2018.02.23心のケア

【犬との暮らし】犬の心を育む11~「望む行動・望まない行動」とご褒美の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ヒトと犬の心と行動カウンセリングをしている、心理士でドッグメンタルトレーナーの白田祐子です。

みなさんは愛犬に新しい行動や望ましい行動を覚えてもらいたいとき、ご褒美をあげていますか?研究では、ご褒美をあげると、ご褒美の着前に発現した行動が繰り返されることが分かっています。愛犬へのご褒美は褒めたり撫でたりするだけではなく、愛犬が大好きなおやつをあげる方も多いと思います。ご褒美としてのおやつは愛犬のやる気を高め、生き生きとした生活を送る潤滑油にもなります。今回はご褒美と行動の関係について考えます。

ドッグメンタルトレーナー白田さんのこれまでの記事はコチラ →白田さんの記事一覧

ご褒美は必要?

行動学や心理学では、行動の頻度があがること(行動が繰り返されること)を強化、その行動を起こした結果得られる刺激のことを強化子(きょうかし)と言います。強化は強化子があるから起こります。たとえば、お座りの成功率を上げたい(お座り行動を強化したい)場合は、強化子が必要で、その強化子となるのがご褒美です。

また子供が親や先生から、あるいは私たちが上司や仲間から褒められると「もっと頑張ろう!」とやる気が増すのと同じで、犬の頑張る気持ち、ポジティブ感情を引き出すためにも、「嬉しい!」「いいことがあった!」と思える、ご褒美を与えることはとても大事なことなのです。

おやつでモチベーションアップ!

みなさんの中には「学習のときにおやつは必要ない」「おやつをあげると癖になって良くない」とお考えの方もいらっしゃると思います。でも、犬の特性や時と場合にもよりますが、モチベーションやポジティブな気持ちを高めるためにおやつを利用することは、問題ないと私は考えます。

ご褒美にいつも食べているドッグフードをあげる方もいるかもしれませんが、犬にとって「やったぁ!」「嬉しい!」と思えるものでなければ、強化子にはなりません。ですから、いつものドッグフードでも良いですが、あまり喜ばないようなら、より愛犬が喜ぶものを用意した方が有効だと思います。もちろん、褒めたり撫でたりすることも、嬉しいご褒美になりますよね。

望ましい行動を強化するABCメソッド

愛犬とのコミュニケーションや行動学習に、既におやつを上手に使っている方は多いと思います。でも逆に「おやつがあるときはいう事を聞くのに、ない時は聞かない」と、お悩みの方もいるかもしれません。それは多くの場合、おやつを使ったからダメだったのではなく、おやつがうまくご褒美になっていなかったことに原因があるのです。

おやつを使ったお座りの練習の結果「おやつがなくても、できるようになった犬」と「おやつがなくては、できない犬」の違いは、「なぜ、どうして、その行動をするのか」を理解する、A:先行刺激(きっかけ)、B:行動、C:後発刺激(結果)の3要素からなるABC分析と呼ばれるメソッドに当てはめてみることでわかります。

ABC分析とは?

     Antecedent stimulus:先行刺激

  • 行動よりも先か同時に提示されることでBの行動が自発されるきっかけとなる刺激
     Behavior:行動

  • 犬の自発的な行動
     Consequence stimulus:後発刺激

  • 自発的な行動を起こした結果得られる刺激=行動の出現頻度を変化させる刺激(強化子

ABC分析に当てはめてみよう!

たとえば、「A「座れ」のきっかけの合図→B 座る→C おやつが貰えた」とすると、犬は「座ってみたらいいことがあった!」と思うので、「お座り」という合図や合図がない場合でも喜んで座るようになります(このような流れを三項随伴性といい、今回はその一例です)。

「おやつがないとお座りしない」という場合、きっかけが「お座り」という言葉ではなく、おやつそのものになっているのではないでしょうか。正しい順番は「A 合図→B 座る→C おやつ」ですが、持っているおやつが刺激材料になってしまうと、どんなに「お座り」という言葉を使っていても、「A おやつ(きっかけ)→B 座る→C おやつ」となり、きっかけのおやつがないと座らないようになるのです。

ご褒美のあげ方とタイミング

いい結果は忘れない

では、「お座り」という言葉をきっかけにして、おやつがなくてもお座りをできるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。つまり、おやつを「注意を引いたり、困った行動を一時的にごまかすための材料」とするのではなく「思いがけない良いこと」と思わせるにはどうすれば良いか、ということです。

これはとても単純なことですが、おやつを持っているのを気づかれないようにすることが第一です。どうしてもおやつを持っているのを気付かれてしまうなら、大袈裟に褒めてあげるだけでも学習の仕方はずいぶん違ってきます

行動を変化させるために使用するおやつは「あっ、ラッキーおやつがもらえた!」と思ってもらうことが目的ですから、必ずしもおやつでなくても良いのです。犬はいい結果や嬉しい結果を得られた行動は忘れません。最初は棚からぼた餅のような「思いがけない良いこと」が、その行動を強めていくのです。

ワン!ポイントアドバイス
ご褒美は座ると同時または座った直後に与えると効果が高まります。また、はじめは、座るたびに与えるようにしますが、ある程度「お座り」の合図で座ることができてきたら、おやつは毎回ではなく、たまにあげるだけにして、撫でる、褒めるなどを加えていきます。ご褒美が全くなくなってしまうと、覚えた行動も消去されてしまいますが、たまにいいことがあれば、長期的にその行動をし続けることは科学的に明らかにされています。

もしかして…困った行動がどんどん起こるのも?

教えたわけではないのに「いたずらや困った行動、望まない行動が頻繁に起こるようになってきた」と感じている場合も、ABC分析にあてはめてみると理解することができます。
たとえば、呼び鈴で吠える犬を静かにさせるためにおやつを与えた場合、「A 呼び鈴→ B 吠える→C おやつ」の流れですと、おやつは「ピンポンが鳴ったら吠える」というご褒美になってしまい、吠える行動は繰り返されてしまいます。

また、犬が自分に注目してもらいたくて吠えることを要求吠えといいますが、この時、周囲の人が「静かに!」と注意しても、注意の仕方によっては「やった!かまってもらえた!」と犬にとってはいいことになります。この場合、吠えるたびに注意することが、要求吠えの頻度を増やしてしまうのです。

また、愛犬が困った行動をした後に、つい笑ったり、なだめようと声をかけたりすることも、犬にとっては「いいこと」「嬉しい反応」が起こっているので、私たちの思いとは裏腹に、困った行動を繰り返すようになってしまいます。

おわりに

笑顔の理由は?

ABC分析のメソッドは「望む行動をしてほしいのに伝わらない」「なぜ間違った行動が繰り返されるのか」など、犬の行動を理解するのに役立つと思います。あなたがあなたの犬に増やしてほしいと望む行動や減らしてほしいと願う行動をABCに当てはめることで、「どこを変えればよいのか」という、ポイントが見えてくるのではないでしょうか。試行錯誤しながらでも、教え方や接し方をアレンジすることで、犬の行動があなたの期待する方向へと変化する可能性はぐんと高まると思います。

当然ながらご褒美のおやつは、種類や回数によっては肥満や食生活の乱れをまねく恐れがあります。量よりも質と回数で楽しみを増やしながら、おやつ以外のご褒美と一緒にかしこく使いこなしていけるといいですね。最初はおやつが必要でも、あなたの犬にとって、あなたの笑顔がとびきりのご褒美になることは間違いないと思います。

ヤムヤムヤム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグリーンドッグ公式アカウントをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
白田 祐子(しらた ゆうこ)心理士/ホリスティックケア・カウンセラー

白田 祐子(しらた ゆうこ)心理士/ホリスティックケア・カウンセラー

公益社団法人日本心理学会認定心理士。トレーニングスクール、ル・ブラン湘南代表。25年前から犬の気持ちを理解するため犬の行動や心理を独学し、保護施設でしつけなどのボランティア活動を開始。現在のパートナーは、3頭目の雑種の保護犬11歳の女の子。大学で教育学、認知心理学、社会心理学などを専門的に学び、人と犬の関係性や犬の心の成長の研究を行う。2013年にスクールを立ち上げ、飼い主と犬のパーソナリティを重視。思考に訴えかける行動矯正が多くの女性に支持されている。翌年ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。食事の重要性を再認識しフード選びのアドバイスも積極的に行う。里親制度の啓蒙や地域行政と連携した動物相談など、教育、行政、法律と多方面で犬と人の問題に向き合っている。ヒトと犬の関係学会員、愛玩動物飼養管理士、神奈川県動物愛護推進員。