愛犬にはヤギミルクがおすすめ!最適な量や与えるときの注意点

  1. ホーム
  2. GREEN DOG公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. コラム
  5. 愛犬にはヤギミルクがおすすめ!最適な量や与えるときの注意点

愛犬にはヤギミルクがおすすめ!最適な量や与えるときの注意点

スタッフコラム59話目

ヤギとヤギミルク.jpg

みなさんは犬にミルクを与える場合は牛乳よりヤギミルク(山羊乳)がおすすめなのをご存じですか?

私の子供のころ(高度成長期の終わり)、愛犬に与えるミルクといえば牛乳でした。それでお腹を壊していた記憶がないので体質に合っていたのでしょう。牛乳は消化できずお腹がゴロゴロ鳴ったり、アレルギーが出たり、飲めないヒトはけっこういますね。 犬も同じように牛乳を与えられない場合があります。ではヤギミルクでは問題が生じないのでしょうか。

今回は犬猫の食事の専門家であるペットフーディストの山本が、愛犬にヤギミルクを与えるメリットのほか、与える際の注意点や簡単なレシピをご紹介します。

ヤギミルクは牛と同じように家畜化された哺乳類である山羊(ヤギ)の乳。成分は牛乳とあまり違いがありませんが、どちらかというと犬や人の乳により近いようです。

愛犬用ではヤギミルクの商品を数多く見つけることができます。それだけ需要があるということですね。パピー期、シニア期の栄養補給のサポートや、もちろんご褒美のお楽しみとしても人気です。

参考までにヒト用のヤギミルクを探してみるとフレッシュ(生乳)の商品がありました。牛乳よりも高価で少し風味にも癖があるようですが好まれる方もいらっしゃるようです。

脂肪球(乳中に存在する脂肪の様式)が小さい

ヤギミルクは牛乳に比べ脂肪球が全体に小さいサイズが多く含まれます。脂肪球の大きさは均一ではありませんが、小さいサイズが多いことでリパーゼ(膵臓から分泌される消化酵素)によって分解されるスピードが速い=吸収率が良いと考えます。

乳糖(乳中の糖質:ラクトース)が少ない

私たち大人は乳児期に持っていた乳糖分解酵素が少なくなっているため、牛乳が消化できずにお腹がゴロゴロ鳴ってしまうことがあります。これを乳糖不耐症といい犬でも同じです。ヤギミルクは牛乳よりも乳糖の量が少ないため症状が出にくいと言われます。

牛乳を飲むとお腹を壊しやすい、下痢になりやすい、といって避けるヒトは多いですが、その理由は脂肪球や乳頭といった成分によるものだったのです。ヤギミルクは下痢になりにくい、お腹を壊しにくいミルクであることを知っていただけましたでしょうか。
とはいえ個々の体質によって違いがありますので愛犬の体質にヤギミルクが合っているかどうかは実際に観察してくださいね。

一般的に牛乳と比べ山羊乳は栄養価が高いと言われますが、山羊乳の生乳(成分が濃い)として販売されているもの、犬用のヤギミルクとして販売されている粉末タイプ(濃度は使用時に調整できる)など、比較する乳によって大きく変わるでしょう。
参考までに食品成分表2021によるとそれほど差がありません。(鉄分は山羊乳の方が多い、葉酸は普通牛乳の方が多いなど多少の違いがあります)

山羊乳の栄養

似たような成分ではあるものの、山羊乳の方が吸収性は高い(脂肪球が小さい)ので、より効率よくエネルギー摂取できると言えます。

また、健康維持に役立つ機能性栄養素であるタウリン、CLA、エリスロポエチンを含むことも栄養補給に適しているといわれる理由です。といってもヤギミルクの給与量から考えるとごくわずかな量です。愛犬の健康を気遣いたいときに参考になさってください。

  • タウリン

    網膜や心筋、腎臓の健康維持にも役立つ成分。猫は体の中で作りだすことが出来ない必須アミノ酸(ビタミン様作用物質)です。牛乳には少ないですがヤギミルクは人乳と同等程度含まれます。

  • CLA

    不飽和脂肪酸の一種である共益リノール酸のこと。脂肪を分解してエネルギーに変える際に使われる成分で、脂質の中でも代謝を高めることが期待できる種類なのでダイエットやトレーニングの情報として話題になることがあります。

  • エリスロポエチン

    哺乳類の乳に含まれる糖タンパク質成分で、体内では腎臓で作られる造血ホルモン(赤血球数をコントロールする成分)のこと。

健康であれば水分不足を感知すると喉が渇き自然と水を欲するもの。ですが、夏は冷房が効いていたり、冬は体が冷えたり、愛犬も喉の渇きに気づきにくい場合があります。 特に高齢になってくるとこのような感覚が鈍くなるので注意したいですね。

私たちが意図的に水を飲ませるのは難しいことですが、おいしい味がついたものなら飲んでくれます。そんなときに嗜好性の高いヤギミルクは匂いもわかりやすいのでおすすめです。

ただし、水分補給を全部ヤギミルクにしたり、粉末タイプのように濃度を調整できるタイプをついつい濃いめに作って与え続けると太ってしまいます。きちんと1日の給与量を守って与えるようにしてくださいね。

  • ドライフードに混ぜる
  • 水やぬるま湯に溶かして与える
  • 手作り食にとりいれる

水で溶かして与える粉末タイプであれば、いつものドッグフードにふりかけたりミルク状にして飲ませたり、手作り食の材料としても使いやすいでしょう。

市販されている犬用商品であればラベルに書かれている目安の給与量を参考にしましょう。はじめて与える場合はいきなりそのとおりの量ではなく、少量ずつ与えてください。 与えたあとは嘔吐や下痢をしないか観察してください。

犬にヤギミルクを与えるときの目安量は、ミルク状(液体)にした状態、粉末タイプをそのままごはんに混ぜ込む際の量に分けてお伝えします。メーカーが表記している給与量より少なめのご案内をします。理由は現代の犬の病気には過剰なこと(肥満)が問題になっていることが多いからです。 しっかりごはんやおやつを食べている場合は、水分を摂るためやちょっとしたご褒美として与えるものと考えましょう。愛犬の状態に合わせて調整してください。

  • ・超小型犬(~2kg) 小さじ1/2杯+水100~200cc
  • ・小型犬(~10kg) 小さじ1杯+水200~300cc
  • ・中型犬(~20kg) 小さじ2杯+水300~400cc
  • ・大型犬(20kg~) 小さじ3杯+水400~600cc

【参考商品】はぐくみヤギミルク

いったん濃い味やたくさんの量を与えると次回から薄い味では飲まなくなったり、もっと欲しいと要求してくるケースが多いです。きちんと計って与えることをおすすめします。

  • 獣医師より食事制限や薬が処方されている場合は、念のため与えても良いかご確認ください。ヤギミルクには糖質、脂質、タンパク質ほか微量栄養素(ビタミン、ミネラル)が含まれており薬の効果を阻害したり、体に負担をかけることがあるからです。

  • 獣医師の診断にて症状(ステージ)によっては食事制限の指導があります。制限対象となるリン、タンパク質、カリウムはヤギミルクにも含まれます。主食を減らせない場合、ヤギミルクを与えるのは控える必要があるでしょう。

  • ヒトも犬も牛乳アレルギーはあります。牛乳成分の「αS1カゼイン」が反応しています。 これは牛乳に多く含まれヤギミルクや人乳には少量しか含まれません。少量だからといって反応が起きないわけではないのでアレルギー症状がある場合は注意してください。

  • ヤギミルクには消化しやすい脂質が含まれます。先述のCLA(共益リノール酸)が含まれるといっても、たくさん飲ませるとその分カロリーオーバーになり太ってしまいます。いつも適量を意識して与えてくださいね。

粉末タイプのヤギミルク

はぐくみヤギミルク

はぐくみヤギミルク

濃厚なヤギミルクの栄養がたっぷり。水分補給にもおすすめ。

商品を見る

国産ヤギミルク100%パウダー

国産ヤギミルク100%パウダー

純国産の希少なヤギミルク100%パウダー。トッピングやミルクにして水分補給に。

商品を見る

ヤギミルクを使ったおやつ

ヤギミルクビスケット

ヤギミルクビスケット

グレインフリー!しぼりたてのヤギミルク生乳たっぷり

商品を見る

ころころボーロ ヤギミルク

ころころボーロ ヤギミルク

ヤギミルクの甘くてやさしい香りのボーロ

商品を見る

愛犬用レシピを公開しています。たまには手作りを楽しんでみませんか。

ヤギミルクを使った手作りごはん

鮭のミルク煮

鮭のミルク煮

レシピを見る

鶏肉とかぼちゃのミルクシチュー

鶏肉とかぼちゃのミルクシチュー

レシピを見る

ヤギミルクを使った手作りおやつ

ミルク葛湯withごちそうフルーツ

ミルク葛湯withごちそうフルーツ

レシピを見る

かぼちゃとヤギミルクのお焼き

かぼちゃとヤギミルクのお焼き

レシピを見る

おわりに

ヤギミルクには牛乳よりも愛犬に与えやすい理由があることをお伝えしました。嗜好性が高いのでご褒美に与えておられる方も多いようです。
シニア期の食欲低下や食べむらが起きたときにもとても役立ちますね。

といっても、体質に合うかどうかは個体差がありますので体調に問題がないときに試しておくといいですね。

ヤギミルクで愛犬たちの食生活がさらに豊かになりますように。

【参考資料】
・八訂 食品成分表(女子栄養大学出版部)
・ヤギ乳はヒトにやさしい-ヤギ乳と牛乳の比較- (北畜会報 48:79-84,2006)
・共役リノール酸(CLA) 添加ドッグフードによるイヌの肥満改善成績(ペット栄養学会誌/2 巻 )
・ヤギ乳成分の産地間差および季節変動(日本暖地畜産学会報/63 巻 (2020) 2号)

フードやサプリメント選びにお困りの際は、お気軽にGREEN DOGの相談ルームにお問い合わせください。

GREEN DOGへようこそ はじめての方へ伝えたい、わたしたちのこだわり。

筆者

愛犬とペットフーディスト

ペットフーディスト、アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー、ペット栄養管理士、犬の食事療法インストラクター上級師範

山本 由能(やまもと ゆの)

現在の愛犬との生活がきっかけで犬の食事や心のケアについて勉強を始めたことがご縁となりGREEN DOGへ。
自身も飼い主のひとりとして愛犬との生活を楽しみ介護も経験。
日々の業務では主に犬の栄養学や健康維持に関する情報を発信しています。