2019.04.09その他の体のケア

愛犬のよだれ~正常・異常の違い・よだれ焼けのケア~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のよだれ

愛犬が好みの食べ物をみたり、匂いを感じ取ったりしたときによだれがあふれてしまうのは正常な反応です。しかし、だらだらと流れるほど量が多いと心配になってしまいますよね。よだれの正常・異常はその量や質感、パートナーの様子によって判断が必要です。

また、よだれ焼けやひげ焼けと呼ばれる悩みは多いですが、原因によってはホームケアで軽減できるものです。よだれがでる理由と飼い主ができるケアについて、アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラーの山本が解説します。

よだれ(唾液)の原因と正常・異常

こんなによだれが出るのは異常なこと?

こんなによだれが出るのは異常なこと?

よだれは、体液のひとつである唾液が口の外に流れでたものです。私たちと犬では唾液の成分や役割が少しばかり違いますが、消化の準備のために分泌が盛んになるという理由は同じです。

正常なよだれ

唾液は自律神経による反応で、唾液腺から分泌されます。分泌量が多くても次のような理由であれば正常な反応といえます。

     食べ物をみたとき

  • 犬たちは私たち人とは違い、咀嚼を行うわけではないので口の中から消化を始めるための唾液ではなく、口から食道や胃へ食べ物を運びやすくするために分泌が盛んになります。犬は嗅覚が優れているので香りを感じたときのほうが顕著かもしれませんね。

    ご飯を前に「待て」をさせられている場合は、床に水溜りが出来そうなくらいよだれが出てしまうパートナーもいますよね。これはいたって正常な生理的反応ですので心配ありません。

     暑いとき

  • 体温調節ができない犬は、暑いときに体の熱を発散するために口を開けて息を吐きます。吐き出した息とともに口の中の唾液が気化するので体温を下げるために役立ちます。このときは口を開けっ放しにするため、よだれが出てしまいやすいです。
    もし、パートナーの様子が苦しそうであったり、よだれが異常な量であれば、それは熱中症の疑いもあるので注意が必要です。
     リラックス時

  • 犬がリラックスしている際に働く副交感神経の反応により唾液が増えます。精神的に落ち着いていると口の中が潤った状態を維持できるよう唾液が分泌されます。

異常なよだれ

愛犬のよだれは、体の異常を知らせるサインの可能性も考えられます。ここでは、注意するべき異常なよだれの種類を解説しましょう。

     口内の異常

  • 歯周病や腫瘍など口の中の病気は多いです。唾液が分泌される唾液腺がなんらかの理由で詰まって腫れる症状もあります。この場合も口が閉じられずよだれが出てきてしまいます。急によだれの量が増えたと感じたら、口内の異常を疑いましょう。
     ストレス

  • 緊張などストレスが強くなると口の中が渇くタイプと反対によだれの量が多くなるタイプもいます。震えたり、息遣いが荒くなっている時に出る粘着性の高いよだれは強いストレスを感じているサインと考えられます。
     神経の異常

  • 神経に異常があると、唾液が過剰に分泌されたり、口を閉じられないことでよだれが流れ出る状態になっていることがあります。
     車酔いや熱中症

  • 体内疾患による原因だけでなく、車酔いや熱中症でよだれが大量に流れることもあります。体質的に車酔いする犬も多いので注意してあげてください。車酔いによる大量のよだれは、嘔吐の前兆ともいえるので、適度に休憩して落ち着かせる必要があります。

他にも、誤飲や中毒などでもよだれが異常に増えることも…。口を開けたまま急によだれが多くなるなど異常な状態の時にはすぐに獣医師の診察を受けましょう。

【関連記事】
【愛犬のホリスティックケア】犬とのドライブ~安全と車酔い防止~

よだれ焼け(ひげ焼け)のホームケア

自慢の口ひげが変色!

自慢の口ひげが変色!

ミニチュア・シュナウザーの場合は『ひげ焼け』と呼ばれることが多いですが、口周りだけ茶色く毛が変色してしまう『よだれ焼け』で悩まれる方は多いですね。

原因はさまざまと言われますが、口内環境ケアをしっかり行うことでひげ焼け、よだれ焼けが軽減する場合があります。

口内環境はだいじょうぶ?

口内環境が悪化しているときの唾液には雑菌が多い状態です。この場合は唾液の匂いもきつくなっています。この唾液が口周りを舐めたときに毛に付着し変色させてしまいます。この場合は、しっかり歯磨きや歯周病治療を行うことで徐々に口周りの毛が綺麗になっていきます。

また、脂質の多い食事を摂った場合にも毛に脂が付着し酸化して変色を招いている場合がありますので、フードを変更して様子をみてみるといいでしょう。

【関連記事】
だいじょうぶ?愛犬の口臭~魚臭さの原因と対処法~

愛犬のおもちゃを洗おう

パートナーが愛用しているおもちゃは綺麗ですか?

パートナーが愛用しているおもちゃは綺麗ですか?

口の周りだけでなく、愛犬が過ごす環境全般に影響があるのは、おもちゃです。噛む事が好きなパートナーにはお気に入りのおもちゃがありますね。噛む事はストレスを発散できたり、顎の運動にもなりますが、雑菌の多い唾液を付着したままにしておくのは良くないです。

特にフードを入れることが出来る知育玩具は、フードの残りカスとよだれで雑菌が繁殖しやすいです。せっかく歯を磨いてもお気に入りのおもちゃでまた菌を口の中に入れてしまわないようにしたいですね。

食器も油汚れのようヌメりが気になるときがあります。このヌメリは雑菌によるバイオフィルムというもので、雑菌が繁殖しやすい環境にするものです。これを洗いやすくする愛犬用の食器洗い洗剤がおもちゃを洗うときにも役立ちます。

まとめ

美味しいものを目の前に『待て』をさせられ、よだれが滝のように出てしまう犬は可愛いものですね。食事前はじゅうぶんに唾液が出ているほうが消化のために良いともいわれており、そのために『待て』の練習をしている方もいらっしゃいます。
パートナーによっては、待たされることでイライラして交感神経が活発になってしまう場合もあります。タイミングのとりかたや個性にあった方法を選ぶようにしましょう。

よだれの量や匂いで、体調や心の変化が観察できるので、よく観察してみてくださいね。

すくすく子犬BOX いつも一緒に「笑顔」がいいね 犬の保育園とドッグホテルPLAYBOW

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
山本 由能(やまもと ゆの) シニア犬カウンセラー、ペット栄養管理士、ペットケア専門士

山本 由能(やまもと ゆの) シニア犬カウンセラー、ペット栄養管理士、ペットケア専門士

現在の愛犬との生活がきっかけで犬の食事や心のケアについて勉強を始めたことがご縁となりGREEN DOGへ。日々の業務ではパピーからシニア犬までさまざまなお悩みに対応しています。最近は介護やペットロスについてのご相談も増えてきました。自身も飼い主のひとりとして一緒に悩み考えることで研鑽を積んでいます。
山本 由能(やまもと ゆの) シニア犬カウンセラー、ペット栄養管理士、ペットケア専門士

最新記事 by 山本 由能(やまもと ゆの) シニア犬カウンセラー、ペット栄養管理士、ペットケア専門士 (全て見る)