スタッフコラム29話目

  1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム29話目

愛犬の薬膳「心臓」が気になるとき

029-M.jpg

パートナーの健康診断では心臓のチェックもあります。
健康であっても年齢とともに症状が出やすいところだからですね。

薬膳とは季節や体の状態に合わせた食事のこと。
今回は心臓が気になるときの簡単な食事の工夫についてペットフーディストが説明します。

心臓と心

心臓は血液を体じゅうに送るためのポンプの役割をもっています。
筋肉、弁、血管があり、心臓の不調はこれらに問題が生じること。
主な原因としては遺伝的な問題、加齢や肥満です。

東洋医学では「心(しん)」は心臓だけでなく、こころ(精神や感情)や脳のことも含みます。
例えば、怖がったり怒ったりしたときは脈がドキドキと激しくなりますね。このとき脳からは早く全身に血液が送れるよう指令が出ていて心臓は大忙し。こころと脳と心臓は、連携していることがわかります。

心臓のためのお手軽薬膳

心臓が楽になるのは、血液が流れやすい状態のときです。
例えばサラサラした水は流れやすく、ねっとりした液体は流れにくいですね。
血液をねっとりさせてしまうのは多すぎる脂質や糖質です。

脂質や糖質の摂りすぎは肥満にもつながります。
太るとそれだけたくさんの血液を送る必要があり、心臓が疲れてしまいます。

でも、脂質や糖質も体に必要な栄養素。まったく無しにはできません。
太りやすいなら、体重管理しやすい主食用フードを選ぶといいでしょう。
そしてパートナーの状況に合わせて脳や心臓の健康に役立つ脂質や栄養素をプラスできるといいですね。

次にこころと脳に関しては、ストレスを長引かせないようにすることが大事。香りや甘味を利用します。
嗅覚・味覚は脳に直接働きかけるのでほんの少量を意識するだけでもいいんですよ。

<心臓が気になる時の食事のポイント>
・太りやすいパートナーには体重管理しやすい主食を与える
・心臓や脳の健康に役立つ食材、脂質、サプリメントなどを利用する
・ストレスを感じているときには香り・甘味を少量意識する

<体重管理しやすい主食用フード>
ナチュラリー・フレッシュ ターキー&ラビット
プライムフォーミュラ「マイリトルダーリン」


<心臓や脳の健康維持に役立つ栄養素>
・健康に役立つ脂質(オメガ3脂肪酸が豊富):クリルオイル
・心臓や脳に存在するタウリンが不足しないように:ピュアタウリン

<おうちケアの食材>

■心臓のための食材

・冬瓜(もしくは大根)...水分の補給
・青梗菜、レバーの煮汁など...栄養補給

■こころのための食材

・柑橘系...心を元気にします。みかんやレモンの汁を少しごはんにかけてみましょう。
・春菊、パセリ、セロリ、蜂蜜、甘酒(薄めて)など...香りや甘味が気持ちを安定させてくれます。

いずれもパートナーが消化できるように調理して少量を与えるようにしてくださいね。

さいごに

今回は薬膳の切り口から心臓が気になるときの食事をご案内しました。
心臓病と診断された際にはナトリウムの制限が必要な場合もあります。
獣医師からの食事指導の内容をご確認くださいね。

心臓と呼吸器の健康は関係が深いので、ぜひこちらのページもご参考ください。

こんにちは。5歳からのパートナー:呼吸器のお話


不明点などありましたら、GREEN DOGのケア・カウンセラーまでお気軽にご相談くださいね。

▽GREEN DOG健康相談(無料)

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム29話目