スタッフコラム3話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム3話目

うちの子はどっち?関節ケアサプリメント

柴犬関節ケア.jpg
パートナーの足の健康を心配される方はとても多いですね。 特に小型犬は華奢な足、関節のお悩みが多いです。「獣医師に予防が必要といわれた」「先代犬で困ったから」「年を取ってきたから」と関節ケアのサプリメントの利用を考えるきっかけはさまざま。

※小型犬に多い膝蓋骨脱臼は器質的な問題のためサプリメントで治すことはできません。脱臼をできるだけ防ぐために関節周りの軟部組織や筋肉維持に役立つ栄養素を摂りつつ適度な運動を行うことがおすすめです。

関節ケアってグルコサミンとコンドロイチンだけ?

一昔前はふしぶしのケアといえばコンドロイチン、グルコサミンが有名でした。現代の関節系サプリメントといわれるものにはそれ以外にもさまざまな成分が配合されています。
見比べてもいったいどれがうちの子に合うのか、 判断するのは難しいですね。 痛みのケアが必要なのか、適切な運動をしながら関節まわりを強くしたほうが良いのか、できるだけ老化を遅らせたほうが良いのか...


まずはパートナーに与えやすいタイプを選ぶ

小型犬で錠剤が苦手なパートナーならごはんに混ぜやすいパウダータイプがおすすめです。 食べさせるのに苦労するのはお互いのストレスになり続きませんから。
あとは、パートナーの何をサポートしたいかで選び方が変わります。


■関節周りを筋肉で保護したい
 ・筋肉作りに関係の深いBCAAを配合のジョイントマスターがおすすめ


■シニア期だからお腹のケアも気になる
 ・フラクトオリゴ糖配合のハッピースキッププラスがおすすめ
  フラクトオリゴ糖は善玉菌の餌になってくれる成分です)


お気軽ホームケア

おすすめのホームケアは、足先や関節の冷えをチェックすること。パートナーの足先は意外と冷たいことに気がつくことがあります。


・さする、温かい手で包んであげる

・ホットタオルで温める(お湯でしぼったタオルをビニール袋に入れて)

温めることで血行が良くなり、必要な栄養素がきちんと届くことが期待できます。
何よりこんなちょっとしたお手当ては、パートナーには嬉しいことですし、私たちも触れ合うことで癒されます。
関節や足先を温めても良いかどうかわからないときはかかりつけ獣医師に確認してください。


サプリメントは栄養素のひとつ。体質に合っているかどうか観察してくださいね!

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム3話目