Herrmann's(ヘルマン)Bioについて

  1. ホーム
  2. GREEN DOG公式通販
  3. 取り扱いブランド一覧
  4. Herrmann's(ヘルマン)Bioについて
More about Bio
ヘルマンは100%自社工場でビオ商品を生産開発しています。

BIO店頭の様子
スーパーにもビオ商品がたくさん並ぶドイツ

ビオの基本原則5つ

1.環境の保全
化学農薬や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守ります。

2.健康な生活
保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保します。また、化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指します。

3.自然との共生
自然の動植物を守り、生物多様性を保全します。

4.身土不二 ( しんどふじ)
適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にします。

5.健全な社会
児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消など、人を大切にする社会を実現します。

IFOAM (国際有機農業運動連盟)ビオの原則より

ヘルマンのビオ認証3つ

Herrmann's ABCERT
PDFHerrmann's ABCERT

エービー・サート (AB Cert)

ドイツのビオ(有機)認定機関の一つ。AB Cert ではドイツ国内だけで14,000 以上の認定施設・農場があり、 継続してコントロールすることで、高い信頼性を得ています。

Herrmann's biokreis
PDFHerrmann's biokreis

ビオクライス(bio kreis)

世界で最も厳しい審査基準を持つドイツにあるビオの審査機関の一つ。
特に家畜動物の暮らしが健全に倫理的に保たれているかという動物福祉の観点まで審査基準となっています。
また多くのオーガニック認証団体が条件付きで使用を認めている合成添加物の使用についても、
bio kreis では一切認めていません。ヘルマンはこの毎年の審査に合格しています。

ビオ・シーゲル(BIO・Siegel)

ビオ・シーゲル(BIO・Siegel)

ドイツ政府が定めているビオ認証。農薬や抗生物質の使用規制、遺伝子組み換え、
添加物の使用だけでなく、原料を加工する工程や流通、販売方法にまで基準を定めています。

BIOの基準

ビオの基準

  • 農作物
    • ・農薬や化学肥料を一切使用しないこと
    • ・3 年間、有機の基準を満たした土で栽培していること
    • ・遺伝子組み換え技術を使用していないこと
  • 畜産物
    • ・家畜動物は狭い檻に入れず、できるだけ自然に近い状態で飼育すること
    • ・ホルモン強化剤・予防的抗生物質等を投与・使用しないこと
    • ・飼料にも農薬・化学肥料等を使わず、有機餌によって飼育すること
  • 加工品
    • ・BIO の農畜産物・素材を使用すること
    • ・合成添加物・化学薬品・加工助剤などを使用せず加工すること

ラインナップ
商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 取り扱いブランド一覧
  4. Herrmann's(ヘルマン)Bioについて