を生じていると言われています

歯に残った食べカスやおくちの中の細菌、唾液がからんで歯の病気は進行します。 また歯周病は歯の問題だけではなく、全身の内臓に影響を与えることも明らかになっています。

犬の場合、歯垢から歯石になる速さは人の5倍(3~5日)とも言われています。 歯石になってしまったら、ホームケアではなかなか取れません。 だから、毎日のデンタルケアが重要なのです。

人と同じようにデンタルケアは「歯ブラシを使って歯をみがくこと」がいちばん効果的です。

歯周ポケットや歯根部分、歯と歯の間など、丁寧にみがくことは大切なことであり欠かせません。 歯ブラシが苦手なパートナーも、なるべくガムやおもちゃだけでなく"歯をみがく"練習をしましょう。

デンタルケア商品のご紹介

歯みがきグッズおすすめ

デンタルケアサポートグッズおすすめ

さいごに

デンタルケアはオーナー様との関係性が最も大切で、「きちんとお口の中を見せてくれること」がスタート地点です。

今までの経験から口を触られるのが嫌だったり、歯を触られることを嫌がるパートナーもいるでしょう。 歯みがきの経験がないことで恐怖を感じたりすると攻撃的になってしまうこともあるかもしれません。 また、歯周病が進行している場合は痛がることもあります。

無理に歯ブラシを使おうとはせず、ごほうびを上手に使いながらお口周りを触る練習をしたり、 やわらかいガーゼでやさしく拭ってあげたり、痛がる場合は動物病院にご相談ください。

愛犬の歯磨きは絆が大事