2021.01.19一緒に。もっと、

もっとノーズ、プリーズ!~もっと深く知りたい方必見!4つのサーチ課目~ノーズワークシリーズその14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車両・サーチ

文と写真:藤田りか子

前回は、お友達と楽しくできる「お手軽ノーズワークゲーム」のやり方について説明をしましたが、競技としての「真剣なノーズワーク・スポーツ」というのも、実はすでに日本にも存在します。競技会はいくつかのサーチ課目で成り立っています。公式の競技会であればたいてい4課目。サーチをする環境と探知する対象によって以下の課目があります。たとえ競技会に興味がなくとも、これら課目の種類を知って普段のノーズ遊びに取り入れてみましょう!トレーニングのバリエーションが増え、犬も大喜び!

ノーズワーク競技会の課目その①:コンテナー・サーチ

ボックスサーチともいいますね。しかし実際の競技では箱だけではなく、プラスチックの容器、バケツ、カバン(ラップトップを入れるバッグ、リュックサック から布バッグ、旅行カバンなどありとあらゆる種類のバッグ)などが探知物品として使われます。

コンテナーサーチは、どの容器ににおいが隠されているか、それをジャッジに示せばOK。容器やカバンのどの位置に隠されているかまではチェックをしません。コンテナーサーチは誰もが最初にトライするノーズワークではありますが、意外にこれが課目で一番苦手だという犬も多いのです。というのも、犬がコンテナーをくわえてしまうこともあるのですね。競技会では犬がくわえるとフォルト(マイナスポイント)が与えられます。あるいは犬によってはその上に乗ってみたり、引っ掻いてみたりと(これもあまりにも損傷がひどいとフォルトになります)、おもちゃ遊びと勘違いしてしまう子もいます。なので、いかにして犬にサーチとして作業に専念してもらえるか、ハンドラーも頭を使いながらトレーニングをする必要があります。

しかし同時にコンテナー・サーチはみなさんのクリエイティビティを大いに活かせる種目でもあります。どんな物品をコンテナーにして使うか、を考えるのはとても楽しいことです。このコーナーでも、トイレットペーパー(容器ではないですが!)、瓶、はたまた靴下、などといくつかのアイデアを紹介しました。私が競技会で出会ったものに、CDやビデオのケース、あるいはジョウロというのもありました。

コンテナー・サーチ

コンテナー・サーチ。競技会のシーンから。ビデオカセット(懐かしいですね!)を入れるケースがコンテナーとして登場。

ノーズワーク競技会の課目その②:インテリア・サーチ

室内サーチのことです。インテリアだから家具だけをサーチする意味ではないので、あしからず!壁と屋根さえあれば、すべて「室内(インテリア)」と定義します。普通のお部屋から、オフィス、ガレージの中、トイレや風呂場など、ありとあらゆる場所がインテリアサーチの対象となります。私が以前スウェーデンの競技会で経験したものに、サウナ風呂の中をサーチする、というのがありました。もちろん、暖房はついていない状態でしたが!狭い室内なので、私のように大型犬をつれているハンドラーにとっては意外に難しいのです、これが!というのも大きい犬なので、特に狭いところでは小型犬のようにスラスラと体の向きを変えるなど鼻がむくままにターンできず、部屋の角などではにおいがとても拾いにくいのです。

インテリア・サーチの難しさは、暖房やクーラーなどがオンになっている場合、においが思いもしないところに飛んでいってしまうところです。においはたいてい臭源の下に落ちるものですが、空調からの風によって向こうの壁まで飛ばされ、その壁の下側でにおいが落ちてとどまる、という状況もあります。なので、その落ちたところで犬が「においをキャッチしたよ!」というボディシグナルを見せることもあり、それをうっかりハンドラーが信じてしまう。するともちろん臭源ではないので、判定では「エラー」という結果に終わってしまいます。

インテリア・サーチをこなすには、犬にたくさんの経験を積ませること、そしてハンドラーが犬のボディランゲージをただしく読むことが大事です。

インテリアサーチ

筆者とラッコのインテリアサーチ。この時はなんとペットショップの一角を練習場として使わせてもらいました。齧歯類コーナーの藁・オガクズ売り場の一角ににおいが隠されていました。

ノーズワーク競技会の課目その③:エクステリア・サーチ

屋外で行うサーチです。外であればどこをつかってもよし。家やビルの外壁から公園など、エリアの種類は限りなく!場合によっては、インテリアサーチよりさらに難しくなる場合があります。

エクステリア・サーチの一番のチャレンジは、うっかりおしっこをしてしまわないことでしょう。競技中にサーチエリアでおしっこをすると、すぐその場で失格と退場を言い渡されます。つまり、その課目については、それ以上サーチをさせてもらうことはできません。困ったことに、一頭の犬が粗相をすると、次の犬もまたそこにやってしまう、ということも!競技では粗相した場所はすぐに水で洗い流します。

エクステリア・サーチ

エクステリア・サーチ。こんなふうに家の外壁をに隠されているパターンもよくあります。

ノーズワーク競技会の課目その④:ヴィークル(車両)・サーチ

車の外側にターゲット臭が隠されています。車内をサーチすることはありません。車両といっても、普通の乗用車から、トラック、トラクター、建設機械、はたまた電車、ヘリコプターや飛行機にいたるまで!麻薬が隠されていたり爆弾が設定されていたりする、という職業探知犬のシナリオからヒントを得ています。まだこのシリーズではヴィークル・サーチのやり方については伝授してないので、いずれの機会に紹介しましょう。

車両・サーチ

車両・サーチ。車両とは、車輪のあるすべての移動機器を意味します。電車ももちろん車両!廃車になった電車をサーチしているシーン。

【関連記事】
もっとノーズ、プリーズ!

すくすく子犬BOX GREEN DOGのお試しセット たったの998円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
藤田 りか子(ふじた りかこ)

藤田 りか子(ふじた りかこ)

ドッグ・ジャーナリスト。レトリーバー二匹と自然豊かなスウェーデン・ヴェルムランド県の小さな村に在住。スウェーデン農業大学野生動物管理学科にて修士号を得る。犬の繁殖管理や福祉の先進国スウェーデンはじめ北欧の犬情報はもとより、ヨーロッパ各地の純血種の知識に詳しい。著者に『最新世界の犬種図鑑』。 現在ノーズ・ワーク(嗅覚を使うドッグスポーツ)に夢中、コンペティターでもある。